2013年10月16日水曜日

CHAPTER IV Morning at Green Gables(1) 第四章 グリーンゲーブルズの朝(1)

It was broad daylight when Anne awoke and sat up in bed, staring confusedly at the window through which a flood of cheery sunshine was pouring and outside of which something white and feathery waved across glimpses of blue sky.

アンが目覚めてベッドで身を起こすと朝日がいっぱいにあふれていた。明るい光がいっぱいにそそぎ、その外には白くふんわりとした雲がたなびく見渡す限りの青空。それらを映し出す窓を途方にくれたように見つめていた。

broadいっぱいにあふれた confusedly途方にくれて、ろうばいして cheery陽気な、元気のいい featheryふわっとした

For a moment she could not remember where she was. First came a delightful thrill, as something very pleasant; then a horrible remembrance. This was Green Gables and they didn't want her because she wasn't a boy!

しばらくの間、少女は自分がどこにいるのか思い出すことができなかった。 最初に訪れたのは、とても愉快なことが起きそうだという、喜びに満ちたわくわくした気持ちだった。 それから、ぞっとするような記憶がおそってきた。 ここはグリーンゲーブルズで、男の子ではないという理由で望まれていないのだ 。

horribleおそろしい、ぞっとするほどいやな  remembrance記憶

But it was morning and, yes, it was a cherry-tree in full bloom outside of her window. With a bound she was out of bed and across the floor. She pushed up the sash--it went up stiffly and creakily, as if it hadn't been opened for a long time, which was the case; and it stuck so tight that nothing was needed to hold it up. Anne dropped on her knees and gazed out into the June morning, her eyes glistening with delight. Oh, wasn't it beautiful? Wasn't it a lovely place? Suppose she wasn't really going to stay here! She would imagine she was. There was scope for imagination here.

それでも朝がやってきた。そして、そう。窓の外では桜が満開だった。少女 は一足飛びにベッドから出ると、床をわたった。そして サッシ窓を押し上げた。長い間、 開けられなかったようにかたくて、きしんだ。この場合は、押し上げる必要もなかったので、かたく固定されていたのだ。アンはひざまずいて、6月の朝に見入った。 彼女の目は喜びできらきら輝いていた。ああ、なんて美しいではないか。 素敵なところなではないか。本当に、この少女はここに住むことがないなんて!少女 は自分がここで暮らせたら、と思った。 ここには空想をかきたてる鏡があった。

with a bound一足飛びに stifflyかたい creakilyきしむ stickはる、くっつける dropped on one's kneesひざまずいて glistenきらきら輝く

A huge cherry-tree grew outside, so close that its boughs tapped against the house, and it was so thick-set with blossoms that hardly a leaf was to be seen. On both sides of the house was a big orchard, one of apple-trees and one of cherry-trees, also showered over with blossoms; and their grass was all sprinkled with dandelions. In the garden below were lilac-trees purple with flowers, and their dizzily sweet fragrance drifted up to the window on the morning wind.

外には大きな桜の木が植わっていた。あまりにも近いので、その大きな枝が家に届くほどだった。そして 葉が見えないほどに花が咲き乱れていた。ああ、家の両側は大きな果樹園になっていた。一方 はリンゴ園で、もう一方は桜の園だった。 両方とも花が咲き誇っていた。草の中にはところどころタンポポが見えた。 庭の下には紫の花がついたライラックの木があった。目がくらむほどの甘い 香りが、朝の風に乗って窓までのぼってきた。

bough大枝 thick-set濃密な、繁茂した sprinkle撒き散らす、散在させる dizzily目がくらむほど  

Below the garden a green field lush with clover sloped down to the hollow where the brook ran and where scores of white birches grew, upspringing airily out of an undergrowth suggestive of delightful possibilities in ferns and mosses and woodsy things generally. Beyond it was a hill, green and feathery with spruce and fir; there was a gap in it where the gray gable end of the little house she had seen from the other side of the Lake of Shining Waters was visible.

庭の下のクローバーがしげった芝生は、 小川が流れ、数十のカバノキが植わったくぼ地のほうに下っていく。シダやこけ、そして森のような土地が広がっているのではないかといううれしい予感が、下生えから沸き起こった。その向こうは は丘だった。トウヒやモミが植わっており、緑でふんわりしていた。 輝く水の湖とは反対側から見えた、この小さな家の端っこの灰色の破風からは距離があった。

scores of数十の  birchカバノキ upspring生じる、現れる airily軽快に、軽やかに undergrowth下生え、やぶ fernシダ woodsy森林のような spruceトウヒ

Off to the left were the big barns and beyond them, away down over green, low-sloping fields, was a sparkling blue glimpse of sea. Anne's beauty-loving eyes lingered on it all, taking everything greedily in. She had looked on so many unlovely places in her life, poor child; but this was as lovely as anything she had ever dreamed.

左向こうには大きな納屋があり、緑の低くなだらかな原っぱを下っていった先は、 青く広がる海だった。 アンの美しく愛嬌のある瞳は、すべての光景を見つめたままだった。すべてをむさぼるようにとらえていた。少女が 貧しかった子供時代に見たのは、あまりいい光景ではなかった。だが、これが少女が今まで夢見てきた景色だったのだ 。

linger居残る greedily貪欲に

0 件のコメント:

コメントを投稿