2013年10月11日金曜日

第三章 マリラ・カスバートは驚いた(5)

"How can you call it a good night when you know it must be the very worst night I've ever had?" she said reproachfully.
Then she dived down into invisibility again.

「わたしの今までの人生で一番悲しい夜だっていうのに、どうしてグッドナイトなんていえるの?」 。そ少女はとがめるようにいった。 それから布団に潜り込んで、再び隠れてしまった。

reproachfully非難するように、とがめるように

Marilla went slowly down to the kitchen and proceeded to wash the supper dishes. Matthew was smoking--a sure sign of perturbation of mind. He seldom smoked, for Marilla set her face against it as a filthy habit; but at certain times and seasons he felt driven to it and them Marilla winked at the practice, realizing that a mere man must have some vent for his emotions.

マリラはゆっくりと台所へ降りていった。そして夕食の 食器を洗い始めた。 マシューはタバコを吸っていた-心の動揺のはっきりとした証拠だった。彼はめったに吸わなかった。マリラが不快な習慣のように見るからだった。だがある時、季節によっては、タバコの誘惑に駆られた。マリラはその習慣に目配せをするのであった。そして男というのは、何らかの息抜きが必要なことに気づくのだった。

perturbation心のろうばい、動揺 filthy不潔な、みだらな、ひどい

"Well, this is a pretty kettle of fish," she said wrathfully. "This is what comes of sending word instead of going ourselves. Richard Spencer's folks have twisted that message somehow. One of us will have to drive over and see Mrs. Spencer tomorrow, that's certain. This girl will have to be sent back to the asylum." "Yes, I suppose so," said Matthew reluctantly.

「いや、なかなか厄介なことね」。マリラは怒ったようにいった。「直接出向かずに、 手紙で済まそうとしたからこんなことになったのさ。とにかくリチャード・ スペンサーの親類が、あの手紙をにぎりつぶしたのよ。私たちのどっちかが出かけていって、 明日スペンサー夫人に会わなきゃいけないわ。それが確かよ。 あの子は孤児院に送り返さなきゃいけないわ」 「ああ、 そう思う」。マシューはしぶしぶ答えた。

pretty kettle of fish厄介な状況 wrathfully憤ったさま folks親類 reluctantlyしぶしぶ

"You suppose so! Don't you know it?" "Well now, she's a real nice little thing, Marilla. It's kind of a pity to send her back when she's so set on staying here."

「 あなたもそう思うていうの!わかってるの?」 「ああ、どれ、 でも本当にいい子だよ、マリラ。あの子はここで暮らす気になっているのに 送り返すのはちょっと可哀想だよ」

set onさせる、そそのかす

"Matthew Cuthbert, you don't mean to say you think we ought to keep her!" Marilla's astonishment could not have been greater if Matthew had expressed a predilection for standing on his head.

「マシュー・カスバート、 あの子をここに置いておくべきだっていうんじゃないだろうね!」 マシューが逆立ちが好きだというのなら、マリラの驚きも大きく ならなかっただろう。

astonishment驚き predilection偏愛、好み、ひいき stand on his head逆立ちする

"Well, now, no, I suppose not--not exactly," stammered Matthew, uncomfortably driven into a corner for his precise meaning. "I suppose--we could hardly be expected to keep her." "I should say not. What good would she be to us?"

「ああ、どれ、違うさ。違うんだ。 そうじゃないんだ」。どもった マシューは、落ち着きなく真意を白状させられようとしていた。「めったなことではさの子 を置いておけないとは思うさ」 「だめだっていうべきさ。あの子が私たちのためになにをしてくれるっていうんだい?」

stammerどもる

"We might be some good to her," said Matthew suddenly and unexpectedly. "Matthew Cuthbert, I believe that child has bewitched you! I can see as plain as plain that you want to keep her."

「でも、わしらのほうがあの子によくしてやれるかもしれんぞ」。マシューは突然、予想もしなかったことをいった。 「マシュー・カスバート!あの子はあんたに魔法をかけたのさ!あんたがあの子をここに置いておきたいのは、いやというほどよくわかったわ」

bewitch魔法をかける、うっとりさせる

"Well now, she's a real interesting little thing," persisted Matthew. "You should have heard her talk coming from the station."

「いや、どれ、本当に面白いおちびさんさ」。マシューは言い張った。「おまえさんも、駅からの道中のあの子の言葉を聞いておくんだったな」

"Oh, she can talk fast enough. I saw that at once. It's nothing in her favour, either. I don't like children who have so much to say. I don't want an orphan girl and if I did she isn't the style I'd pick out. There's something I don't understand about her. No, she's got to be despatched straight-way back to where she came from." "I could hire a French boy to help me," said Matthew, "and she'd be company for you."

「おやおや、あの子は早口すぎるわ。 すぐにわかったさ。どっちにしても、あの子のためにしてやれることはないわ。 おしゃべりな子は嫌いなの。それに孤児の女の子はほしくないわ。たとえほしがったとしても、あんな子を 自分で選んだわけじゃないもの。あの子 には理解できないところがあるわ。いや、あの子はもといたところにまっすぐ送り返さなきゃいけない」 「フランスの男の子ならお手伝いに雇えるがね」。マシューはいった。「それにあの子はお前さんの相手になるだろうに」

favour=favor親切、好意 despatch=dispatch急派する

"I'm not suffering for company," said Marilla shortly. "And I'm not going to keep her." "Well now, it's just as you say, of course, Marilla," said Matthew rising and putting his pipe away. "I'm going to bed." 「相手には困っていないわ」。マリラは手短にいった。「それにあの子を置いておくつもりもないわ」 「さあ、どれ、マリラ、もちろんおまえさんのいうとおりさ」。マシューは口からはずしたパイプをかたづけた。「もう寝るよ」

put away片付ける、とっておく、平らげる、見捨てる  

To bed went Matthew. And to bed, when she had put her dishes away, went Marilla, frowning most resolutely. And up-stairs, in the east gable, a lonely, heart-hungry, friendless child cried herself to sleep.

マシューは寝室にいった。そして食器を片付けると、ひどくしかめっつらをしてマリラも寝室に向かった。階段を上った東の破風部屋では、さびしく、心の空虚な、友達すらいない女の子が泣きながら眠っていた。

frownしかめっつらをする resolutely断固として

0 件のコメント:

コメントを投稿