2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(4)

With this Matthew's companion stopped talking, partly because she was out of breath and partly because they had reached the buggy. Not another word did she say until they had left the village and were driving down a steep little hill, the road part of which had been cut so deeply into the soft soil, that the banks, fringed with blooming wild cherry-trees and slim white birches, were several feet above their heads.


しばらくしてマシューの道連れはおしゃべりをやめた。一つには息が切れたため。そして一つには馬車についたためだった。村を出てからは一言も話さなかった。そして傾斜の急な小さな 丘を下っていった。柔らかい土で道の一部が深くえぐられていた。そこは花の咲いた西洋実 桜と細く白いカバノキに囲まれた土手だった。二人の頭上、数フィートの高さだった。

bank土手、斜面、坂 fringe withへり取りをする birchカバノキ

The child put out her hand and broke off a branch of wild plum that brushed against the side of the buggy. "Isn't that beautiful? What did that tree, leaning out from the bank, all white and lacy, make you think of?" she asked.
"Well now, I dunno," said Matthew.
 
少女は手を伸ばすと、野生のプラムの枝を折った。そして馬 車のへりを払った。「きれいじゃない?土手から垂れ下がっている、白くてレースのような木はなにかしら。考えてみて 」。女の子は尋ねた。
「さあ、 わからんね」。マシューはいった。
 
put out差し出す lacyレースのような
日本人が1か月で英語ペラペラに!?

0 件のコメント:

コメントを投稿