2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(11)

"That's it, isn't it?" she said, pointing.
Matthew slapped the reins on the sorrel's back delightedly. "Well now, you've guessed it! But I reckon Mrs. Spencer described it so's you could tell."

「あれが、その家なんでしょう?」。彼女は指差しながら聞いた。 マシューはうれしそうに馬の背の手綱をピシャリと打った。 「さあ、どれ、 その通りさ。でもおまえさんのいったことは、スペンサー夫人が説明していたんだろう」

slapピシャリと打つ rein手綱 so's=so as=so that~のように、~のために

"No, she didn't--really she didn't. All she said might just as well have been about most of those other places. I hadn't any real idea what it looked like. But just as soon as I saw it I felt it was home. Oh, it seems as if I must be in a dream. Do you know, my arm must be black and blue from the elbow up, for I've pinched myself so many times today. Every little while a horrible sickening feeling would come over me and I'd be so afraid it was all a dream. Then I'd pinch myself to see if it was real--until suddenly I remembered that even supposing it was only a dream I'd better go on dreaming as long as I could; so I stopped pinching. But it is real and we're nearly home."

「いいえ、違うわ。本当に説明なんかしていないわ。あの人がいったのは、 ほかの場所と似たようなことだけだったと思うわ。どんな風景なんだか、本当に分からなかったの。でも一目見たときから、ここがこれからの家になるんだと思ったわ。まるで 夢の中にいるみたいだわ。わかる?わたしのひじから上は、黒ずんで、青あざができているの。今日は 何度もつねったからよ。どんなときにも、ひどくうんざりした気分になったわ。すべては夢なんじゃないかと心配だったの。そんなとき本当だって確かめるために自分でつねったの。たとえただの夢だったとしても、この夢が続くようにと思えた刹那、つねるのをやめたわ。でも本当なのね。本当にわたしたちのおうちなのね」

sickening胸の悪くなる、うんざりする

With a sigh of rapture she relapsed into silence. Matthew stirred uneasily. He felt glad that it would be Marilla and not he who would have to tell this waif of the world that the home she longed for was not to be hers after all. They drove over Lynde's Hollow, where it was already quite dark, but not so dark that Mrs. Rachel could not see them from her window vantage, and up the hill and into the long lane of Green Gables. By the time they arrived at the house Matthew was shrinking from the approaching revelation with an energy he did not understand. It was not of Marilla or himself he was thinking of the trouble this mistake was probably going to make for them, but of the child's disappointment. When he thought of that rapt light being quenched in her eyes he had an uncomfortable feeling that he was going to assist at murdering something--much the same feeling that came over him when he had to kill a lamb or calf or any other innocent little creature. The yard was quite dark as they turned into it and the poplar leaves were rustling silkily all round it. "Listen to the trees talking in their sleep," she whispered, as he lifted her to the ground. "What nice dreams they must have!"

喜びのため息のあとで彼女は黙り込んだ。マシューもちょっとやそっとで元気づけられなかった。世間からはぐれた 宿無し子に、結局は ここがのぞんでいた家にならないことを告げる役目が、自分ではなくマリラならきっと喜んでいただろう。 二人はリンド家のくぼ地をすぎた。すでに すっかり暗くなっていた が、レーチェル夫人が二人の姿や丘の上、そしてグリーンゲーブルズへと続く長い道が見えないほどには暗くなかった。見通しのよい窓辺から。 家に着くまでに、 マシューは自分がこの事態を理解していなかったことが、伝わらないように努めた。彼が考えたいたのは、今回の行き違いによるトラブルがマリラや自分に降りかかることではなく、少女の気落ちする姿だった。 少女の瞳からうっとりした光が消えてしまうのを思うと、彼はなにかを失ってしまうような不安な気持ちにかられた。子羊や子牛のような罪なき小さな生き物をあやめるときにも似た感情がおそった。二人が入ったときには庭はすっかり暗く、そこかしこでポプラの葉がなめらかな音を立てていた。 「眠れる木々の声に耳を傾けましょう」。マシューが馬車からおろすと、少女はささやいた。「なんて素敵な夢を見ているのかしら」

rapture有頂天、狂気、歓喜 stir奮起させる waif浮浪児、宿無し子 vantage有利な立場、利益 shrinkしり込みする revelation明らかにすること、暴露、漏らすこと、発覚 make for起こす、~に進む、役立つ raptうっとりした quench抑える、静める、消す calf子牛 silkilyつやかかに、滑らかに rustleかさかさ音を立てる

Then, holding tightly to the carpet-bag which contained "all her worldly goods," she followed him into the house.
 
そして「この世ですべての持ち物」を詰め込んだ旅行かばんをしっかり抱えて、少女 はマシューをおって家に入っていった。
 
worldlyこの世の

0 件のコメント:

コメントを投稿