2013年10月16日水曜日

第四章 グリーンゲーブルズの朝(5)

"Goodness, I don't care. But where on earth is the sense of naming a geranium?"
 
「おやおや。なんでもいいわ。 でもいったい、ゼラニウムの名前になんの意味があるのかい?」
 
goodnessえっ、おや、まあ where on earthいったい
 
"Oh, I like things to have handles even if they are only geraniums. It makes them seem more like people. How do you know but that it hurts a geranium's feelings just to be called a geranium and nothing else? You wouldn't like to be called nothing but a woman all the time. Yes, I shall call it Bonny. I named that cherry-tree outside my bedroom window this morning. I called it Snow Queen because it was so white. Of course, it won't always be in blossom, but one can imagine that it is, can't one?"
 
「ああ、 ただのゼラニウムだったとしても名前をつけるのが好きなの。そうすれば 人のように思えるでしょう。ただゼラニウムと呼んだり、なにも名前をつけなかったりしたら、ゼラニウム の気持ちを傷つけることはないと思っているのかしら?あなたも、ただの 女とは呼ばれたくないでしょう。そう、だからわたし はボニーと呼ぶわ。今朝、寝室の窓から見えた桜の木にも 名前をつけたの。とても白いから雪の女王よ。 もちろんいつも花を咲かしているわけじゃなけど、花を 思い浮かべることはできるでしょう?」
 handle名前、肩書き
 
"I never in all my life saw or heard anything to equal her," muttered Marilla, beating a retreat down to the cellar after potatoes. "She is kind of interesting as Matthew says. I can feel already that I'm wondering what on earth she'll say next. She'll be casting a spell over me, too. She's cast it over Matthew. That look he gave me when he went out said everything he said or hinted last night over again. I wish he was like other men and would talk things out. A body could answer back then and argue him into reason. But what's to be done with a man who just LOOKS?"
 
「これまでの人生で、あんなのは見たことも、聞いたこともないわ」 。マリラはぶつぶついいながら、地下室に逃げ込んだ。「マシューがいうように、ある意味、おもしろい子だね。 いったい次はなにをいいだすんだろうって、今ももう思い始めているわ。あの子はわたしに魔法をかけるのよ。 マシューにも魔法をかけたのよ。まるでマシューからわたしにうつったみたいだわ。あの人がゆうべ外に出ていったとき、何度もいったこと、ほのめかしたことがすべてを物語っているわ。 あの人もほかの男の人たちと同じように、もっと口に出せばいいのに 。仕草でものをいうこともあるし、問いただしてやらなきゃ。でもあんな見た目どおりの人に、いったいなにができるってのかしら 」
 
mutter低い声でつぶやく、ぶつぶつ不平をいう beat a retreat逃げ出す、やめる cellar地下室、ぶどう酒貯蔵室
cast a spell魔法をかける hintほのめかす、暗示する、それとなくいう over again重ねて、あらためて answer back口答えする
 
Anne had relapsed into reverie, with her chin in her hands and her eyes on the sky, when Marilla returned from her cellar pilgrimage. There Marilla left her until the early dinner was on the table.
 
マリラが地下室への巡礼から戻ったとき、アンは再び空想の世界にいた。手にあごを乗せ、瞳は空を見つめていた。に注がれていた。 マリラは早めの夕食が食卓に並ぶまでアンをほうっておいた。
 
relapse逆戻りする、再発する reverie空想、夢想 pilgrimage巡礼
 
"I suppose I can have the mare and buggy this afternoon, Matthew?" said Marilla.
Matthew nodded and looked wistfully at Anne. Marilla intercepted the look and said grimly:
"I'm going to drive over to White Sands and settle this thing. I'll take Anne with me and Mrs. Spencer will probably make arrangements to send her back to Nova Scotia at once. I'll set your tea out for you and I'll be home in time to milk the cows."
 
「 マシュー、昼から雌馬と馬車を使うわよ」。マリラはいった。
マシューはうなずいて、切なそうにアンを見つめた。 マリラが割ってはいって、険しい声でいった。
「ホワイトサンズにいくのよ。 この問題を解決するためにね。アンを連れていくわ。 スペンサーさんがおそらく、もう一度、この子を ノバスコシアに送り返してくれるだろうさ。 お茶は入れといたからね。牛の乳絞りの時間には戻ってくるわ」
 
wistfully物足りなそうに、切なそうに grimly険しい顔で、執念深く
 
Still Matthew said nothing and Marilla had a sense of having wasted words and breath. There is nothing more aggravating than a man who won't talk back—unless it is a woman who won't.
 
マシューはなにもいわなかったが、マリラは言葉を重ねなければ気がすまなかった。なにも言い返すことのない男を怒らせたってしかたないのに。それが無口な女だったとしても。
 
aggravating悪化させる、怒らせる
Matthew hitched the sorrel into the buggy in due time and Marilla and Anne set off. Matthew opened the yard gate for them and as they drove slowly through, he said, to nobody in particular as it seemed:
 
しばらくして、マシューは雌馬に馬車をつないだ。そしてマリラとアンは出ていった。マシューは門を開けてやった。二人はゆっくりと出ていった。するとマシューがなにかをいった。とくに誰に対して、というわけでもなさそうに。
 
hitch引っ掛ける、つなぐ、引き寄せる
 
"Little Jerry Buote from the Creek was here this morning, and I told him I guessed I'd hire him for the summer."
 
「クリークからジェリー・ブートという少年が今朝やってきたぞ。この夏の間なら雇ってやろうか、っていったんだ」
 
Marilla made no reply, but she hit the unlucky sorrel such a vicious clip with the whip that the fat mare, unused to such treatment, whizzed indignantly down the lane at an alarming pace. Marilla looked back once as the buggy bounced along and saw that aggravating Matthew leaning over the gate, looking wistfully after them.
 
マリラは何も答えなかった が、かわいそうな雌馬を意地悪くむちでたたいた。この太った馬に、普段は こんな仕打ちはしないのに。馬は腹を立てて、 ビューと風を切って大変なスピードで道を下っていった。 荷台がはねた拍子にマリラは後ろを振り返った。怒った マシューが門に乗りかかって、切なそうに二人を見送っていた。
 
vicious悪意のある、意地の悪い  clipぶん殴る whipむち打つ whizzed風を切って飛ぶ、走る indignantly憤然として、腹を立てて  alarming不安な、大変な lean over乗りかかる、かがみこむ

2 件のコメント:

  1. 最後のところはらをたてている、あるいはいらいらしている、のはマリラなので「腹立たしいことに」くらいでいかがでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. なるほど。勉強になりました。ありがとうございます。

      削除