2013年10月6日日曜日

CHAPTER I Mrs. Rachel Lynde is Surprised(1) 第一章 レーチェル・リンド夫人は驚いた(1)

Mrs. Rachel Lynde lived just where the Avonlea main road dipped down into a little hollow, fringed with alders and ladies' eardrops and traversed by a brook that had its source away back in the woods of the old Cuthbert place; it was reputed to be an intricate, headlong brook in its earlier course through those woods, with dark secrets of pool and cascade; but by the time it reached Lynde's Hollow it was a quiet, well-conducted little stream, for not even a brook could run past Mrs. Rachel Lynde's door without due regard for decency and decorum; it probably was conscious that Mrs. Rachel was sitting at her window, keeping a sharp eye on everything that passed, from brooks and children up, and that if she noticed anything odd or out of place she would never rest until she had ferreted out the whys and wherefores thereof.


レーチェル・ リンド夫人はアボンリーの目抜き通りが少しくぼ地になって、ハンノキやフクシャが茂り、 かつてのカスバート家の敷地のすぐ裏側の森から流れ出る小川が横切る所に暮らしていた 。その森を通り抜ける上流部は入り組んでいて、まっさかさまに流れ落ちると評判で、 暗く見えないよどみや滝があった。 だがリンド夫人のくぼ地にくるころには、 静かで整然とした小さな流れになっていた。 小川でさえも、きちんとして礼儀正しくしていないと、レーチェル夫人の玄関を通り抜けることはできない。それはおそらくレーチェル夫人が窓際に座って小川から子どもまで目の前を通り過ぎるものすべてに鋭く見つめており、そしてまるで、なぜどういった理由で、と答えを捜し出すまで不安でたまらなくなる奇妙で場違いなものに、彼女が気づいてしまうのではないか、と気にかけていたからだろう。


dipちょっと浸す、もぐる、沈む hollowうつろの、中空の、くぼんだ、こけた fringedへり、房で飾る alderハンノキladies' eardropsフクシャ traverse横切る、通過する intricate入り組んだ、複雑な headlongまっさかさまに、あわてふためいて cascade小滝 well-conductedきちんと運営された decencyきちんとしていること、人並みの decorum礼儀正しさ odd変な、妙な、片方の ferret捜し出す whereforeどんな理由で thereofそれについて


There are plenty of people in Avonlea and out of it, who can attend closely to their neighbor's business by dint of neglecting their own; but Mrs. Rachel Lynde was one of those capable creatures who can manage their own concerns and those of other folks into the bargain. She was a notable housewife; her work was always done and well done; she "ran" the Sewing Circle, helped run the Sunday-school, and was the strongest prop of the Church Aid Society and Foreign Missions Auxiliary. Yet with all this Mrs. Rachel found abundant time to sit for hours at her kitchen window, knitting "cotton warp" quilts--she had knitted sixteen of them, as Avonlea housekeepers were wont to tell in awed voices--and keeping a sharp eye on the main road that crossed the hollow and wound up the steep red hill beyond. Since Avonlea occupied a little triangular peninsula jutting out into the Gulf of St. Lawrence with water on two sides of it, anybody who went out of it or into it had to pass over that hill road and so run the unseen gauntlet of Mrs. Rachel's all-seeing eye.


アボンリーはさまざまな人が暮らし、そして輩出してきた町だ。 彼らは自分のことはそっちのけで隣人のことに世話を焼く人たちだった。 レーチェル・ リンド夫人は自分自身のことにくわえて、他人のことにまできちんと世話をする偉大な人間だった。彼女は知られた婦人だった。 どんなこともできた、いや、よくできた。手芸サークルを主宰していた。 日曜学校の運営も手伝っていた。 そして教会援助会と海外伝導補助会の強力な支持者であった。 それでもなお、レーチェル夫人は台所の窓際に長い時間座って、「綿の縦糸」のキルトを縫い上げていた-これまでに十六の作品を仕上げた。 それについてアボンリーの主婦たちは嘆声をあげたものだった-。くぼ地を横切って、赤い丘の険しい下り坂の終わりとなる目抜き通りに鋭い視線をそそいでいた。二か所から川がそそぐ、セントローレンス湾に突き出た小さな三角地帯にアボンリーができてからというもの、そこに出入りするものは誰しもその丘の道をとおって、そして何でもお見通しのレーチェル夫人に厳しい批評された。


by dint of~の力によって folk人々、田舎町の人 into the bargainそのうえ prop支え、支持者 Auxiliary補助者、補助団体、夫人準会員団 abundant豊富な warpゆがみ、縦糸 wont慣れて、常として awed畏敬の念、おそろしい驚嘆 wind up巻く、引き締める、たたむ、結ぶ、終わりにする steep急勾配の、険しい、激しい triangular三角形の jutting突き出た run the gauntlet厳しい攻撃(批評)を受ける
『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング

0 件のコメント:

コメントを投稿