2013年10月16日水曜日

第四章 グリーンゲーブルズの朝(4)

 

"I think he's lovely," said Anne reproachfully. "He is so very sympathetic. He didn't mind how much I talked—he seemed to like it. I felt that he was a kindred spirit as soon as ever I saw him."
 
「彼はすばらしいわ」。アンは非難するようにいった。「とても思いやりがあるわ。わたし がどれほどしゃべっても気にしなかったし、むしろ聞きたがっていたみたい。一目見るなり、心の 優しい人だと感じたわ」
 
reproachfully非難するように、とがめるように sympathetic同情的な、思いやりのある
 
"You're both queer enough, if that's what you mean by kindred spirits," said Marilla with a sniff. "Yes, you may wash the dishes. Take plenty of hot water, and be sure you dry them well. I've got enough to attend to this morning for I'll have to drive over to White Sands in the afternoon and see Mrs. Spencer. You'll come with me and we'll settle what's to be done with you. After you've finished the dishes go up-stairs and make your bed."
 
「それを優しい心というのなら、おまえは本当に変わった子だね」。マリラは鼻であしらうようにいった。「まあ、食器は洗えるようだね。 お湯をたっぷりとって、よく乾かすことよ。 午後にはホワイトサンズのスペンサー夫人に会いにいかなきゃいけないから、今朝はやることがたくさんあるの 。おまえも一緒にいくんだよ。それで、おまえをどうすればいいか決めるのさ。 皿洗いが終わったら二階に上がってベッドをきちんとするのよ」
queer風変わりな、妙な、怪しい mean by意味する、~の意味でいう sniff鼻であしらう attend to~のために働く
 
Anne washed the dishes deftly enough, as Marilla who kept a sharp eye on the process, discerned. Later on she made her bed less successfully, for she had never learned the art of wrestling with a feather tick. But is was done somehow and smoothed down; and then Marilla, to get rid of her, told her she might go out-of-doors and amuse herself until dinner time.
 
マリラが鋭い視線で見つめているのが分かったので、アンはずいぶんうまく食器を洗えた。その次の ベッドの用意はそれほどうまくいかなかった。羽毛のカバーをやっつける技は習ったことがなかったからだ。どうにか やり終えるて、平らにした。 するとマリラはアンを追い払ってしまおうと、外へ行って夕食まで遊んできてよろしい、といいつけた。
deftly巧みに、器用に discern見分ける、分かる wrestlingレスリングをする、戦う、苦闘する tickカバー布 smooth down平らにする get rid of取り除く、追い払う
 
Anne flew to the door, face alight, eyes glowing. On the very threshold she stopped short, wheeled about, came back and sat down by the table, light and glow as effectually blotted out as if some one had clapped an extinguisher on her.
 
アンは外へ飛び出した。表情は輝いて、瞳はキラキラしていた。入り口にきたとたん、 少し立ち止まった。くるりと向きを変えると、戻って、テーブルのそばに座った。誰かがアンに消火器を向けたかのように、光と輝きがすぎに消えてしまった。
 
alight燃えて、光輝いて threshold敷居、入り口 wheeled aboutくるりと向きを変える  blot out消す、見えなくなる、覆い隠す extinguisher消火器
 
"What's the matter now?" demanded Marilla.
 
「今度はどうしたんだい?」。マリラが聞いた。
 
"I don't dare go out," said Anne, in the tone of a martyr relinquishing all earthly joys. "If I can't stay here there is no use in my loving Green Gables. And if I go out there and get acquainted with all those trees and flowers and the orchard and the brook I'll not be able to help loving it. It's hard enough now, so I won't make it any harder. I want to go out so much—everything seems to be calling to me, 'Anne, Anne, come out to us. Anne, Anne, we want a playmate'—but it's better not. There is no use in loving things if you have to be torn from them, is there? And it's so hard to keep from loving things, isn't it? That was why I was so glad when I thought I was going to live here. I thought I'd have so many things to love and nothing to hinder me. But that brief dream is over. I am resigned to my fate now, so I don't think I'll go out for fear I'll get unresigned again. What is the name of that geranium on the window-sill, please?"
 
「外に行きたくないの 」。アンは答えた。この世の喜びをすべて放棄した受難者のような声だった。「 もしここにいられないなら、 グリーンゲーブルズを好きになったところでなんの意味もないわ。 もし外に出ていってすべての木々や花、果物や小川に近寄ったら、もう好きにならずには いられないわ。もう十分つらいのに、これ以上辛い気持ちになりたくないの。本当は外へ行きたいのよ。あらゆる ものが私を呼んでいるみたいだから。『アン、アン、私たちの方へ来て 。アン、アン、遊び相手がほしいんだ』。 でもよしたほうがいいわ。 お別れしなきゃいけないのに好きになっても仕方ないでしょ? 好きにならずにはいられないわ。 ここにいられると思って喜んだのはそのせいなの。 愛すべきものがたくさんあって、邪魔するものなんてないと思っていたわ。 でも短い夢は終わってしまったの。わたしはもう運命に従うわ。また夢をあきらめる 不安におびえるために外に行きたくない。ところで 窓のゼラニウムはなんて名前なの?」
 
martyr殉教者、受難者、ひどく悩む人 relinquishやめる、放棄する get acquainted with付き合い始める、近くなる better notしないほうがいい  hinder妨げる、邪魔する resign従う、放棄する、断念する sill敷居、土台
 
"That's the apple-scented geranium."
"Oh, I don't mean that sort of a name. I mean just a name you gave it yourself. Didn't you give it a name? May I give it one then? May I call it—let me see—Bonny would do—may I call it Bonny while I'm here? Oh, do let me!"
 
「あれはリンゴのにおいのするゼラニウムさ」
「あら、そんな 名前を聞きたかったんじゃないの。 あなただけの呼び名が知りたかったの。名前をつけていないの?それなら、わたし がつけてもいい?そうね、ボニーがいいわ。ここにいる間はボニーと呼ぶのはどう? ねえ、そうさせて」
 
apple-scentedリンゴのにおいがする

0 件のコメント:

コメントを投稿