2013年10月9日水曜日

CHAPTER II Matthew Cuthbert is surprised(1) 第二章 マシュー・カスバートは驚いた(1)

Matthew Cuthbert and the sorrel mare jogged comfortably over the eight miles to Bright River. It was a pretty road, running along between snug farmsteads, with now and again a bit of balsamy fir wood to drive through or a hollow where wild plums hung out their filmy bloom. The air was sweet with the breath of many apple orchards and the meadows sloped away in the distance to horizon mists of pearl and purple; while

  "The little birds sang as if it were          The one day of summer in all the year."
 
マシュー・カスバートと栗毛色の雌馬はブライトリバーまでの8マイルをゆっくりと快適に進んだ。気持ちのいい田園をいくきれいな道だった。時折、ホウセンカのまじったモミの木や薄色の花に野生のプラムがなったくぼ地を通り抜けた。たくさんのリンゴ園や、真珠色と紫色の霧がかかったはるか地平線まで続く牧草地の空気は甘い香りがした。
「小鳥達は歌っていた。まるでこの日が一年でたった一日の夏の日であるかのように」

jogごとごと揺れながら進む、ゆっくりいく snug居心地のいい、気持ちのいい farmsteads農場 now and againときどき balsamyホウセンカ filmy薄膜のような、かすんだ meadow牧草地

Matthew enjoyed the drive after his own fashion, except during the moments when he met women and had to nod to them-- for in Prince Edward island you are supposed to nod to all and sundry you meet on the road whether you know them or not.

マシューはこんな調子で旅を楽しんだ。婦人たち に会って、うなずいてみせなければならないときを除いては。その人のことを知っているかどうかに関わらず、 プリンスエドワード島では道で行き違うありとあらゆる人に会釈をしたものだった。

all and sundryありとあらゆる人

Matthew dreaded all women except Marilla and Mrs. Rachel; he had an uncomfortable feeling that the mysterious creatures were secretly laughing at him. He may have been quite right in thinking so, for he was an odd-looking personage, with an ungainly figure and long iron-gray hair that touched his stooping shoulders, and a full, soft brown beard which he had worn ever since he was twenty. In fact, he had looked at twenty very much as he looked at sixty, lacking a little of the grayness.

マシューはマリラとレーチェル夫人以外のあらゆる女性をおそれていた。摩訶不思議 な生物が密かに自分のことを笑い者にしていると思うと居心地が悪かった。 彼がそう感じるのも仕方なかったかもしれない。彼の見かけは風変わりで、格好は見苦しく、なで肩に鉄のような灰色の長髪がかかっていた。そして 二十歳のころからそったことのない、茶色のひげでぼうぼうになっていた。老成とは巣こち違うが、実際のところ 彼は60歳なのに20歳はふけてみえた。

odd風変わりな ungainly見苦しい、ぶざまな iron-gray鉄灰色の stooping背中と肩を丸くする grayness円熟していること、老成していること

When he reached Bright River there was no sign of any train; he thought he was too early, so he tied his horse in the yard of the small Bright River hotel and went over to the station house. The long platform was almost deserted; the only living creature in sight being a girl who was sitting on a pile of shingles at the extreme end. Matthew, barely noting that it was a girl, sidled past her as quickly as possible without looking at her. Had he looked he could hardly have failed to notice the tense rigidity and expectation of her attitude and expression. She was sitting there waiting for something or somebody and, since sitting and waiting was the only thing to do just then, she sat and waited with all her might and main.

ブライトリバーに着いたが、列車の来る予定はなかった。彼は 早く着きすぎたのだと思った。それで 小さなブライトリバーホテルの庭に馬をつないで、それから駅舎に向かった。長いホームは荒れ放題といってよかった。人影はなかった。 視界に映るものといえば一番はしっこのこけら板の山に座っている女の子だけだっ た。マシューは女の子のことをまったく気にとめていなかった。それでその子の方は見ないように半身で通り過ぎた。一目見ていれば、その子の張り詰めた一途な心、期待に胸を膨らませている 態度やしぐさに気づかないことはなかっただろう。その子 はなにかを、もしくはだれかを待って座っていたのだ。ただできることといえば、座って待ち続けるだけだったのだから。なるだけ辛抱づよく座って、待った。

pile山、積み重ね shingleこけら板、石綿板 sidle体を横にして歩く、こそこそ行く tense張り詰めた rigidityがんこさ might and mainうんと、力いっぱい、どしどし

Matthew encountered the stationmaster locking up the ticket office preparatory to going home for supper, and asked him if the five-thirty train would soon be along.

マシューは食事のため帰り支度をしていた駅長に会って、5時半の 列車はもうすぐ来るのかと尋ねた。

"The five-thirty train has been in and gone half an hour ago," answered that brisk official. "But there was a passenger dropped off for you--a little girl. She's sitting out there on the shingles. I asked her to go into the ladies' waiting room, but she informed me gravely that she preferred to stay outside. `There was more scope for imagination,' she said. She's a case, I should say."

「5時半の列車ならとっくについて、半時間前に行ってしまいましたよ」。駅長は朗らかに答えた。「ところでお客さんが、旦那のためにと小さな女の子をおろしていきました。ほら、そこのこけら板に 座っていますよ。婦人 用の待合室に入って待ちなさいといったのに外で待っているほうがいいというんです。『空想の望遠鏡があるの 』。そんなことをいっておりましたな。その子の勝手、 というしかありませんわ」

"I'm not expecting a girl," said Matthew blankly. "It's a boy I've come for. He should be here. Mrs. Alexander Spencer was to bring him over from Nova Scotia for me."

「女の子とは思わなんだ」。 マシューは呆然としていた。「男の子をつれて帰るためにきたのに。 ここにいるはずだったんだ。アレキサンダー・ スペンサー夫人はノバスコシアから男の子を連れてくるはず だったのに」

The stationmaster whistled.

駅長はピーと笛を吹いた。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

0 件のコメント:

コメントを投稿