2013年10月11日金曜日

第三章 マリラ・カスバートは驚いた(2)

 
"Will you please call me Cordelia?" she said eagerly. "Call you Cordelia? Is that your name?" "No-o-o, it's not exactly my name, but I would love to be called Cordelia. It's such a perfectly elegant name."

「わたしのことコーデリアって呼んでくださる?」。少女は真剣にたずねた。 「コーデリアって呼ぶのかい?それがあなたの名前なの?」 「ちがーう、 本当の名前じゃないわ。でもコーデリアって呼ばれたかったの。 だって本当にすてきな名前なんだもの」  

"I don't know what on earth you mean. If Cordelia isn't your name, what is?" "Anne Shirley," reluctantly faltered forth the owner of that name, "but, oh, please do call me Cordelia. It can't matter much to you what you call me if I'm only going to be here a little while, can it? And Anne is such an unromantic name."

いったいどういう意味なの、さっぱりわからないわ。もし コーデリアがあなたの名前じゃないというなら、本当はなんというの?」 「アン・シャーリー」 。その名前の持ち主は、しぶしぶためらった後、「でも、ああ、どうかコーデリアって呼んで。わたしがここに少しだけしかいられないなら、どんなふうに呼んでも問題ないでしょ。だってアンって、全然ロマンチックな名前じゃないもの」

falterどもる、たじろぐ forth以後

"Unromantic fiddlesticks!" said the unsympathetic Marilla. "Anne is a real good plain sensible name. You've no need to be ashamed of it."

「ロマンチックじゃないって、ばかばかしい! 」。マリラには少女の気持ちが少しも分からなかった。「 アンは本当に簡単で、覚えやすいいい名前じゃないの。 恥ずかしがる必要なんてないわ」

sensibleかなりの、実用的な

"Oh, I'm not ashamed of it," explained Anne, "only I like Cordelia better. I've always imagined that my name was Cordelia--at least, I always have of late years. When I was young I used to imagine it was Geraldine, but I like Cordelia better now. But if you call me Anne please call me Anne spelled with an E." "What difference does it make how it's spelled?" asked Marilla with another rusty smile as she picked up the teapot.

「いいえ、 恥ずかしがってなんかないわ」。アンは説明した。「コーデリアのほうがいいと思っただけよ。 コーデリアがわたしの名前ならいいのに、といつも思っていたんだもの。少なくともこの何年かはね。 もっと前はジェラルディーヌという名前なら、と思ったものだったけど、今はコーデリアのほうがいいわ。 でもアンと呼んでくださるなら、anにEというアルファベットのつづりでどうか呼んでほしいの」 「そのつづりだと、一体どんな違いがあるというんだい?」。 ティーポットを手にすると、マリラはさめた笑顔を浮かべて聞いた。

rustyさびた、しゃがれた、色のさめた

"Oh, it makes such a difference. It looks so much nicer. When you hear a name pronounced can't you always see it in your mind, just as if it was printed out? I can; and A-n-n looks dreadful, but A-n-n-e looks so much more distinguished. If you'll only call me Anne spelled with an E I shall try to reconcile myself to not being called Cordelia."

「あら、全然違うわ。そっちのほうが断然すてきよ。心に思い浮かべることもできないほどの、はっきりと分かる 名前を聞けば、まるで印字されているのと同じだわ。わたしにはできるの。A-n- nはひどいわ。でもA-n-n-eはもっと上品よ。 もしan Eというつづりだけで呼んでくださるなら、 コーデリアって呼ばれなくてもどうにかがまんするわ」

pronouncedはっきりした、明白な distinguished抜群の、上品な   "Very well, then, Anne spelled with an E, can you tell us how this mistake came to be made? We sent word to Mrs. Spencer to bring us a boy. Were there no boys at the asylum?"

「まあ、いいわ。それからね、an Eというつづりのアンさん、どうしてこんな手違いがおきたのか話しておくれ。スペンサー夫人には、男の子をお願いしますって便りをしたのよ。孤児院には男の子はいないのかい?」

"Oh, yes, there was an abundance of them. But Mrs. Spencer said distinctly that you wanted a girl about eleven years old. And the matron said she thought I would do. You don't know how delighted I was. I couldn't sleep all last night for joy. Oh," she added reproachfully, turning to Matthew, "why didn't you tell me at the station that you didn't want me and leave me there? If I hadn't seen the White Way of Delight and the Lake of Shining Waters it wouldn't be so hard."

「あら、そうね、いっぱいいるわ。 でもスペンサー夫人はたしかに、11歳くらいの女の子をほしがっている、といったわ。 寮母も、わたしがいくことになるといっていたわ。 どんなに喜んだか知らないでしょう?昨夜は、 うれしさで全然眠れなかったわ、ああ」。少女 はとがめるように、マシューのほうを振り向いて付け加えた。「 どうして 駅で、ほしかったのはわたしじゃないっていってくれなかったの? どうして置いてけぼりにしなかったの? もし喜びの白い道や輝く水の湖を見ていなかったら、それほどつらくはなかったのに」

matron寮母、保母  reproachfully非難するような、とがめるような
 
"What on earth does she mean?" demanded Marilla, staring at Matthew.

いったい、この子は何をいっているんだい?」。 マリラはマシューをじっと見てたずねた。

0 件のコメント:

コメントを投稿