2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(3)

"I suppose you are Mr. Matthew Cuthbert of Green Gables?" she said in a peculiarly clear, sweet voice. "I'm very glad to see you. I was beginning to be afraid you weren't coming for me and I was imagining all the things that might have happened to prevent you. I had made up my mind that if you didn't come for me to-night I'd go down the track to that big wild cherry-tree at the bend, and climb up into it to stay all night. I wouldn't be a bit afraid, and it would be lovely to sleep in a wild cherry-tree all white with bloom in the moonshine, don't you think? You could imagine you were dwelling in marble halls, couldn't you? And I was quite sure you would come for me in the morning, if you didn't to-night."
 
「グリーンゲーブルズのマシュー・カスバートさんでしょう?」。その女の子 は独特のすきとおった、優しい口調で尋ねた。「 お会いできてとても嬉しいです。 いらっしゃらないんじゃないかと心配しはじめていたところだったんです。ここに 来られない事情ができたのではないかとあれこれ想像していました。 もし今晩いらっしゃらなかったら、あの曲がり角の大きな西洋実 桜の木に登って一晩を過ごそうかと思っていました。 ちっとも心配なんてしませんわ。 月明かりの下で白い花を咲かせた西洋実 桜の木で眠れるなんて素敵だと思いませんこと?大理石の部屋 に住んでみることなんて想像できますか?それにもし 今夜、迎えに来てくださらなくても、翌朝には来てくださると信じていましたから。
 
peculiarly独特に、特別な、固有の down the track突き詰める、追い詰める wild cherry西洋実桜 bend曲がり角
 
Matthew had taken the scrawny little hand awkwardly in his; then and there he decided what to do. He could not tell this child with the glowing eyes that there had been a mistake; he would take her home and let Marilla do that. She couldn't be left at Bright River anyhow, no matter what mistake had been made, so all questions and explanations might as well be deferred until he was safely back at Green Gables.
 
マシューは恐る恐る、やせこけた小さな手をとった。その場で直ちに、なすべきことを決めた。 輝く瞳のその女の子に、行き違いがあったことなど話せなかった。この子 を家につれて帰り、マリラに伝えさせることにした。 とにかくこの子をブライトリバーにおいておくわけにもいかない。たとえ行き違いがあったとしても。 なにがあっても。すべての 質問と説明はグリーンゲーブルズについてからだった。
 
scrawnyやせこけた、骨ばった then and thereその場で直ちに defer延期する
 
"I'm sorry I was late," he said shyly. "Come along. The horse is over in the yard. Give me your bag." "Oh, I can carry it," the child responded cheerfully. "It isn't heavy. I've got all my worldly goods in it, but it isn't heavy. And if it isn't carried in just a certain way the handle pulls out--so I'd better keep it because I know the exact knack of it. It's an extremely old carpet-bag. Oh, I'm very glad you've come, even if it would have been nice to sleep in a wild cherry-tree. We've got to drive a long piece, haven't we? Mrs. Spencer said it was eight miles. I'm glad because I love driving. Oh, it seems so wonderful that I'm going to live with you and belong to you. I've never belonged to anybody--not really. But the asylum was the worst. I've only been in it four months, but that was enough. I don't suppose you ever were an orphan in an asylum, so you can't possibly understand what it is like. It's worse than anything you could imagine. Mrs. Spencer said it was wicked of me to talk like that, but I didn't mean to be wicked. It's so easy to be wicked without knowing it, isn't it? They were good, you know--the asylum people. But there is so little scope for the imagination in an asylum--only just in the other orphans. It was pretty interesting to imagine things about them--to imagine that perhaps the girl who sat next to you was really the daughter of a belted earl, who had been stolen away from her parents in her infancy by a cruel nurse who died before she could confess. I used to lie awake at nights and imagine things like that, because I didn't have time in the day. I guess that's why I'm so thin--I am dreadful thin, ain't I? There isn't a pick on my bones. I do love to imagine I'm nice and plump, with dimples in my elbows."

「 遅くなってごめんよ」。マシューは恥ずかしげに謝った。「ついておいで 。庭の向こうに馬をつないてあるから。かばん を貸しなさい」 「あら自分で持てますわ」。女の子は明るく返事をした 。「重たくないわ。この世で、 わたしの荷物はこれっぽっちですから。だから重たくないの。それに気をつけて運ばないと、持ち手が抜けてしまうわ。こつが分かっているから、私が運んだほうがいいの。 これはとても古い旅行かばんなのよ。西洋実桜 の木の上で眠るようなことになっても、迎えに来てくださってとてもうれしかったわ。 このために長い道のりをたどってきたのよ。ね、そうでしょ。 スペンサー夫人は8マイルの距離だといっていたわ。 私は旅が好きだからうれしかったの。 あなたと暮らすことができて、家族になれるなんてすばらしいわ。 誰かの家族になったことなんてないもの。一度もよ。 孤児院って最悪なところよ。四ヶ月しかいなかったけど、もう十分だわ。 あなたは孤児院にいたことなんてないでしょう。だからそこでの生活がどんなだか わからないでしょうけど。想像以上にひどいところよ。 スペンサー夫人もそんな話を聴かされるのは不快だといったわ。でも不快な気分にしようと思って話したんじゃないの。 知りもせずに、不快だなんて突き放すのは簡単よ。そうでしょ。ご存知のとおり、 孤児院の人たちはいい人なのよ。でも、孤児院 には空想の余地がないわ。ほかの孤児がまわりにいるだけよ。でもその子たちのことをあれこれ考えるのは、とても面白いわ。あなたの隣にいる女の子が、幼いころに気狂いした看護婦が両親から奪っていった、 礼帯をつけた伯爵の令嬢だなんて想像しただけで面白いでしょ。その看護婦は 死ぬまで告白できなかったの。私はよく真夜中に目を覚まして、 そんなことを想像したの。日中は考える時間がないから。それでやせてるんだと思うの。わたしっておそろしいほどやせてるでしょ? 骨の皮をつまむことさえできないわ。もっと ふっくらした自分を想像するのが好きなの。 ひじにくぼみができるくらいに」

knack巧みな技、こつ long piece長編 wicked不快な、ひどい、不道徳な、邪悪な  belted礼帯をつけた earl伯爵 plump丸々と太った、丸々した dimpleくぼみ 24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

0 件のコメント:

コメントを投稿