2013年10月6日日曜日

第一章 レーチェル・リンド夫人は驚いた(3)

"I'll just step over to Green Gables after tea and find out from Marilla where he's gone and why," the worthy woman finally concluded. "He doesn't generally go to town this time of year and he never visits; if he'd run out of turnip seed he wouldn't dress up and take the buggy to go for more; he wasn't driving fast enough to be going for a doctor. Yet something must have happened since last night to start him off. I'm clean puzzled, that's what, and I won't know a minute's peace of mind or conscience until I know what has taken Matthew Cuthbert out of Avonlea today."  

「お茶の後には、 ちょうどグリーンゲーブルズに行くところだったから、あの人がどこに、どうして出かけていったのか マリラから確かめなくちゃ」。 このよくできた婦人は最後にそう思い立った。「毎年この時期に、あの人は町に出かけることはそうそうないわ。いやけして行きゃしない 。 もしカブの種を切らしただけだったら、 おめかしする必要がないし、それどころか馬車をひいていくこともないはずよ。 医者に行くにしてはそれほど急ぐふうでもなかった。それなら昨日の晩のあとに、出かけなきゃいけないような出来事がおこったのかしら 。とにかく、すっかり わからなくなったわ。マシュー・ カスバートがアボンリーから出かけなきゃいけなかった事情が分かるまで、精神もしくは良心に平穏が訪れることはありっこないわ 」  

find out見破る、見抜く、真相を知る worthy立派な、尊敬に値する puzzle困らせる、悩ませる conscience良心、道義心  

Accordingly after tea Mrs. Rachel set out; she had not far to go; the big, rambling, orchard-embowered house where the Cuthberts lived was a scant quarter of a mile up the road from Lynde's Hollow. To be sure, the long lane made it a good deal further. Matthew Cuthbert's father, as shy and silent as his son after him, had got as far away as he possibly could from his fellow men without actually retreating into the woods when he founded his homestead. Green Gables was built at the furthest edge of his cleared land and there it was to this day, barely visible from the main road along which all the other Avonlea houses were so sociably situated. Mrs. Rachel Lynde did not call living in such a place living at all.  

お茶の時間からしばらくして、レーチェル夫人は出かけていった。 遠くはなかった。大きくて、だだっ広い 果樹に覆われたカスバート家は、リンド家 のくぼ地からは4分の1マイルにわずかに満たないほどの距離だった。 もちろん、話はそれだけでは終わらない。 息子にひけをとらぬほど内気で寡黙だったマシュー・ カスバートの父が屋敷を建てたころだった。本当に森の奥に逃げるでもしないかぎり、仲間の男たちとはできるだけ距離をおくようにしていた。 グリーンゲーブルズは開拓地のもっとも遠い場所に建てられた。その場所はそのときまでは、ア ボンリーの家々が軒を並べる通りからはほとんど気づきもされないほどだった 。レーチェル・ リンド夫人はそんな土地での生活を、人の暮らしと呼ばなかった。 

ramblingうねりくねった、だだっぴろい、とりとめのない、散漫な emboweredこんもりと覆われて scantわずかな、乏しい、不十分な retreat退く、退却する homestead家屋敷、農家 barelyかろうじて、ほとんど~ない、むきだしに、あらわに sociably和やかに、交際上手な、社交的に  

"It's just staying, that's what," she said as she stepped along the deep-rutted, grassy lane bordered with wild rose bushes. "It's no wonder Matthew and Marilla are both a little odd, living away back here by themselves. Trees aren't much company, though dear knows if they were there'd be enough of them. I'd ruther look at people. To be sure, they seem contented enough; but then, I suppose, they're used to it. A body can get used to anything, even to being hanged, as the Irishman said."  

「ただそこにいるというだけ、それだけよ」。深いわだち、茂った草、そして野バラの茂みで区切られたあぜ道を進みながら、 彼女はつぶやいた。「 マシューとマリラは少しおとなしいからといって、人里はなれた場所で暮らすなんて。 木々だって茂ってはいない。それなのに、あんたたちはここに満足なのかしら。 他人を眺めながら生きるほうがましよ。 もちろんあの二人は満足なんだろうけど。まあ、それでも慣れだろうね。 アイルランドの人がいったように、飢えにさえ体が慣れるというから」。 

ruttedわだちのできた  

With this Mrs. Rachel stepped out of the lane into the backyard of Green Gables. Very green and neat and precise was that yard, set about on one side with great patriarchal willows and the other with prim Lombardies. Not a stray stick nor stone was to be seen, for Mrs. Rachel would have seen it if there had been. Privately she was of the opinion that Marilla Cuthbert swept that yard over as often as she swept her house. One could have eaten a meal off the ground without overbrimming the proverbial peck of dirt.  

こうして、レーチェル夫人はあぜ道からグリーンゲーブルズの裏庭に入った。その庭は緑に覆われ、こぎれいで、細やかに手入れしてあった。大長老のようなヤナギとポプラが植えられている。枝や石がばらばらに散らばっていることなど少しもなかった。もしあったとしても、レーチェル夫人なら見逃さなかったはずだ。 彼女個人としては、マリラ・カスバートは家の掃除より庭掃除ばかりしているのではないかと思っていた。穴ぼこの土ぼこりにまみれることなく、外で食事することだってできるだろう。

 neatきちんとした、こぎれいな preciseきちょうめんな、細かい patriarchal長老のような willowヤナギ primきちんとした、こぎれいな strayまばらば overbrimあふれる proverbial有名な、折り紙つきの peckつつく、つついてできた穴 24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

1 件のコメント:

  1. the proverbial peck of dirtは、下の諺を指しているのではないでしょうか?

    You have to eat a peck of dirt before you die.

    返信削除