2013年11月13日水曜日

第八章 アンを育てるようになって(2)

"It sounds awfully disrespectful to just say Marilla," protested Anne.
"I guess there'll be nothing disrespectful in it if you're careful to speak respectfully. Everybody, young and old, in Avonlea calls me Marilla except the minister. He says Miss Cuthbert—when he thinks of it."
 
「ただマリラと呼ぶのは、あまりにも失礼な気がするわ」。アンは反論した。
「あなたが行儀正しく話しさえすれば、ちっとも失礼じゃ ないわ。 アボンリーでは若い人から老人までみんながマリラと 呼ぶわ。牧師さまをのぞいてね。牧師さまはちょっと考えて、ミスカスバートと呼ぶのよ」
 
disrespectful失礼な、無礼な respectfullyうやうやしく、丁重に
 
"I'd love to call you Aunt Marilla," said Anne wistfully. "I've never had an aunt or any relation at all—not even a grandmother. It would make me feel as if I really belonged to you. Can't I call you Aunt Marilla?"
 
「わたしもあなたのことをマリラと呼ぶようになるでしょうね」。アンは不満げにいった。「 わたしにはおばさんや親戚がいなかったから。 おばあさんでさえも。それでわたしはあなたの親族になったような気持ちなの。マリラおばさんって呼んではだめ?」
 
wistfully物足りなさそうに
 
"No. I'm not your aunt and I don't believe in calling people names that don't belong to them."
"But we could imagine you were my aunt."
"I couldn't," said Marilla grimly.
 
「だめよ。わたしはおまえのおばさんじゃないし、親族でもないのにそんなふうに呼ぶなんて考えられないね」
「でも、あなたがわたしのおばさんだって空想することはできるわ」
「いや、できやしないね」。マリラは険しい顔でいった。
 
grimly険しい顔で
 
"Do you never imagine things different from what they really are?" asked Anne wide-eyed.
"No."
"Oh!" Anne drew a long breath. "Oh, Miss—Marilla, how much you miss!"
 
「実際とは違うことを想像することはまったくないの?」。アンは目をみはって聞いた。
「ないね」
「あら」。アンは長いため息をついた。「あら、ミスカスバート。なんてわからず屋なの!」
 
"I don't believe in imagining things different from what they really are," retorted Marilla. "When the Lord puts us in certain circumstances He doesn't mean for us to imagine them away. And that reminds me. Go into the sitting room, Anne—be sure your feet are clean and don't let any flies in—and bring me out the illustrated card that's on the mantelpiece. The Lord's Prayer is on it and you'll devote your spare time this afternoon to learning it off by heart. There's to be no more of such praying as I heard last night."
 
「実際とはまったく違うことを思いつくなんて考えられないよ」。マリラは言い返した。「神はわたしたちをそれぞれの境遇に生まれ落とすのは、頭ではねのけるためではないわ。いつも思い出すの。アン、居間にいっておいで。足が汚れていないか確かめてから。飛び跳ねるんじゃないよ。それからマントルピースの上にある絵のついたカードをとってきておくれ。主の祈りが書いてあるからね。今日のお昼で、暗唱できるようにするんだよ」
 
retort言い返す the Lord神、キリスト sitting room居間 by heartそらで
 
"I suppose I was very awkward," said Anne apologetically, "but then, you see, I'd never had any practice. You couldn't really expect a person to pray very well the first time she tried, could you? I thought out a splendid prayer after I went to bed, just as I promised you I would. It was nearly as long as a minister's and so poetical. But would you believe it? I couldn't remember one word when I woke up this morning. And I'm afraid I'll never be able to think out another one as good. Somehow, things never are so good when they're thought out a second time. Have you ever noticed that?"
 
「ちっともうまくできないと思うわ」。アンは申し訳なさそうにいうのだった。「あなたもよくご存知のとおり、一度も練習したことがないんだもの。初めてなのにうまくできるなんて思えないでしょう?約束したとおり、ベッドに入ればすてきなお祈りを思いつくことができると思うの。牧師さまなみに、そして詩的に。でも信じられる?今朝起きたときは、一語も思い出すことができなかったのよ。ほかの言葉なんて思い出すことができないんじゃないかって不安なの。とにかく、もう一度思い返しているようでは、いいお祈りにならないわ。そう気づいていたかしら?」
 
awkward不器用な、下手な、ぶざまな、やっかいな
 
"Here is something for you to notice, Anne. When I tell you to do a thing I want you to obey me at once and not stand stock-still and discourse about it. Just you go and do as I bid you."
 
「アン、おまえのために気にとめておくことがあるよ。一度でもものをいいつけるときは、わたしのいうことを聞くの。それからじっと立っているんじゃないの。口答えしてもだめよ。わたしがいったとおりに行っておやりなさい」
 
stand stockじっと立っている  discourse話す  bid命じる

0 件のコメント:

コメントを投稿