2013年10月11日金曜日

第三章 マリラ・カスバートは驚いた(4)

Marilla set the candle on a three-legged, three-cornered table and turned down the bedclothes.
"I suppose you have a nightgown?" she questioned. Anne nodded.

マリラは脚が三本、角の三つあるテーブルにろうそくをたてた。そして ベッドクロスをたたんだ。 「寝間着はあるんだったかい」と尋ねた。 アンはうなずいた。

turn downたたむ、却下する

"Yes, I have two. The matron of the asylum made them for me. They're fearfully skimpy. There is never enough to go around in an asylum, so things are always skimpy--at least in a poor asylum like ours. I hate skimpy night-dresses. But one can dream just as well in them as in lovely trailing ones, with frills around the neck, that's one consolation."

「ええ、二着あるわ。 孤児院の寮母がわたしのために仕立ててくれたの。でもとても小さいわ 。もう孤児院のなかを歩き回るのは十分よ。だって、すべてのものが小さいんだもの。少なくとも、私たちがいたような貧しい孤児院ではね。小さい寝巻きなんて嫌よ。でもみんな、首のまわりりにフリルのついた、ほかの人と同じようにかわいらしい服を夢見るものよ。それが慰めになるから」

skimpy小さい trailing後続、後追い consolation慰め

"Well, undress as quick as you can and go to bed. I'll come back in a few minutes for the candle. I daren't trust you to put it out yourself. You'd likely set the place on fire."

「まあ、早く服を脱いで寝なさい。 ろうそくのことがあるから、すぐ戻るからね。 あなたが自分で消せるとは思えないから。もし自分で火をつけたら、火事になりそうだわ 」

put out消す

When Marilla had gone Anne looked around her wistfully. The whitewashed walls were so painfully bare and staring that she thought they must ache over their own bareness. The floor was bare, too, except for a round braided mat in the middle such as Anne had never seen before. In one corner was the bed, a high, old-fashioned one, with four dark, low-turned posts. In the other corner was the aforesaid three-corner table adorned with a fat, red velvet pin-cushion hard enough to turn the point of the most adventurous pin. Above it hung a little six-by-eight mirror. Midway between table and bed was the window, with an icy white muslin frill over it, and opposite it was the wash-stand. The whole apartment was of a rigidity not to be described in words, but which sent a shiver to the very marrow of Anne's bones. With a sob she hastily discarded her garments, put on the skimpy nightgown and sprang into bed where she burrowed face downward into the pillow and pulled the clothes over her head. When Marilla came up for the light various skimpy articles of raiment scattered most untidily over the floor and a certain tempestuous appearance of the bed were the only indications of any presence save her own.

マリラが出ていくと、アンは物足りなさそうに自分のまわりを見回した。 白く塗られた壁は痛々しいほどに、飾り気がなかった。じろじろ眺めていると、そのせいで病気になりそうだった。床もそうだったが、一つだけ違っていたのは、 真ん中の丸い形に寄り合わされたマットだった。それはアンが今まで見たこともない代物だった。 片隅にはベッドがあった。赤いビードロの大きなピンクッションがついた、高く、古めかしいベッドだった。本当に危っかしいピンの角を削れるくらいの硬さだった。その向こうには6×8サイズの小さな鏡がかかっていた。すべすべした白いモスリンの フリルが着いていた。 その反対側は洗濯台だった。住居全体のいかめしさは 言葉では言い表せなかった。だがアンは骨の髄までぞくぞくした。むせび泣きながら、少女はあわてて服を脱ぎ捨てた。そして小さい寝巻きを着て、説明することはできない。 みずぼらしい寝間着に着替えてベッドに潜り込んだ。そして 枕に顔をうずめて、顔の上まで布団をかけた。 マリラがろうそくのことで上がってくると、何枚もの小さな衣服がまったく乱雑に床に散らばっていた。 あたりを沈黙が覆っていた。 そしてはっきりと乱れた様子のベッドが、ただ一つ彼女を守るものだった。

wistfully物足りないように whitewashed白く塗られた braid寄り合わせる velvetビードロ adventurous大胆な、危険を恐れない shiver身震いする、おののく marrow真髄、精髄 sobむせび泣く hastilyあわてて discard捨てる burrow穴を掘る raiment衣服 scatterばらまく untidilyだらしなく、乱雑に tempestuous騒々しい、大嵐の

She deliberately picked up Anne's clothes, placed them neatly on a prim yellow chair, and then, taking up the candle, went over to the bed.

彼女はゆっくりとアンの服を拾い上げ、こぎれいな黄色のいすの上に置いた。それからろうそくを持つと、ベッドに近寄った。

deliberately慎重に、ゆっくりと neatlyきちんと、手際よく primきちんとした、こぎれいな   "Good night," she said, a little awkwardly, but not unkindly. Anne's white face and big eyes appeared over the bedclothes with a startling suddenness.

「おやすみ」。 彼女は少し決まり悪そうにいったが、冷たい様子ではなかった。 突然飛び起きたアンの白い顔と大きな瞳が布団から出てきた。

awkwardly決まり悪そうに startleびっくりさせる、跳ね上がる

0 件のコメント:

コメントを投稿