2013年10月6日日曜日

第一章 レーチェル・リンド夫人は驚いた(2)

She was sitting there one afternoon in early June. The sun was coming in at the window warm and bright; the orchard on the slope below the house was in a bridal flush of pinky-white bloom, hummed over by a myriad of bees. Thomas Lynde-- a meek little man whom Avonlea people called "Rachel Lynde's husband"--was sowing his late turnip seed on the hill field beyond the barn; and Matthew Cuthbert ought to have been sowing his on the big red brook field away over by Green Gables. Mrs. Rachel knew that he ought because she had heard him tell Peter Morrison the evening before in William J. Blair's store over at Carmody that he meant to sow his turnip seed the next afternoon. Peter had asked him, of course, for Matthew Cuthbert had never been known to volunteer information about anything in his whole life.  

六月初旬のある午後、彼女は腰を下ろしていたところだった。温かく、明るい太陽の光が窓に差し込んでいた。家の下の坂道の途中にある果樹園は、結婚式のようにみずみずしく薄く赤らんだ花でおおわれ、無数のミツバチがぶんぶん飛んでいた。トーマス・ リンド-アボンリーの人々に「 レーチェルの夫」とよばれているおとなしくて小柄な男-は、 納屋の向こうに広がる丘の畑に遅まきのカブの種をまいていた。そしてマシュー・ カスバートはグリーンゲーブルズまで広がる大きな赤い川の流れる土地に彼の種をまかなければならなかった。レーチェル夫人は彼がそうしなければならない理由を知っていた。彼は前の晩にカモーディの向こうにあるウィリアム・J・ブレアの店で、ピーター・モリソンにそう話すのを聞いたからだ。彼は翌日の昼にカブの種まきをするつもりだった。ピーターはもちろん彼に尋ねた。マシュー・ カスバートは彼の生涯に起こることなら何でも、自分から打ち明けようとはしなかった。  

flush 新鮮な輝き humブンブンいう myriad無数の meekおとなしい、素直な、いくじのない sowまく turnipカブ barn小屋、物置、納屋 meant toつもりである、と思う  

And yet here was Matthew Cuthbert, at half-past three on the afternoon of a busy day, placidly driving over the hollow and up the hill; moreover, he wore a white collar and his best suit of clothes, which was plain proof that he was going out of Avonlea; and he had the buggy and the sorrel mare, which betokened that he was going a considerable distance. Now, where was Matthew Cuthbert going and why was he going there?
 
このマシュー・カスバートはさらに、 忙しい一日の午後三時半に、 穏やかな様子でくぼ地をすぎて、丘を登っていった。さらに彼の服の中でも一番の白襟の服を着ていた。彼がアボンリーの外に出ていったことは明白だった。そして馬車と栗毛色の雌馬を従えていた。彼がかなり遠くまで行くことをしめしていた。さて、マシュー・ カスバートはどこへ、そしてなんのためにでかけるのだろう。

placidly穏やかで性質がよい態度で sorrel栗毛色の mare雌馬 betoken示す

Had it been any other man in Avonlea, Mrs. Rachel, deftly putting this and that together, might have given a pretty good guess as to both questions. But Matthew so rarely went from home that it must be something pressing and unusual which was taking him; he was the shyest man alive and hated to have to go among strangers or to any place where he might have to talk. Matthew, dressed up with a white collar and driving in a buggy, was something that didn't happen often. Mrs. Rachel, ponder as she might, could make nothing of it and her afternoon's enjoyment was spoiled.
 
アボンリーのどんな人のことでも、あれやこれやを起用にまとめてしまうレーチェル夫人は、その二つの疑問にかなり正確に推測できただろう。 だがマシューが外出するのはたいへん珍しいことだった。ある緊急の非常事態が彼におきているに違いない。彼はこの世でもっとも内気な部類の人間で、知らない人に会わなければならないことや、おしゃべりが必要かもしれない場所を嫌がった。白襟の服を着て馬車を引いていったマシューの姿は、そうそう見られるものではなかった。レーチェル婦人はできるかぎり考えたが、どうにもならない。彼女の午後の楽しみは台無しになった。
 
deftly巧みに、起用に pressing緊急の ponder思案する、熟慮する
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

0 件のコメント:

コメントを投稿