2013年10月6日日曜日

第一章 レーチェル・リンド夫人は驚いた(5)

Marilla was a tall, thin woman, with angles and without curves; her dark hair showed some gray streaks and was always twisted up in a hard little knot behind with two wire hairpins stuck aggressively through it. She looked like a woman of narrow experience and rigid conscience, which she was; but there was a saving something about her mouth which, if it had been ever so slightly developed, might have been considered indicative of a sense of humor.

マリラは背の高い、やせた女だった。 角はあるが丸みはなかった。暗い色の髪の毛にはところどころ白髪まじりの線ができていた。そして後ろに硬くゆいあげて、2 本のヘアピンでぎゅっと刺してとめていた。それほど広い経験をつんできたわけではなく、頭のかたい女性のように見える。それが彼女だった。その口をあまり開くことがなかったが、もごもごしている。おかしみのようにも思えたかもしれない。

streakしま、線、筋

"We're all pretty well," said Mrs. Rachel. "I was kind of afraid you weren't, though, when I saw Matthew starting off today. I thought maybe he was going to the doctor's."

「わたしたちはとても元気よ」。 レーチェル夫人は答えた。「きょうマシューが出かけていったころ、 あなたが一緒じゃなかったのが少し気になったの。 たぶんお医者にいくのだと思ったのよ」

Marilla's lips twitched understandingly. She had expected Mrs. Rachel up; she had known that the sight of Matthew jaunting off so unaccountably would be too much for her neighbor's curiosity.

マリラの唇がはっきりとぴくぴく動いた。 レーチェル夫人がそうさせたのだと思った。 マシューが前触れもなく小旅行に出かけた光景が、隣人に好奇心を催させているのを知った。

twitchぴくぴく動く understandinglyものわかりよく jaunt物見遊山をする、気晴らし旅行をする

"Oh, no, I'm quite well although I had a bad headache yesterday," she said. "Matthew went to Bright River. We're getting a little boy from an orphan asylum in Nova Scotia and he's coming on the train tonight."

「あらいやだ。とっても元気なのよ。でも昨日は頭痛がひどかったわ」。 そんな返事をした。「マシューはブライトリバーへ出かけたの。 私たちはノバスコシアの孤児院から小さな男の子を引き取ることにしたの。今夜列車でつくのよ」

If Marilla had said that Matthew had gone to Bright River to meet a kangaroo from Australia Mrs. Rachel could not have been more astonished. She was actually stricken dumb for five seconds. It was unsupposable that Marilla was making fun of her, but Mrs. Rachel was almost forced to suppose it.
"Are you in earnest, Marilla?" she demanded when voice returned to her.


マシューがオーストラリアからきたカンガルーを見にブライトリバーへ出かけたとマリラが答えていれば、レーチェル夫人は驚かなかっただろう。実際に彼女は五5のあいだ、ショックで黙り込んだ。マリラが興味半分で、そんなことをするとは思えなかった。だがレーチェル夫人はそう思わざるをえなかった。 「本気なの、マリラ?」。その言葉に聞かずにいられなかった。


astonishびっくりする strickenうちひしがられた、傷ついた dumb口のきけない、無口な


"Yes, of course," said Marilla, as if getting boys from orphan asylums in Nova Scotia were part of the usual spring work on any well-regulated Avonlea farm instead of being an unheard of innovation.
Mrs. Rachel felt that she had received a severe mental jolt. She thought in exclamation points. A boy! Marilla and Matthew Cuthbert of all people adopting a boy! From an orphan asylum! Well, the world was certainly turning upside down! She would be surprised at nothing after this! Nothing!
 
「ええもちろん」。マリラの返事はこうだった。ノバスコシアの孤児院から少年を引き取ることが、未曾有の変革があるでもなく代わり映えのない春のアボンリーの畑仕事に、特別なことがおきたかのようだった。
レーチェル夫人は深刻な衝撃をおぼえた。彼女はびっくりマークの入る箇所を考えてみた。男の子とは! マリラとマシュー・カスバートだけの一家が男の子を引き取るなんて! 孤児院からとは! ああ、天地が本当にひっくりかえった! こんなことの後では何事にもびっくりすることはないでしょう! 何事にも!
 
joltショックを与えて
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

0 件のコメント:

コメントを投稿