2013年10月16日水曜日

第四章 グリーンゲーブルズの朝(3)

Anne could evidently be smart to some purpose for she was down-stairs in ten minutes' time, with her clothes neatly on, her hair brushed and braided, her face washed, and a comfortable consciousness pervading her soul that she had fulfilled all Marilla's requirements. As a matter of fact, however, she had forgotten to turn back the bedclothes.
 
その甲斐あって、アンは階段を下りていく十分の間ははっきりわかるくらい行儀よくできた。服装もきちんとして、髪をとかして編み、顔を洗った。マリラのいいつけをすべて守ったという心地よい気持ちで満たされた。しかしいけなかったのは、ベッドの布団を直すのを忘れたことだった。
 
to some purpose甲斐がある neatlyきちんと
 
"I'm pretty hungry this morning," she announced as she slipped into the chair Marilla placed for her. "The world doesn't seem such a howling wilderness as it did last night. I'm so glad it's a sunshiny morning. But I like rainy mornings real well, too. All sorts of mornings are interesting, don't you think? You don't know what's going to happen through the day, and there's so much scope for imagination. But I'm glad it's not rainy today because it's easier to be cheerful and bear up under affliction on a sunshiny day. I feel that I have a good deal to bear up under. It's all very well to read about sorrows and imagine yourself living through them heroically, but it's not so nice when you really come to have them, is it?"
 
「今朝はとってもお腹がすいたわ」。少女はマリラが用意してくれたいすに滑り込むと、そういった。「この世界はゆうべのような、途方もない荒々しい自然ばかりではないのね。日当たりのいい朝でとってもうれしいわ。でも雨の朝も本当に好きなの。どんな朝だって楽しいものだわ。そう思わない?一日のうちにどんなことが起きるかなんて分からないでしょう。そこに空想を働かせる余地があるの。でも今日は雨降りじゃなくて、本当にうれしいの。だって晴れの日なら、ほがらかな気分になれるし、苦しくたって頑張れるから。わたしには頑張らなきゃいけないことがたくさんある気がするの。悲しい物語を読むことも、その中でいさましく生きる姿を想像するのはいいものだけど、われにかえったらちっとも素敵な気分じゃなくなるでしょう?」
 
howling途方もない、非常な sunshiny日当たりのよい bear up頑張る、気落ちしない affliction苦悩、悩みの種all very wellまことにけっこうだが、かまわないが heroically英雄的に、いさましく
 
"For pity's sake hold your tongue," said Marilla. "You talk entirely too much for a little girl."
Thereupon Anne held her tongue so obediently and thoroughly that her continued silence made Marilla rather nervous, as if in the presence of something not exactly natural. Matthew also held his tongue,—but this was natural,—so that the meal was a very silent one.
 
「お願いだから 黙ってちょうだい」。マリラがさえぎった。「 小さい女の子のに、本当におしゃべりが過ぎるわ」。
アンはそれで直ちに、すっかりおとなしくなった。 だがその沈黙はマリラをよけいにいらだたせた。まったく不自然にうつったからだった。マシューも静かにしていた。でも彼はいつものことだった 。そのせいでとても静かな食事になった。
thereuponそこで直ちに thoroughlyすっかり
 
As it progressed Anne became more and more abstracted, eating mechanically, with her big eyes fixed unswervingly and unseeingly on the sky outside the window. This made Marilla more nervous than ever; she had an uncomfortable feeling that while this odd child's body might be there at the table her spirit was far away in some remote airy cloudland, borne aloft on the wings of imagination. Who would want such a child about the place?
 
食事が進むにつれて、アンはだんだんぼんやりと、機械のように食べ物を口に運んだ。大きな瞳は 窓の外の空を、まっすぐに目的もなく見つめていた。それ がマリラをもっと神経質にした。 この風変わりな子どもの体は食卓についていても、心はどこか遠く離れた空のよな夢の国にいるのだ。空想の翼に支えられて。小さな子が食卓につきながら想像力という翼で外の世界を飛ん でいることが不愉快だった。そんな子どもをいったい誰がほしがるだろう?
 
abstractedぼんやりした unswervinglyそれずに unseeingly盲目に airy空気のような cloudland夢の国  aloft上に
 
Yet Matthew wished to keep her, of all unaccountable things! Marilla felt that he wanted it just as much this morning as he had the night before, and that he would go on wanting it. That was Matthew's way—take a whim into his head and cling to it with the most amazing silent persistency—a persistency ten times more potent and effectual in its very silence than if he had talked it out.
 
それでもマシューはこの家に少女を置いておきたがった。まったく奇妙なことではあったが! マリラは昨夜も今朝も、彼がそう望んでいること、その望みを捨てないだろうことを感づいていた。驚くほどの静かなる粘りをもって、気まぐれが続く。これがいつものマシューだった。この粘り強さは、口に出してしまうより、黙っていたほうが説得力も効果も倍増した。
unaccountable説明できない、奇妙な whim気まぐれな、むら気 clingくっついて離れない persistency=persistenceしつこさ、根気よさ potent効能のある、説得力のある
 
When the meal was ended Anne came out of her reverie and offered to wash the dishes.
"Can you wash dishes right?" asked Marilla distrustfully.
 
食事が終わると、アンは夢から覚めて、食器洗いをかって出た。
「ちゃんと洗えるの? 」とマリラは疑わしげに尋ねた。
 
reverie幻想、夢想
 
"Pretty well. I'm better at looking after children, though. I've had so much experience at that. It's such a pity you haven't any here for me to look after."
 
「きっと大丈夫。本当は 子供の世話のほうが得意なんだけど。本当に慣れているの。わたしに子どもの世話をさせられないのは本当にお気の毒ね」
 
"I don't feel as if I wanted any more children to look after than I've got at present. YOU'RE problem enough in all conscience. What's to be done with you I don't know. Matthew is a most ridiculous man."
 
「ここに子どもがいるのに、世話をしなきゃいけない子どもがほしいなんてまるで思わないわ。おまえは本当に困った子だよ。 どうすればいいのか分かりゃしない。 マシューは本当に馬鹿なんだから」
 
in all conscience道義上、良心に省みて、確かに

0 件のコメント:

コメントを投稿