2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(7)

The girl let the braid drop back with a sigh that seemed to come from her very toes and to exhale forth all the sorrows of the ages.
 
少女はため息とともに髪の毛を背中に再びたらした。ため息は、 この年頃のすべての悲しみをつま先の先端からその先へ吐き出すかのようだった。
 
exhale吐き出す forth前へ
 
"Yes, it's red," she said resignedly. "Now you see why I can't be perfectly happy. Nobody could who has red hair. I don't mind the other things so much--the freckles and the green eyes and my skinniness. I can imagine them away. I can imagine that I have a beautiful rose-leaf complexion and lovely starry violet eyes. But I cannot imagine that red hair away. I do my best. I think to myself, `Now my hair is a glorious black, black as the raven's wing.' But all the time I know it is just plain red and it breaks my heart. It will be my lifelong sorrow. I read of a girl once in a novel who had a lifelong sorrow but it wasn't red hair. Her hair was pure gold rippling back from her alabaster brow. What is an alabaster brow? I never could find out. Can you tell me?"
 
「そう、赤よ」。少女はあきらめめ顔でいった。 「どうしてわたしが本当の幸せがえられないのか、これで分かったでしょう。ほかのことは全然気にならないわ。そばかすとか、緑の瞳とか、やせていることは。そんなものはないものと思ってしまえばいい。わたしには美しいバラが備わっていると空想するの。花びらのようなつや、美しく、星のように光る、すみれ色の瞳。でも赤毛がどこかへ消え去ることなんて想像できないわ。やるだけやってみたの。自分にいい聞かせてみたわ。『さあわたしの髪は輝くような黒髪よ。ワタリガラスの羽のように真っ黒よ』ってね。でもいつだって、わたしの髪の毛はただの赤だと気づいて、傷つくだけなの。これは一生の悲しみだわ。 一生悲しみを負って生きる少女の小説を読んだことがあ るわ。でも赤毛じゃなかったの。その髪の毛は、本当に波打つような金色なの。それが雪花せっこうのような眉毛から続いているの。雪花せっこうのような眉毛ってどういうものなの?全然わからないわ。教えてくださらない?」
 
resignedlyあきらめて、仕方なく complexion肌のつや starry星のように光る、キラキラ光る ravenワタリガラス rippling波打つ alabaster雪花せっこう brow眉毛

"Well now, I'm afraid I can't," said Matthew, who was getting a little dizzy. He felt as he had once felt in his rash youth when another boy had enticed him on the merry-go-round at a picnic.

「さあ、どれ、そんなこと教えられないよ」。そういったマシューは少しめまいがしてきていた。彼はまだ分別のできていなかった若かりしころ、ピクニックで友人にそそのかされてメリーゴーラウンドにのったときのような気分を思い出していた。

dizzyめまいがする rash気の早い、無分別な、無謀な enticeそそのかして~させる

"Well, whatever it was it must have been something nice because she was divinely beautiful. Have you ever imagined what it must feel like to be divinely beautiful?" "Well now, no, I haven't," confessed Matthew ingenuously. "I have, often. Which would you rather be if you had the choice--divinely beautiful or dazzlingly clever or angelically good?"

「そうね。なんであろうと、素敵だったにちがいないわ。だって、その子は神様のように美しかったんだもの。神様のような美しさって、どんなものだか想像したことがあるかしら」 「さあ、どれ。ないな」。マシューは率直に答えた。 「わたしはよくあるんだけど。もし選べるとしたらどっちがいい?神様のような美しさか、目もくらむような賢さか、天使のようないい子になるか」

divinely神のように ingenuously率直な態度で dazzlingly見る人の目をくらませる angelically天使のように

"Well now, I--I don't know exactly."

「さあ、どれ、はっきり分からんな」
 
"Neither do I. I can never decide. But it doesn't make much real difference for it isn't likely I'll ever be either. It's certain I'll never be angelically good. Mrs. Spencer says--oh, Mr. Cuthbert! Oh, Mr. Cuthbert!! Oh, Mr. Cuthbert!!!"
 
「どれでもないわ。だって選べないもの。でもどれを選んでも、本当はたいした違いはないわ。わたしが天使のようにいい子ではないのは確かよ。スペンサー婦人はきっとこういうわ。ああ、カスバートさん!ああ、カスバートさん!!ああ、カスバートさん!!!って」

0 件のコメント:

コメントを投稿