2013年10月6日日曜日

第一章 レーチェル・リンド夫人は驚いた(6)

"What on earth put such a notion into your head?" she demanded disapprovingly.
This had been done without here advice being asked, and must perforce be disapproved.

「何があなたをそんな気にさせたの」。彼女は非難するように応じた。 これは誰にも相談せずに決めたのだ。だから非難されても仕方ないだろう。

disapprovingly不賛成の様子で、非難して perforceいやおうなしに、必然的に

"Well, we've been thinking about it for some time--all winter in fact," returned Marilla. "Mrs. Alexander Spencer was up here one day before Christmas and she said she was going to get a little girl from the asylum over in Hopeton in the spring. Her cousin lives there and Mrs. Spencer has visited here and knows all about it. So Matthew and I have talked it over off and on ever since. We thought we'd get a boy. Matthew is getting up in years, you know--he's sixty-- and he isn't so spry as he once was. His heart troubles him a good deal. And you know how desperate hard it's got to be to get hired help. There's never anybody to be had but those stupid, half-grown little French boys; and as soon as you do get one broke into your ways and taught something he's up and off to the lobster canneries or the States. At first Matthew suggested getting a Home boy. But I said `no' flat to that. `They may be all right--I'm not saying they're not--but no London street Arabs for me,' I said. `Give me a native born at least. There'll be a risk, no matter who we get. But I'll feel easier in my mind and sleep sounder at nights if we get a born Canadian.' So in the end we decided to ask Mrs. Spencer to pick us out one when she went over to get her little girl. We heard last week she was going, so we sent her word by Richard Spencer's folks at Carmody to bring us a smart, likely boy of about ten or eleven. We decided that would be the best age--old enough to be of some use in doing chores right off and young enough to be trained up proper. We mean to give him a good home and schooling. We had a telegram from Mrs. Alexander Spencer today--the mail-man brought it from the station-- saying they were coming on the five-thirty train tonight. So Matthew went to Bright River to meet him. Mrs. Spencer will drop him off there. Of course she goes on to White Sands station herself"

「ええ、そのことについては時折考えてはきたの。実のところ、この冬の間ずっとよ」。マリラの返事はこうだった。「アレクサンダー・スペンサー夫人がクリスマス前のある日、ここにいらして、この春にホープトンの孤児院から女の子を引き取ることにしたとおっしゃったわ。彼女の従兄弟がそこに住んでいた関係で、スペンサー夫人がたずねたら詳しいことを知ったというの。それからマシューとわたしは何度も話し合ったわ。わたしたちも男の子を引き取ろうって。マシューはこの何年もその心積もりだったの。彼は60よ。彼ももう昔みたいに元気じゃないわ。本当に心臓が悪いの。それにお手伝いを雇うのが、どんなに難しいか分かるでしょう。邪魔になるだけで、雇うような人もいないわ。半人前のフランスの男の子しかね。それにあなたのやり方を教え込んでやっと慣れたと思っても、ロブスターの缶詰工場か合衆国にいくのが関の山でしょう。マシューは最初、同郷の男の子を引き取ろうと考えていたの。わたしはきっぱりと『ノー』といったわ。『それでもいいかもしれない-わたしはだめだとはいってないわ-でもロンドンの浮浪児はごめんよ』といったの。 『少なくとも生粋のカナディアンにしてちょうだい。どんな子でも不安はあるものよ。でもカナダ生まれの子なら気楽だし、夜も安心して眠れるわ』。それで最終的に、スペンサー夫人に頼んだの。少女を連れ帰るとき、私たちの子も選んでくださいって。先週、あの方がそうする予定だって聞いたから、カモーディのリチャード・スペンサーの知り合いを通じて便りをしたわ。賢くて、おあつらえ向きの十か十一歳の男の子をお願いしますって。その年頃がちょうどいいと思ったのよ。あまり年がいっていると矯正するのに骨が折れるし、若すぎるとしつけなきゃいけないから。その子にはよき家庭のほかに教育を受けさせるつもりよ。今日、アレクサンダー・スペンサー夫人から電報を受け取ったの。駅から郵便配達夫が届けてくれたわ。今晩5時半の列車で着くって。だからマシューはブライトリバーに迎えに出かけたの。スペンサー夫人がそこでその子を下ろしてくれるわ。もちろんあの方はホワイトサンズ駅まで乗っていくでしょうけど」

get up準備する、計画する、装う spry活発な、元気な、すばしこい broke into進入する、邪魔をする、入り込む  cannery缶詰工場 homeboy同郷の人 flatきっぱりと street arabs宿無し子、浮浪児 native born生粋の chore雑用、半端仕事、骨が折れる仕事
 
Mrs. Rachel prided herself on always speaking her mind; she proceeded to speak it now, having adjusted her mental attitude to this amazing piece of news.
 
レーチェル夫人は自分の気持ちを打ち明けるときはいつも得意げだった。もう話せる準備はできていた。この面白いニュースの数々について、どんな態度で応じるべきか考えていた。
『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング

0 件のコメント:

コメントを投稿