2013年10月6日日曜日

第一章 レーチェル・リンド夫人は驚いた(7)

"Well, Marilla, I'll just tell you plain that I think you're doing a mighty foolish thing--a risky thing, that's what. You don't know what you're getting. You're bringing a strange child into your house and home and you don't know a single thing about him nor what his disposition is like nor what sort of parents he had nor how he's likely to turn out. Why, it was only last week I read in the paper how a man and his wife up west of the Island took a boy out of an orphan asylum and he set fire to the house at night--set it on purpose, Marilla--and nearly burnt them to a crisp in their beds. And I know another case where an adopted boy used to suck the eggs--they couldn't break him of it. If you had asked my advice in the matter--which you didn't do, Marilla--I'd have said for mercy's sake not to think of such a thing, that's what."

「ねえマリラ。あなたがどんなに馬鹿げたことをしようとしているか簡単に説明してあげるわ。それは危険、そういうことよ。あなたは何をしようとしているかわかってないのよ。あなたは見も知らない子を屋敷と家庭に引き取ろうとしている。彼について何一つわかっちゃいないし、それどころかどんな性格で、どんな両親がいたか、どんなふうに成長するかもわからない。なぜかって、先週、新聞でこんな記事を読んだばかりなの。島の西部に住む夫妻が孤児院から少年を引き取った。その子は夜中、家に放火したの。マリラ、故意にしたのよ。ベッドの中で丸焦げになるところだったわ。他の話だって知ってる。結局、子どもを引き取ったものの釈迦に説法だったって。その人たちは悪さをやめさせられなかったの。もしそのことを聞いてくれれば-マリラ、あなたはそうしなかったわけだけど-後生だからそんなこと考えないで、っていったわ。そういうことなの」

disposition性質、性格、性癖 crispカリカリに焼ける suck eggs釈迦に説法 break ofやめさせる mercy's sake 後生だから

This Job's comforting seemed neither to offend nor to alarm Marilla. She knitted steadily on. "I don't deny there's something in what you say, Rachel. I've had some qualms myself. But Matthew was terrible set on it. I could see that, so I gave in. It's so seldom Matthew sets his mind on anything that when he does I always feel it's my duty to give in. And as for the risk, there's risks in pretty near everything a body does in this world. There's risks in people's having children of their own if it comes to that--they don't always turn out well. And then Nova Scotia is right close to the Island. It isn't as if we were getting him from England or the States. He can't be much different from ourselves."

このような慰留もマリラを怒らせたり、警告になったりはするようなことはなかった。彼女はどんどん編み物を続けるだけだった。
「レーチェル、あなたのいうことに一理あるのは否定しないわ。私にも不安はあった。でもマシューは驚くほど執心し始めたの。それがわかったから、任せることにしたわ。マシューが一大決心することなんて滅多にないから。折れるのが私になるなんて。危険があるといっても、生きている限りこの身体には危険がつきまとっているものだし。自分の子を持つことにだって危険は伴うじゃない。いい子に育つとはかぎらないんだし。それからノバスコシアはこの島のすぐ近くよ。英国や合衆国から引き取るわけではないのよ。私たちとはまったく違う性質の子に違いないわ」
 
comforting安楽をもたらす、心配から自由にさせる offend怒らせる、傷つける qualmとがめ、不安

"Well, I hope it will turn out all right," said Mrs. Rachel in a tone that plainly indicated her painful doubts. "Only don't say I didn't warn you if he burns Green Gables down or puts strychnine in the well--I heard of a case over in New Brunswick where an orphan asylum child did that and the whole family died in fearful agonies. Only, it was a girl in that instance."

「そうね、いい子に育つよう願ってるわ」。レーチェル夫人の返事には、痛々しいほど疑いの色が濃かった。「もしその子がグリーンゲーブルズに火をつけたり、井戸にストリキニーネを混ぜるようなことになっても、わたしが忠告しなかったなんて言わないでね。ニューブランズウィックで孤児院の子がそんなことをして、家族がおそろしいほどもがき苦しんで死んだ話を聞いたものだから。もっとも女の子だったのだけど」

strychnineストリキニーネ agonyもがき、苦しみ
 
"Well, we're not getting a girl," said Marilla, as if poisoning wells were a purely feminine accomplishment and not to be dreaded in the case of a boy. "I'd never dream of taking a girl to bring up. I wonder at Mrs. Alexander Spencer for doing it. But there, she wouldn't shrink from adopting a whole orphan asylum if she took it into her head."
 
「ねえ、女の子を引き取るんじゃないのよ」。毒を混ぜるなんて女の子のやることみたいだし、男の子ならそんなこと恐れる必要がない。マリラはそう言いたげだった。「女の子を引き取って育てようなんて夢にも思わない。アレクサンダー・スペンサー夫人が女の子を引き取ったということは頭の中にあるけど。でも、あの人は思い描いているような子どもを、孤児院中から探すのをいといはしないでしょう」
 
dread恐れる shrink from避ける
『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング

0 件のコメント:

コメントを投稿