2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(6)

 
Matthew, much to his own surprise, was enjoying himself. Like most quiet folks he liked talkative people when they were willing to do the talking themselves and did not expect him to keep up his end of it. But he had never expected to enjoy the society of a little girl. Women were bad enough in all conscience, but little girls were worse. He detested the way they had of sidling past him timidly, with sidewise glances, as if they expected him to gobble them up at a mouthful if they ventured to say a word. That was the Avonlea type of well-bred little girl. But this freckled witch was very different, and although he found it rather difficult for his slower intelligence to keep up with her brisk mental processes he thought that he "kind of liked her chatter." So he said as shyly as usual:


マシューは、その驚きが楽しくもあった。寡黙な人のほとんどがそうであるように、自分自身のことをすすんで話してくれて、マシューに会話を無理強いするようなことがない、おしゃべりな人が好きだったのだ。 だが小さな女の子の世界を楽しもうなんて、これっぽちも思わなかった。ご婦人方は苦手すぎるほどだったが、 女の子は特別に苦手だった。 彼は横目で一瞥されて、自分が恐る恐るのけ者にされるのが嫌だった。まるでなにかおしゃべりするくらいなら、 口の中を食べ物をもごもごさせていてくれたほうがましだといわんばかりに。これが典型的なアボンリーの育ちのよい少女だった。 だがこのそばかすのある女性はまったく違っていた。 それに彼のゆっくりした頭の回転では、彼女の快活とした心の動きにはついていくのはむしろ容易ではなかった 。彼の「好きなタイプのおしゃべり娘」だと思った。だからいつものように内気そうにいった。


detestひどく嫌う sidling横歩き timidlyシャイな、臆病な、内気な方法で、恐る恐る sidewise=sideays横に、はすかいに glance一見、一目 gobbleがつがつ食う fleckledそばかすのある witch魔女、女


"Oh, you can talk as much as you like. I don't mind." "Oh, I'm so glad. I know you and I are going to get along together fine. It's such a relief to talk when one wants to and not be told that children should be seen and not heard. I've had that said to me a million times if I have once. And people laugh at me because I use big words. But if you have big ideas you have to use big words to express them, haven't you?"


 「うん、好きなだけしゃべりなさい。わしは気にしとらんから」 「あら、とってもうれしいわ。私とあなたは 仲良くやっていけそうね。 おしゃべりしていいといわれたとき、子供が見聞きしないようなことをいわれないときは話していて安心なの。 とくに子供じみたことを言わない人なら。 わたし自身は一度しかいったことがないけど、百万回はいわれたわ。 それにわたしは大げさだと笑われるの。でも大きな 理想あれば言葉も大げさになるでしょう?」


"Well now, that seems reasonable," said Matthew. "Mrs. Spencer said that my tongue must be hung in the middle. But it isn't--it's firmly fastened at one end. Mrs. Spencer said your place was named Green Gables. I asked her all about it. And she said there were trees all around it. I was gladder than ever. I just love trees. And there weren't any at all about the asylum, only a few poor weeny-teeny things out in front with little whitewashed cagey things about them. They just looked like orphans themselves, those trees did. It used to make me want to cry to look at them. I used to say to them, `Oh, you poor little things! If you were out in a great big woods with other trees all around you and little mosses and Junebells growing over your roots and a brook not far away and birds singing in you branches, you could grow, couldn't you? But you can't where you are. I know just exactly how you feel, little trees.' I felt sorry to leave them behind this morning. You do get so attached to things like that, don't you? Is there a brook anywhere near Green Gables? I forgot to ask Mrs. Spencer that."


「さあ、どれ。 それが道理ってもんだよ」。マシューはそういうのだった。 「 スペンサー夫人は、舌を口の中で宙ぶらりんにしておきなさいっておっしゃたっわ。 だけどできないわ。だって、どっちか一方にしっかりくっついているんだもの。はなりはしないわ。 スペンサー夫人はあなたの行き先はグリーンゲーブルズよ、 といったわ。わたしはなんでもかんでも尋ねた。周りが木で囲まれたところよ、とおっしゃったわ。 わたしは何よりもうれしかった。だって木が好きだし。孤児院にはそんなものなかったから。そこは白一色で遠慮がちで、貧弱なちっぽけな木ばかりだった。その木はまるで孤児のようだったわ。 見てるだけで泣きたくなったわ。『ああ、 かわいそうな小さきものたちよ。もし広大な森の中にいくことができたら、根っこの辺りには コケやベリーがなって、小川が近くを流れ、枝 では鳥がさえずっているのよ。 きっと大きく育つにちがいないでしょ? でも今の居場所では無理よ。小さな木よ、どんなふうに感じているかはっきりわかるわ。 今朝は、あなたたちを置いてきて申し訳ない気持ちよ。そ んなものに愛情を感じることある? グリーンゲーブルズの辺りにも小川が流れているのかしら。 スペンサー夫人に確かめるのを忘れていたわ」


fasten結びつける、とめる weenyちっぽけな teenyちっちゃな whitewashed白く塗られた cagey注意深い、抜け目のない、遠慮がちな attached慕って、愛情を抱いて 


"Well now, yes, there's one right below the house." "Fancy. It's always been one of my dreams to live near a brook. I never expected I would, though. Dreams don't often come true, do they? Wouldn't it be nice if they did? But just now I feel pretty nearly perfectly happy. I can't feel exactly perfectly happy because--well, what color would you call this?" She twitched one of her long glossy braids over her thin shoulder and held it up before Matthew's eyes. Matthew was not used to deciding on the tints of ladies' tresses, but in this case there couldn't be much doubt.
"It's red, ain't it?" he said.


「さあ、どれ、そうだな。 家のすぐ下にあるよ」
「すてき。 小川の近くに暮らすのが夢だったの。まさか現実になるなんて。 夢ってなかなかかなわないものでしょ?それが かなうなんて素晴らしいことね。 もう少しで文句のないほど幸せな気持ちになるんだけど。でも完全にそうとは言い切れないの。そう ねえ、こんな気持ち、何色にあとえられるかしら?」
彼女はやせた肩にかかったつたつやしたお下げ髪の一本を引っ張った。 そしてマシューの目の前に差し出した。 マシューは婦人の編んだ髪を見ても、態度を決めかねた。 でもこの場合は疑問を挟む余地はなかった。
「赤い髪の毛だね」、思わずいったのだった。
 
glossyつややかな braidお下げ髪 tint色合い、ほのかな色 tress編んだ髪

0 件のコメント:

コメントを投稿