2013年10月11日金曜日

CHAPTER III Marilla Cuthbert is Surprised 第三章 マリラ・カスバートは驚いた(1)

Marilla came briskly forward as Matthew opened the door. But when her eyes fell of the odd little figure in the stiff, ugly dress, with the long braids of red hair and the eager, luminous eyes, she stopped short in amazement.
 
マシューがドアを開けると、マリラが待ちに待ったように出てきた。 だか、ひどく薄汚れた服装で、赤い髪の毛を編み、強く輝くような瞳をした風変わりな子どもの姿に、彼女の視線は落ちた。しばらくの間、唖然としてしまった。
 
stiff堅苦しい、ぎこちない、とんでもない、ひどい luminous光輝く、明るい in amazement愕然として、唖然として
 
"Matthew Cuthbert, who's that?" she ejaculated. "Where is the boy?" "There wasn't any boy," said Matthew wretchedly. "There was only her." He nodded at the child, remembering that he had never even asked her name. "No boy! But there must have been a boy," insisted Marilla. "We sent word to Mrs. Spencer to bring a boy." "Well, she didn't. She brought her. I asked the station-master. And I had to bring her home. She couldn't be left there, no matter where the mistake had come in."

「 マシュー・カスバート、これは誰だい」。彼女は不意に叫んだ。「 男の子はどこにいるのさ?」 「男の子はどこにもいないよ」。マシューはあわれにもそう答えるしかなかった。「この女の子 しかいないんだよ」彼は少女のほうを向いてうなずいた。 そういえば少女の名前を聞いていなかったのを思い出した。 「 男の子じゃないなんて!でも男の子がくるはずだったのよ」。 マリラはいいはった。「 スペンサー夫人に男の子をお願いしたはずよ」 「ああ、あの人はそうしなかったんだ。 この女の子をよこしたのさ。 駅長に聞いたよ。それでこの子を家に連れて帰るしかなかった。どんな手違いがあったとしても、そのまま置いておけないからさ」

ejaculate不意に叫びだす wretchedlyあわれなさまで

"Well, this is a pretty piece of business!" ejaculated Marilla. During this dialogue the child had remained silent, her eyes roving from one to the other, all the animation fading out of her face. Suddenly she seemed to grasp the full meaning of what had been said. Dropping her precious carpet-bag she sprang forward a step and clasped her hands.

「ああ、これは本当に厄介なことになったわ!」。 マリラは叫んだ。 このやり取りの間、少女は黙ったままだった。視線 はあちこちをさまよっていた。 表情から生気が消えていた。その刹那、 二人が何を言い合っていることの意味がすべてわかった。少女は 大切な旅行かばんをおいて、一歩踏み込むと、手を握りしめた。

piece of business厄介なこと roveうろつく、きょろきょろする animation生気、活気 springすばやく飛ぶ、はねる  

"You don't want me!" she cried. "You don't want me because I'm not a boy! I might have expected it. Nobody ever did want me. I might have known it was all too beautiful to last. I might have known nobody really did want me. Oh, what shall I do? I'm going to burst into tears!"
 
「ほしかったのはわたしではなかったのね!」。少女は叫んだ。「 わたしが男の子じゃないからほしくないんでしょ!こんなことになると思った わ。これまでも誰にも望まれなかったから。こんなすばらしい出来事が続くわけなかったのよ。本当に 誰もわたしを望みはしないことは、わかっていたことなのよ。ああ、 どうすればいいの。どんどん涙があふれてくるわ!」
 
Burst into tears she did. Sitting down on a chair by the table, flinging her arms out upon it, and burying her face in them, she proceeded to cry stormily. Marilla and Matthew looked at each other deprecatingly across the stove. Neither of them knew what to say or do. Finally Marilla stepped lamely into the breach.
"Well, well, there's no need to cry so about it."

本当に涙がこぼれた。テーブルのそばのいすに座ると、テーブルに腕を投げ出して、 顔を沈めた。嵐のように泣きはじめた。 マリラとマシューはストーブを挟んでお互いをたしなめるように見合っていた。二人ともどういえばいいのか、または 黙っていたほうがいいのかわからなかった。 ついにマリラがぎこちなさそうに、救いの手を差し伸べた。 「まあまあ、こんなことでそう泣くのはおよし」

fling投げ飛ばす、激しく動かす、陥らせる、動かす deprecatingly非難するように、たしなめるように lamely弱くて疑問が残る様子で step into the breach救いの手を差し伸べる

"Yes, there is need!" The child raised her head quickly, revealing a tear-stained face and trembling lips. "You would cry, too, if you were an orphan and had come to a place you thought was going to be home and found that they didn't want you because you weren't a boy. Oh, this is the most tragical thing that ever happened to me!"

「いいえ、泣かずにいられないわ!」。 少女はさっと顔をあげた。涙のあとと、唇が震えているのがわかった。「あなたも孤児だったら泣いているわ。自分のおうちになると思ってきたところまでやってきて、男の子じゃないからいらないなんてわかったら。ああ、 こんな悲劇が襲ったことは一度だってなかったわ!」

Something like a reluctant smile, rather rusty from long disuse, mellowed Marilla's grim expression. "Well, don't cry any more. We're not going to turn you out-of-doors to-night. You'll have to stay here until we investigate this affair. What's your name?"
The child hesitated for a moment.
 
どこか気乗りしない微笑みが、 マリラの厳しい言葉遣いを和らげた。優しい言葉など、長らく使っていなかったのでさびついてしまったかのようだった。
「まあ、もう泣くのはおやめ。 あなたを今晩、外におっぽり出すようなことはしないわ。事情を調べてみるまで、ここにいなさい。ところで名前はなんていうの」
少女はしばらくためらっていた。
 
reluctantしぶしぶの rustyさびついた mellow上機嫌にさせる

0 件のコメント:

コメントを投稿