2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(10)

 
"Has Mr. Barry any little girls? Well, not so very little either--about my size." "He's got one about eleven. Her name is Diana." "Oh!" with a long indrawing of breath. "What a perfectly lovely name!"

「バリーさんには小さな女の子がいるの?うーんとね、そんなに小さくない、 わたしくらいの」 「あの人には、11歳くらいの子が一人いたな。 ダイアナという名前だよ」 「え」。思わず息を長く吸い込んだ。「 なんてすてきな名前なの!」

indrawing=inhale of breath息を吸い込む

"Well now, I dunno. There's something dreadful heathenish about it, seems to me. I'd ruther Jane or Mary or some sensible name like that. But when Diana was born there was a schoolmaster boarding there and they gave him the naming of her and he called her Diana."

「さあ、どれ、わしにはわからんね。 わしには、なんだかおそろしく品がなく思えるがね。 ジェーンやマリーなんて分別のある名前がいいんじゃないかね。ちょうどダイアナが生まれたころ赴任した 校長先生に名付け親を頼んだんだ。それでダイアナという名前になったのさ」

heathenish異教の、神を認めない、野蛮な sensible思慮のある、分別のある

"I wish there had been a schoolmaster like that around when I was born, then. Oh, here we are at the bridge. I'm going to shut my eyes tight. I'm always afraid going over bridges. I can't help imagining that perhaps just as we get to the middle, they'll crumple up like a jack-knife and nip us. So I shut my eyes. But I always have to open them for all when I think we're getting near the middle. Because, you see, if the bridge did crumple up I'd want to see it crumple. What a jolly rumble it makes! I always like the rumble part of it. Isn't it splendid there are so many things to like in this world? There we're over. Now I'll look back. Good night, dear Lake of Shining Waters. I always say good night to the things I love, just as I would to people I think they like it. That water looks as if it was smiling at me."

「私が生まれたときも、 そんな校長先生がいてくれたらよかったのに。 あら橋まできたのね。瞳をじっと閉じてなきゃ。いつも橋をわたるのが怖いの。たぶん 真ん中まできたのでしょうね。橋が ジャックナイフみたいにぺちゃんこに折れて、わたしたちを挟んでしまいそうだもの。 だから瞳を閉じるの。でも橋の真ん中に近づいたときはいつでも、瞳を開けてなきゃいけないわ。だって、わかるでしょ。 もし橋がぺちゃんこに折れたら、そうなったところを見てみたいから。きっと愉快な騒動になるわ!わたしは騒ぎがいつだって好きなの。この世がそんなものばかりだったらすてきなのにね。やっと わたり終えた。 これで振り返ってみることができるわ。おやすみなさい、輝く水の湖よ。 好きなものには、いつもおやすみというの。人にいうみたいに。 きっと気に入ってくれてるわ。水面 も微笑みかけているみたいね」

crumpleしわくちゃにする、ぺちゃんこにする nipはさむ jolly楽しい、愉快な rumbleがやがやいう、騒音

When they had driven up the further hill and around a corner Matthew said: "We're pretty near home now. That's Green Gables over--" "Oh, don't tell me," she interrupted breathlessly, catching at his partially raised arm and shutting her eyes that she might not see his gesture. "Let me guess. I'm sure I'll guess right." She opened her eyes and looked about her. They were on the crest of a hill. The sun had set some time since, but the landscape was still clear in the mellow afterlight. To the west a dark church spire rose up against a marigold sky. Below was a little valley and beyond a long, gently-rising slope with snug farmsteads scattered along it. From one to another the child's eyes darted, eager and wistful. At last they lingered on one away to the left, far back from the road, dimly white with blossoming trees in the twilight of the surrounding woods. Over it, in the stainless southwest sky, a great crystal-white star was shining like a lamp of guidance and promise.

さらに丘を登って角をまがると、マシューがいった。
「 だいぶ家に近づいたぞ。向こうに見えるのが グリーンゲーブルズさ」
「ああ、いわないで」。少女は 息つくまもなく言葉をさえぎった。振り上げた彼の手を制して、まるでジェスチャーを見なかったかのように瞳を閉じた。「わかるわ。はっきりとわかる」
彼女は目を開けて見回した。二人は丘の頂にいた。 彼女は目を開けた。 夕日はついさっき沈んでしまったが、あたりの風景は、きれいな夕焼けに照らされてまだはっきりと見えた。 西のほうには暗い教会の尖塔がマリーゴールドのような色の空に伸びてい た。その下は小さな谷になっていた。その向こうには、きれいな農場があちこちにある長く、のぼりの緩やかな坂がのびていた。 少女の瞳は次から次へと、情熱的にそして物思いにふけるように投げかけられた。とうとう 二人は大きな道から大きくそれて左の道に入った。 薄明かりに照らされた森に、薄い白の花をつけた木が見えた。その向こうの 曇りのない南西の空に、大きな白く光る星が輝いていた。将来の道しるべとなる明かりのように。
 
look about見回す some time since先ごろ mellowなめらかな、豊かで美しい、豊潤な snug居心地のよい、気持ちのよい、こぎれいな scatterまき散らす dart投げかける、放つ、射る wistful物欲しそうに、物足りなそうに、物思いに沈む linger居残る、後に残っている dimly薄暗く、ぼんやりと stainless汚れのない、しみのない

0 件のコメント:

コメントを投稿