2013年10月26日土曜日

第五章 アンの半生(4)

 
"O-o-o-h," faltered Anne. Her sensitive little face suddenly flushed scarlet and embarrassment sat on her brow. "Oh, they MEANT to be—I know they meant to be just as good and kind as possible. And when people mean to be good to you, you don't mind very much when they're not quite—always. They had a good deal to worry them, you know. It's very trying to have a drunken husband, you see; and it must be very trying to have twins three times in succession, don't you think? But I feel sure they meant to be good to me."
 
「ああ」。 アンは口ごもった。感受性にあふれた少女の小さな顔は急に赤くなった。そして 困ったように眉をひそめた。「あら、 あの人たちはできるだけ好意的に、親切にしようとしてくれたと思うわ。それから、あなたが 親切を受けてとしても、 親切にされなくてもとくに気にとめやしないでしょう。そういつでも。ご存知のように、 あの人たちにも心配事があったのだから。わかるでしょう、 酒びたりの旦那さんがいるのはとてもつらいことだわ。そして続けざまに双子が三組生まれたのだからとっても大変だわ。 そう思わない?でもあの人たちが親切にしようとしてくれていたのはたしかよ」
 
 falterどもる、口ごもる、ためらう trying骨が折れる、つらい
 
Marilla asked no more questions. Anne gave herself up to a silent rapture over the shore road and Marilla guided the sorrel abstractedly while she pondered deeply. Pity was suddenly stirring in her heart for the child. What a starved, unloved life she had had—a life of drudgery and poverty and neglect; for Marilla was shrewd enough to read between the lines of Anne's history and divine the truth. No wonder she had been so delighted at the prospect of a real home. It was a pity she had to be sent back. What if she, Marilla, should indulge Matthew's unaccountable whim and let her stay? He was set on it; and the child seemed a nice, teachable little thing.
 
マリラはそれ以上聞かなかった。アンは岸辺の道をいく間は静かな喜びに浸っていた。そして マリラは深く考えごとをする間、ぼんやりと雌馬を歩かせた。ふと 彼女の心のなかに少女への憐れみが芽生えた。どれほどひもじく 、愛のない生活を送ってきたのだろうか。骨折りと貧しさと、 誰からも相手にされない人生。マリラは敏感に、 アンの半生と断片的な事情の行間を読み取った。少女 は本当の家庭にいられるという希望で幸せだったことは間違いなかった。 送り返さなければならないならかわいそうなことだ。マリラは マシューの妙な気まぐれを許すべきかどうか、そして少女を引き取るべきか。彼がけしかけたのだ。そして気立てもよく、覚えもいい、小さな子のようだ。
 
give oneself upうつつを抜かす rapture有頂天、狂喜、歓喜 abstractedlyぼんやりと ponder熟考する、思案する drudgery骨折り仕事 shrewd敏感な、洞察力のある、抜け目のない  indulge甘やかす、ほしいままにする、ふける、おぼれる  unaccountable説明できない、奇妙な whim気まぐれ、むら気 set onけしかける teachable覚えのよい
 
"She's got too much to say," thought Marilla, "but she might be trained out of that. And there's nothing rude or slangy in what she does say. She's ladylike. It's likely her people were nice folks."
 
「この子の話したことで十分わかったわ 」。マリラは思った。「 でもそれから、この子をしつけないと。言葉遣いはよく、乱暴じゃない。この子は上品だわ。きっと周りにいい人がいたのね 」
 
rude無作法な、失礼な slangy俗語めいた ladylike上品な、しとやかな
 
The shore road was "woodsy and wild and lonesome." On the right hand, scrub firs, their spirits quite unbroken by long years of tussle with the gulf winds, grew thickly. On the left were the steep red sandstone cliffs, so near the track in places that a mare of less steadiness than the sorrel might have tried the nerves of the people behind her. Down at the base of the cliffs were heaps of surf-worn rocks or little sandy coves inlaid with pebbles as with ocean jewels; beyond lay the sea, shimmering and blue, and over it soared the gulls, their pinions flashing silvery in the sunlight.
 
岸辺の道は「森林のようで、野趣にあふれ人気がなかった」。右 手には、低いモミ。その魂は長年にわたる海風との戦いにもけして敗れることなく、群生していた。左は急な赤い砂岩の崖。その近くに足跡が刻まれていたが、栗毛の馬よりも雌馬のそれはまちまちだった。それは背に乗せた人の気分をいらつかせたかもしれない。 がけのふもとへ行くと、波で洗われた岩や、海の宝石のような小石がまざった砂地の入り江がたくさんあった。かがやく海の向こうは青くきらめいて、その上にはカモメが舞い、翼の先は太陽の光で銀色に輝いていた。
 
woodsy森林のような scrubやぶ、低木林、雑木林 tussle組み打ち、乱闘 thickly集中している、厚みのある、濃い密度で sandstone砂岩 trackわだち、足跡 in place決まった場所に steadiness堅実さ heap ofたくさん、どっさり cove入り江、浦 shimmerちらちら光る、かすかに光る、きらめく soar高く上がる、舞い上がる gullカモメ pinion鳥の翼の先
 
"Isn't the sea wonderful?" said Anne, rousing from a long, wide-eyed silence. "Once, when I lived in Marysville, Mr. Thomas hired an express wagon and took us all to spend the day at the shore ten miles away. I enjoyed every moment of that day, even if I had to look after the children all the time. I lived it over in happy dreams for years. But this shore is nicer than the Marysville shore. Aren't those gulls splendid? Would you like to be a gull? I think I would—that is, if I couldn't be a human girl. Don't you think it would be nice to wake up at sunrise and swoop down over the water and away out over that lovely blue all day; and then at night to fly back to one's nest? Oh, I can just imagine myself doing it. What big house is that just ahead, please?"
"That's the White Sands Hotel. Mr. Kirke runs it, but the season hasn't begun yet. There are heaps of Americans come there for the summer. They think this shore is just about right."
 
「海ってすばらしいわね」。瞳を大きく見開いたまま長く黙り込んだあとで、アンは興奮しながらい った。「 マリースビルに住んでいたころ一度、 トーマスさんが早馬の馬車をとってくれて、 十マイルも離れた海岸へ一日中かけて連れていってくれたわ。 その日は全ての時が楽しかった。ずっと、 子どもたちの世話をしなけれないけなかったとしても。 何年もその幸せな夢を見ながら暮らしたわ。でも、 この海岸はマリースビルよりすてきね。あのかもめたちも優雅でしょう?カモメになりたいと思わない?わたしはカモメになりたいわ。もし人間の女の子に生まれられなかったとしたら、ということよ。 日の出の光で目を覚まして、水面に飛び掛って、あの すばらしい青から一日中飛び立つのよ、素敵でしょう?それから 夜には巣へ舞い戻るの。ああ、 そんなことができたらいいのに。ちょうど 目の前にある大きなおうちはなんというのかしら、どうか教えて」
「あれはホワイトサンズホテルさ。カークさんが営んでいるのだけど、 まだ営業時期じゃないのよ。 夏の間はアメリカからお客さんがたくさんくるよ。 海岸からすぐだからね」
 
rousing興奮させる、熱のこもった swoop飛び掛る、急襲する
 
"I was afraid it might be Mrs. Spencer's place," said Anne mournfully. "I don't want to get there. Somehow, it will seem like the end of everything."
 
「 スペンサーさんのところじゃないかと心配していたの」。 アンは悲しそうにいった。「いきたくないわ。とにかく、すべ ての終わりのような気がするんだもの」
 
mournfully悲しみに沈んで

0 件のコメント:

コメントを投稿