2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(8)

That was not what Mrs. Spencer had said; neither had the child tumbled out of the buggy nor had Matthew done anything astonishing. They had simply rounded a curve in the road and found themselves in the "Avenue."
 
それはスペンサー夫人の言葉ではなかった。その子は荷車から転げ落ちることもなかったし、マシューはなにも驚きはしなかった。二人はただカーブを曲がっていった。そして「並木道」にさしかかったことに気づいた。
 
tumble転ぶ、転落する astonishing驚くばかりの、目覚しい
 
The "Avenue," so called by the Newbridge people, was a stretch of road four or five hundred yards long, completely arched over with huge, wide-spreading apple-trees, planted years ago by an eccentric old farmer. Overhead was one long canopy of snowy fragrant bloom. Below the boughs the air was full of a purple twilight and far ahead a glimpse of painted sunset sky shone like a great rose window at the end of a cathedral aisle.
 
ニューブリッジの人たちが「並木道」と呼ぶのは400から500ヤードほどに伸びた道路 である。 何年も前に風変わりな年老いた農夫が、広大に育ったリンゴの木を、本当にアーチをかけるように植えたのだった。
 
arch overアーチを形成する eccentric奇人、変人

Its beauty seemed to strike the child dumb. She leaned back in the buggy, her thin hands clasped before her, her face lifted rapturously to the white splendor above. Even when they had passed out and were driving down the long slope to Newbridge she never moved or spoke. Still with rapt face she gazed afar into the sunset west, with eyes that saw visions trooping splendidly across that glowing background. Through Newbridge, a bustling little village where dogs barked at them and small boys hooted and curious faces peered from the windows, they drove, still in silence. When three more miles had dropped away behind them the child had not spoken. She could keep silence, it was evident, as energetically as she could talk.

その美しさは言葉を失わせるほど子供心に響いた。少女 は荷台のうえでのけぞりかえった。そして細い手を握り締めた。有頂天になって、白く輝く頭上に顔を上げた。 ニューブリッジへ続く長い坂を通り過ぎ、下っていくしばらくの間でさえ、少女 は身動きすることも口を聞くこともなかった。うっとりした表情のまま、少女 はまだ西の空に沈むはるかな夕日にみいっていた。その 視線は明るんでいく遠景を優雅に動くようだった。小さいが騒がしい、 ニューブリッジの村を通り過ぎる間、犬にほえられたり、 少年たちからはやし立てられたり、窓からは好奇に満ちた表情で凝視されたりした。それでも黙ったまま、二人は馬車を走らせた。それらを後にして3マイルほど進んだが、少女は何もしゃべらなかった。彼女はじっと黙っていた。 話したなくて仕方ないのは、はっきりしていたのに。

dumbもののいえない、口のきけない lean backのけぞりかえる rapturously有頂天になって splendor輝き、華麗 raptうっとりした afarはるかに、遠くに troop隊を組んで歩く、ぞろぞろ行く bustlingせわしい、騒がしい hootやじる、はやし立てる peerじっと見る、凝視する

"I guess you're feeling pretty tired and hungry," Matthew ventured to say at last, accounting for her long visitation of dumbness with the only reason he could think of. "But we haven't very far to go now--only another mile."

「たいそう疲れて、腹が減ったようだね」。マシューはとうとう、思い切って口を開いた。長く沈黙していたのを観察した結果、彼に思いついたたった一つの理由がそれだった。「でもまだ目的地までちっとも進んでいないんだ。まだ数マイルだけだよ」

venture思い切って試みる visitation視察 dumbness無言症

She came out of her reverie with a deep sigh and looked at him with the dreamy gaze of a soul that had been wondering afar, star-led.

少女は深いため息とともに幻想から覚めた。星に導かれるように遠くをさまよう心の底から、夢見るような熱いまなざしを彼のほうに向けた。

reverie幻想、夢想 gaze熟視、凝視

"Oh, Mr. Cuthbert," she whispered, "that place we came through--that white place--what was it?" "Well now, you must mean the Avenue," said Matthew after a few moments' profound reflection. "It is a kind of pretty place."

「ああカスバートさん」。少女はささやいた。「 わたしたちが通り過ぎた、あの白く輝く場所はなんというの?」 「さあ、どれ、並木道 のことかい」。マシューがはっきりと返事をしたのは しばらくしてからだった。「すてきなところだとは思うがね」

"Pretty? Oh, pretty doesn't seem the right word to use. Nor beautiful, either. They don't go far enough. Oh, it was wonderful--wonderful. It's the first thing I ever saw that couldn't be improved upon by imagination. It just satisfies me here"--she put one hand on her breast--"it made a queer funny ache and yet it was a pleasant ache. Did you ever have an ache like that, Mr. Cuthbert?"
"Well now, I just can't recollect that I ever had."
 
「すてき?ああ、すてき、というのはふさわしくないわ。 美しい、でもないし。まだそこからそれほど遠くはないわね。ああ、すばらしい、すばらしいよ。空想をもってしても、これ以上 の景色にならない場所なんて初めてだわ。ここにいるだけで大満足よ」。少女は胸の上に片方の手を置いた。「妙な、おかしな胸の痛みなの。愉快な痛みでもあるわ。カスバートさん、こんな痛みを感じたことがある?」
「さあ、どれ、そんなことがあったか、ちょっと思い出せないな」
 
queer風変わりな、妙な、変な、ふらふらする funnyおかしい、滑稽な、妙な ache痛み、むずむずする

0 件のコメント:

コメントを投稿