2013年10月16日水曜日

第四章 グリーンゲーブルズの朝(2)

She knelt there, lost to everything but the loveliness around her, until she was startled by a hand on her shoulder. Marilla had come in unheard by the small dreamer.
 
少女はひざまずいた。身の回りのすべてのかれんなものに心を奪われた。肩を手でつかまれてびっくりして飛びはねるまでは。
 
kneelひざまずく lovelinessかわいさ、かわいげ startleびっくりさせる
 
"It's time you were dressed," she said curtly.
 
「着替える時間だよ」。マリラはそっけなくいった。
 
curtlyそっけなく、失礼で
 
Marilla really did not know how to talk to the child, and her uncomfortable ignorance made her crisp and curt when she did not mean to be.
Anne stood up and drew a long breath.
 
マリラは子どもに向かって、どう話していいか本当に分からなかったのだ。この未知の存在になすすべを知らず、マリラはかりかりして、ぶっきらぼうになるのだった。
 
crispかりかりする curtぶっきらぼうな 
 
"Oh, isn't it wonderful?" she said, waving her hand comprehensively at the good world outside.
"It's a big tree," said Marilla, "and it blooms great, but the fruit don't amount to much never—small and wormy."
 
「ああ、すてきね」。アンはそういうと、すばらしき 外の世界に向かって大きく手をふった。
「大きな木だわね」。マリラはいった。「たくさんの花が咲くわ。でも実はそんなにできないわ。 小さくて虫がいっぱいついているのさ」

comprehensively包括的に wormy虫のついた、虫けら同然の
 
"Oh, I don't mean just the tree; of course it's lovely—yes, it's RADIANTLY lovely—it blooms as if it meant it—but I meant everything, the garden and the orchard and the brook and the woods, the whole big dear world. Don't you feel as if you just loved the world on a morning like this? And I can hear the brook laughing all the way up here. Have you ever noticed what cheerful things brooks are? They're always laughing. Even in winter-time I've heard them under the ice. I'm so glad there's a brook near Green Gables. Perhaps you think it doesn't make any difference to me when you're not going to keep me, but it does. I shall always like to remember that there is a brook at Green Gables even if I never see it again. If there wasn't a brook I'd be HAUNTED by the uncomfortable feeling that there ought to be one. I'm not in the depths of despair this morning. I never can be in the morning. Isn't it a splendid thing that there are mornings? But I feel very sad. I've just been imagining that it was really me you wanted after all and that I was to stay here for ever and ever. It was a great comfort while it lasted. But the worst of imagining things is that the time comes when you have to stop and that hurts."
 
「あら、 ただ木があるっていったんじゃないのよ。そう、もちろん素敵な木だわ。晴れやかなほど 素敵。まるで運命でもあったように、花が咲くのね。わたしは木のことだけじゃなくて、 お庭も果樹園も小川も森も、この広くていとおしい世界すべてのことをいっているのよ。今朝の風景は 愛さずにいられないよに感じるでしょ?ここに流れてくるまで 小川が笑っているのが聞こえるわ。 小川が朗らかだって気づいたことないかしら。 いつも笑っているのよ。冬の間ですら、氷の下から笑い声が聞こえるわ。 グリーンゲーブルズの近くに小川があってとてもうれしいの。わたしを 引き取るわけでもないのに、そんなことはどうでもよく思えるかもしれないわね。でもそうじゃないのよ。 もう二度と見ることができなくても、グリーンゲーブルズの近くに小川があ ったことは忘れずにいたいわ。もし小川がなかったとしたら、あるはずのものがないような不安な気持ちにとらわれると思うの。 今朝は絶望のふちにいようような気分じゃないわ。 こんな朝は二度とやってこないのね。 朝が来るってすばらしいことじゃない?でもとても悲しいわ。だって、 あなたたちが望んでいたのは本当に、絶対わたしだって思ってたんだもの。そして、ずっといられるんだって思っていたから。こんな時が 続けば本当にいいのに。 でも、終わらせなきゃと思うと最悪の気分だわ。それでわたしは傷ついてるの」
 
radiantly晴れやかに haunted取り付かれたような、気になっている ever and ever=always
 
"You'd better get dressed and come down-stairs and never mind your imaginings," said Marilla as soon as she could get a word in edgewise. "Breakfast is waiting. Wash your face and comb your hair. Leave the window up and turn your bedclothes back over the foot of the bed. Be as smart as you can."
 
「はやく着替えなさいな。 それから階段を降りていらっしゃい。 あなたの絵空ごとなんてどうでもいいわ」。横から口出しできないほど、マリラは次々と指示を出した 。「朝食ができているわ。 顔を洗って髪をとかしなさい。窓は開けたままで、 ベッドの下のほうにシーツをたたむこと。てきぱきやるのよ」
 
get a word in edgewise横から言葉をさしはさむ

0 件のコメント:

コメントを投稿