2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(9)

"I have it lots of time--whenever I see anything royally beautiful. But they shouldn't call that lovely place the Avenue. There is no meaning in a name like that. They should call it--let me see--the White Way of Delight. Isn't that a nice imaginative name? When I don't like the name of a place or a person I always imagine a new one and always think of them so. There was a girl at the asylum whose name was Hepzibah Jenkins, but I always imagined her as Rosalia DeVere. Other people may call that place the Avenue, but I shall always call it the White Way of Delight. Have we really only another mile to go before we get home? I'm glad and I'm sorry. I'm sorry because this drive has been so pleasant and I'm always sorry when pleasant things end. Something still pleasanter may come after, but you can never be sure. And it's so often the case that it isn't pleasanter. That has been my experience anyhow. But I'm glad to think of getting home. You see, I've never had a real home since I can remember. It gives me that pleasant ache again just to think of coming to a really truly home. Oh, isn't that pretty!"
 
「すばらしく美しいものをみると、いつもこんな気持ちになるの。でも、こんな素敵な場所を並木道なんて呼ぶべきじゃないわ。こんな名前、なんの意味もないわ。そうね、こんなふうに呼ばなきゃ。喜びの白い道よ。想像力豊かで、すてきな名前でしょ?場所や人の名前が気に入らないときは、 いつも新しい名前を想像してみたり、そんなことを考えたりするの。孤児院にヘプジバ・ジェンキンスという名前の女の子がいたわ。でもわたしは心の中で、ロザリア・デベールと呼んでいたの。ほかの人たちはこの場所を並木道と呼ぶのだろうけど、わたしはいつも喜びの白い道と呼ぶわ。本当におうちまで数マイルしか進んでいないの?うれしいけど悲しいわ。だってこの旅はとっても楽しいから。でも楽しいことに終わりがあるのは悲しいわ。楽しいことはまだまだ続くのかもしれない。でもあなたにもきっと分からないわよね。そしてたいていの場合、それほど楽しいことでもないの。これはとにかく、わたしの経験からいうのだけど。でもおうちに着くと思うとうれしいわ。お分かりでしょう?だって思い出せる限り、本当のおうちに暮らした記憶なんてないもの。本当に、本当のおうちに住めると思うだけで、幸せな痛みがするの。ああ、すてきなことじゃない!」
 
royallyすばらしく come after続く、後に来る、追いかけてくる
 
They had driven over the crest of a hill. Below them was a pond, looking almost like a river so long and winding was it. A bridge spanned it midway and from there to its lower end, where an amber-hued belt of sand-hills shut it in from the dark blue gulf beyond, the water was a glory of many shifting hues--the most spiritual shadings of crocus and rose and ethereal green, with other elusive tintings for which no name has ever been found. Above the bridge the pond ran up into fringing groves of fir and maple and lay all darkly translucent in their wavering shadows. Here and there a wild plum leaned out from the bank like a white-clad girl tip-toeing to her own reflection. From the marsh at the head of the pond came the clear, mournfully-sweet chorus of the frogs. There was a little gray house peering around a white apple orchard on a slope beyond and, although it was not yet quite dark, a light was shining from one of its windows.
 
二人は丘の頂上までたどり着いた。見下ろすと沼があった。長くて、 まがりくねった様子からほとんど川のように見えた。真ん中に橋がかけられていた。手前からずっと先の方へ、向こうの暗い青の湾口部から琥珀色の 砂丘が取り巻いていた。水面 は多彩な色に輝き、クロッカスやバラそして薄い緑、 名前の付けようのない神秘的な色合いが混ざり合っていた。橋をこえると、その沼はモミやカエデの小さな森のなかへと伸びていた。そして暗く、透き通った光が、波打つような影にさしていた。 そこかしこに、岸辺から野生のプラムがなっていた。つま先立ちで水面に映った姿を踏む、 白い服の少女のようだった。 沼の先端部の沼地から、カエルの悲しげで優しげな合唱がはっきりと聞こえてきた。 白いりんごの果樹園に囲まれた小さなグレーの家が傾斜の下に建っていた 。まだどれほど暗くなっていなかったが、窓明かりが輝いていた。
 
crest頂上、山頂、とさか spanかかっている、及ぶ、広がる amberこはく hued~色の shut in取り巻く shading濃淡、影 ethereal空気のような、希薄な elusiveわかりにくい、つまえどころのない tintings色合い、ほのかな色  grove小さい森 translucent半透明の、光を通す bank土手、堤防 clad着た、覆われた tiptoeつま先で歩く、つま先で marsh沼地 mournfully悲しげに peer現れる、見えてくる
 
"That's Barry's pond," said Matthew.
"Oh, I don't like that name, either. I shall call it--let me see--the Lake of Shining Waters. Yes, that is the right name for it. I know because of the thrill. When I hit on a name that suits exactly it gives me a thrill. Do things ever give you a thrill?" Matthew ruminated.

「あれがバリーの池だよ」  。マシューは名前を教えてあげた。 「ああ、その名前も嫌よ。わたしはこう呼ぶわ。そうね。 輝く水の湖よ。そう、それこそふさわしい名前よ。 わくわくするから、そんな名前を思いついたの。ぴったりの名前を思いついたときって、わくわくするの。 わくわくすることってある?」。 マシューはよく考えてみた。

ruminate沈思黙考する、思い巡らす、よく考える

"Well now, yes. It always kind of gives me a thrill to see them ugly white grubs that spade up in the cucumber beds. I hate the look of them." "Oh, I don't think that can be exactly the same kind of a thrill. Do you think it can? There doesn't seem to be much connection between grubs and lakes of shining waters, does there? But why do other people call it Barry's pond?"

「さあ、どれ、そうだな。白い汚らしいうじ虫が、キュウリの寝床に穴を開けるのを見たときはいつもドキドキするよ。 見るのも嫌だな」 「ああ、 同じようなドキドキはやっぱり感じないのね。そんな気持ちになることあるかしら。 白いうじ虫と輝く水の湖には何の関係もないでしょ。 でもどうしてみんなはバリーの池と呼ぶの?」

grubsうじ spade掘る

"I reckon because Mr. Barry lives up there in that house. Orchard Slope's the name of his place. If it wasn't for that big bush behind it you could see Green Gables from here. But we have to go over the bridge and round by the road, so it's near half a mile further."
 
「近くのあそこの家にバリーさんが住んでいるからだと思うな。坂の果樹園があの人の屋号さ。あの家の裏に大きな茂みがなければ、ここからグリーンゲーブルズが見えるはずさ。だけど、わしらは橋を渡って道なりにいかなくちゃ。そうさな、あと半マイルってところかな」
 
bushしげみ

0 件のコメント:

コメントを投稿