2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(2)

"Guess there's some mistake," he said. "Mrs. Spencer came off the train with that girl and gave her into my charge. Said you and your sister were adopting her from an orphan asylum and that you would be along for her presently. That's all I know about it--and I haven't got any more orphans concealed hereabouts."
 
「 何か間違いがあったのでしょう」。駅長は返事をした。「 スペンサー夫人はその女の子といっしょに列車から降りて、わたしに預けていったのです。旦那 と妹さんで孤児院からその子を引き取ったっと聞きましたが、現に、 あなたのそばにいるじゃありませんか。 わたしが知っているのはそれだけです。このあたりにほかの孤児が隠れているなんてことはありませんよ」
 
hereaboutsこの辺に
 
"I don't understand," said Matthew helplessly, wishing that Marilla was at hand to cope with the situation.
"Well, you'd better question the girl," said the station-master carelessly. "I dare say she'll be able to explain-- she's got a tongue of her own, that's certain. Maybe they were out of boys of the brand you wanted."
 
「何がなんだかわからない」。 マシューは力なくいった。 マリラならこの状況にうまく対処してくれるのではと期待しながら。
「とにかく女の子に聞いてみることですな」。 駅長はぞんざいにいった。「あの子は自分 の口で説明できるでしょう。舌があるのだから。 それだけは確かです。 もしかしたら、旦那がお望みの男の子がいなかったのかもしれませんぞ」
 
helplessly力なく at hand手元に、近いうちに

He walked jauntily away, being hungry, and the unfortunate Matthew was left to do that which was harder for him than bearding a lion in its den--walk up to a girl--a strange girl--an orphan girl--and demand of her why she wasn't a boy. Matthew groaned in spirit as he turned about and shuffled gently down the platform towards her.

腹をすかした駅長は、陽気に立ち去っていった。そして かわいそうなマシューは取り残された。女の子に歩み寄って、しかも見知らぬ、そして孤児院の女の子に、どうして 男の子じゃなかったのかと問い詰めるのは、ライオンのねぐらで待ち続けるのより難しいことだった 。 マシューは心のなかでうめきながら、女の子ほうに向かってホームをとぼとぼと歩いていった。

jauntily快活に、粋に den巣、ねぐら groanうめく、うめき苦しむ turn about振り向く shuffle足を引きずって歩く  gently徐々に、なだらかに

She had been watching him ever since he had passed her and she had her eyes on him now. Matthew was not looking at her and would not have seen what she was really like if he had been, but an ordinary observer would have seen this: A child of about eleven, garbed in a very short, very tight, very ugly dress of yellowish-gray wincey. She wore a faded brown sailor hat and beneath the hat, extending down her back, were two braids of very thick, decidedly red hair. Her face was small, white and thin, also much freckled; her mouth was large and so were her eyes, which looked green in some lights and moods and gray in others.

女の子のほうは、マシューとすれ違ってから彼のほうをずっと見ていた。そして現にいまも、彼に視線を注いでいた。マシューはちっとも女の子を見ていなかった。もし見ていたとしても、その女の子が何者なのか見当もつかなかっただろう。 だが、 この様子を見ていた人ならこんなふうに思っただろう。 11歳ほどの、丈の短く、とてもきつめで、たいへん黄ばんだ灰色で綾織の見苦しい服装をした女の子だと。その子 は色あせた麦わら帽をかぶって、 帽子の下には背中までの二本のお下げ髪が伸びていた。 その髪ははっきりした色の濃い赤毛だった。顔は小さく、白く、やせていた 。そばかすも目立った。口と目は大きかった。目は光の加減では緑に見えたが、場合によっては グレイにも見えた。

garb装おう、着る ugly見苦しい yellowish黄色がかった winceyウィンシー、あや織りの faded見えなくなる sailor hat 麦わら帽子 beneathの下に braid編んだ髪、おさげ髪 thick濃い、目立つ、ひどい freckledそばかすのある

So far, the ordinary observer; an extraordinary observer might have seen that the chin was very pointed and pronounced; that the big eyes were full of spirit and vivacity; that the mouth was sweet-lipped and expressive; that the forehead was broad and full; in short, our discerning extraordinary observer might have concluded that no commonplace soul inhabited the body of this stray woman-child of whom shy Matthew Cuthbert was so ludicrously afraid.

これまで、常識的な、あるいは非常識な人でも、あごがとがっていて、はっきりしている印象を受けた。そして大きな瞳には気力と明るさがあふれていた。唇は 優しげで、見るからにおしゃべりな感じだった。額は広く、ふっくらしていた。つまりは、人を見る目のあ注意深き観察者なら、 内気なマシュー・カスバートが馬鹿げたほどびくびくしている、この迷子の女の子には 、人 並外れた魂が宿っていると認めざるをえなかっただろう 。

pronouncedはっきりした vivacity元気、快活、陽気 discerning洞察力のある

Matthew, however, was spared the ordeal of speaking first, for as soon as she concluded that he was coming to her she stood up, grasping with one thin brown hand the handle of a shabby, old-fashioned carpet-bag; the other she held out to him.

それでもマシューには、まず話しかけなければいけないという厳しい試練が与えられた 。女の子のほうは、 迎えにきてくれたのだと気づいていたのに。女の子は みずぼらしい、古臭い旅行かばんを茶色の手につかんだまま。そのほかの荷物は彼に差し出そうと立っていた。

spare与える、惜しむ、さく ordeal厳しい試練 shabbyみずぼらしい、粗末な carpet-bag旅行かばん hold out差し出す
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

0 件のコメント:

コメントを投稿