2013年10月11日金曜日

第三章 マリラ・カスバートは驚いた(3)

"She--she's just referring to some conversation we had on the road," said Matthew hastily. "I'm going out to put the mare in, Marilla. Have tea ready when I come back."

「この子は、道中での会話をただなぞっているだけだよ」。 マシューはあわてたように答えた。「マリラ、馬を中にいれなきゃ いかん。戻ったらお茶を用意しておくれ」

hastilyあわてて

"Did Mrs. Spencer bring anybody over besides you?" continued Marilla when Matthew had gone out. "She brought Lily Jones for herself. Lily is only five years old and she is very beautiful and had nut-brown hair. If I was very beautiful and had nut-brown hair would you keep me?"

「スペンサー夫人は、あんたのほかに誰もよこさなかったのかい?」。 マシューが出ていった後もマリラは質問を続けた。 「あの人もリリー・ジョーンズという子を引き取ったわ。リリーはまだ 五歳だけど、たいそうきれいで栗色の髪の毛をしているの。 もしわたしがきれいで、栗色の髪の毛だったらひきとってくれる?」

nut-brown栗毛色の

"No. We want a boy to help Matthew on the farm. A girl would be of no use to us. Take off your hat. I'll lay it and your bag on the hall table."

「だめさ。マシューの畑仕事を手伝う男の子がほしいんだから。 女の子じゃ役に立たないからね。帽子を取りな。 かけといてあげるから。あんたのかばんは玄関のテーブルに置いたよ」

Anne took off her hat meekly. Matthew came back presently and they sat down to supper. But Anne could not eat. In vain she nibbled at the bread and butter and pecked at the crab-apple preserve out of the little scalloped glass dish by her plate. She did not really make any headway at all.

アンはおとなしく帽子を取った。すると マシューが戻ってきて食事の席についた。でも アンは食べることができなかった。パンとバターをすこしずつ口に入れても無駄なことだった。皿の近くにあった、扇形のガラスの小皿から野生リンゴの保存食をとって食べた。 まったく食が進まなかった。

meeklyおとなしく、素直に  nibble少しずつかじる peckついばむ crab-apple野生のリンゴ  scalloped丸い扇形の縁ももつ headway前進、進歩

"You're not eating anything," said Marilla sharply, eying her as if it were a serious shortcoming. Anne sighed. "I can't. I'm in the depths of despair. Can you eat when you are in the depths of despair?" "I've never been in the depths of despair, so I can't say," responded Marilla. "Weren't you? Well, did you ever try to imagine you were in the depths of despair?" "No, I didn't."

「何も食べてないじゃないか」。マリラがきつくいうと、重大な欠点でもあるように見つめた。 アンはため息をついた。 「だめよ。食べられないわ。深く失望しているの。あなたは失望した とき食事がのどを通る?」 「深い失望なんか味わったことがないわ。だからなんともいえないわね 」。マリラの答えはこうだった。 「ないの?それじゃあ、深い失望を考えてみたことはあるの?」 「ないね」

shortcoming欠点、短所 in the depths of despair深く失望して

"Then I don't think you can understand what it's like. It's very uncomfortable feeling indeed. When you try to eat a lump comes right up in your throat and you can't swallow anything, not even if it was a chocolate caramel. I had one chocolate caramel once two years ago and it was simply delicious. I've often dreamed since then that I had a lot of chocolate caramels, but I always wake up just when I'm going to eat them. I do hope you won't be offended because I can't eat. Everything is extremely nice, but still I cannot eat."

「それがどんなものか、あなたに分からないなんて思わなかったわ。本当にがっかりした気持ちよ。 のどもとのろうそくを口に入れようとしたら、 何も飲み込めないでしょ。それがチョコレートキャラメルでも。チョコレートキャラメルなんて二年前に一度食べたきりよ。ただ おいしかったわ。 それからチョコレートキャラメルをいっぱい食べる夢を見たわ。 でも食べようとしたときに、ちょうど目が覚めるの。わたしは 食べられないのだから、どうか気を悪くしないで。すべてがとってもおいしそう。でも、まだ食べられないの」

"I guess she's tired," said Matthew, who hadn't spoken since his return from the barn. "Best put her to bed, Marilla."

「この子は疲れているんだよ」と、納屋から家に 戻ってきていたマシューがはじめて口を開いた。「マリラ、 寝かせてあげるのが一番さ」  

Marilla had been wondering where Anne should be put to bed. She had prepared a couch in the kitchen chamber for the desired and expected boy. But, although it was neat and clean, it did not seem quite the thing to put a girl there somehow. But the spare room was out of the question for such a stray waif, so there remained only the east gable room. Marilla lighted a candle and told Anne to follow her, which Anne spiritlessly did, taking her hat and carpet-bag from the hall table as she passed. The hall was fearsomely clean; the little gable chamber in which she presently found herself seemed still cleaner.
 
マリラはアンをどこに寝かせればいいかと考えた。願い、望んでいた 男の子のために、台所部屋に寝床を用意していた。 でもそこはこざっぱりして、きれいだった。とにかく、女の子を寝かせるにはもったいなかったのだ。だが空き部屋 は迷えるみなしごには論外だった。残っているのは東の破風 部屋だけだった。 マリラはろうそくに火を灯すと、アンについてくるよういった。 アンは抜け殻のようにしたがった。通り過ぎた玄関のテーブルから帽子と旅行かばんをとった。 玄関はおそろしほどきれいだった。少女が目にした小さな破風部屋はそれにもましてきれいだった。
 
couch寝床 neatこぎれいで、こざっぱりした gable room破風部屋 fearsomelyおそろしい方法で

0 件のコメント:

コメントを投稿