2013年11月25日月曜日

第九章 レーチェル夫人、恐怖で青ざめる(2)

"I've been hearing some surprising things about you and Matthew."
"I don't suppose you are any more surprised than I am myself," said Marilla. "I'm getting over my surprise now."
 
「あん たとマシューについてびっくりする話を聞いたのよ」
「わたしのことはいざ知らず、あんたがびっくりする ようなことがあるのかい」。マリラはたずねた。「もうわたしが驚くようなことはないわ」
 
get over通り越す、乗り越える、克服する
 
"It was too bad there was such a mistake," said Mrs. Rachel sympathetically. "Couldn't you have sent her back?"
"I suppose we could, but we decided not to. Matthew took a fancy to her. And I must say I like her myself—although I admit she has her faults. The house seems a different place already. She's a real bright little thing."
 
「 こんな行き違いがあったなんて本当に気の毒だったわね」。レーチェル夫人は同情した。「 あの子を送り返すことはできなかったの?」
「 できたかもしれないわね。でも、それはやめたわ。 マシューがあの子を気に入っているからね。あの子にはいけないところもあるけど、わたしも気に入っているの。もう、 この家も今までとまるで違うみたいね。 あの子は本当に明るい子なんだよ」
 
take a fancy気に入る
 
Marilla said more than she had intended to say when she began, for she read disapproval in Mrs. Rachel's expression.
 
マリラは話し始めると、自分でも思わなかったほどよくしゃべった。 レーチェル夫人の言葉の端々に、納得いかない様子を読み取ったからだ。
 
"It's a great responsibility you've taken on yourself," said that lady gloomily, "especially when you've never had any experience with children. You don't know much about her or her real disposition, I suppose, and there's no guessing how a child like that will turn out. But I don't want to discourage you I'm sure, Marilla."
 
「あんたはとんでもない厄介ごとを抱え込んでしまったのよ」。 婦人の口調は暗かった。「とくにあんたには子育ての経験がないんだもの。 あの子のことも、あの子の性質もよくしらないだろうに。あの手の子どもはどう転ぶかわかったものじゃないよ。 もちろんあんたを責めてるんじゃないのよ、マリラ」
 
disposition性質、気質
 
"I'm not feeling discouraged," was Marilla's dry response, "when I make up my mind to do a thing it stays made up. I suppose you'd like to see Anne. I'll call her in."
 
「責められてるなんて思ってないわ」。マリラはそっけなく答えた。「 一度決心したら変わらないもの。あんたもアンを見てみたいんだね。 呼んでくるわ」
 
Anne came running in presently, her face sparkling with the delight of her orchard rovings; but, abashed at finding the delight herself in the unexpected presence of a stranger, she halted confusedly inside the door. She certainly was an odd-looking little creature in the short tight wincey dress she had worn from the asylum, below which her thin legs seemed ungracefully long. Her freckles were more numerous and obtrusive than ever; the wind had ruffled her hatless hair into over-brilliant disorder; it had never looked redder than at that moment.
 
アンはすぐに駆けてきた。果樹園を駆け回って、アン の表情は喜びで輝いていた。 だが予期しない初対面の人の出現で、喜びは戸惑いに変わった。アンはまごついて ドアの前でたたずんでいた。アン はたしかに風変わりな女の子に見えた。 孤児院時代から着古した丈のウィンシーの服、 その下には細い脚がみっともなく伸びていた。見えていた。そばかすは前にもまして増え、目に余るほどだった。風が吹いて、 帽子のない彼女の髪はくしゃくしゃになった。 そのときほど髪が赤々と見えたことはなかった。
 
roving動き回る abashed当惑して、まごついて obtrusive目に余る ruffleくしゃくしゃにする、逆立てる
 
"Well, they didn't pick you for your looks, that's sure and certain," was Mrs. Rachel Lynde's emphatic comment. Mrs. Rachel was one of those delightful and popular people who pride themselves on speaking their mind without fear or favor. "She's terrible skinny and homely, Marilla. Come here, child, and let me have a look at you. Lawful heart, did any one ever see such freckles? And hair as red as carrots! Come here, child, I say."
 
「まあ、見た目であんたを引き取ったんじゃないわね」 。レーチェル・リンドさんは力を込めていった。歯に衣着せぬものいいの レーチェル夫人は、愉快で好かれるたちの婦人だった。「マリラ、 この子は恐ろしく痩せて、器量のない子ね。おちびさん、 こっちにきてよく姿を見せなさい。正直、 こんなそばかす見たことあるかい?髪の毛なんて ニンジンの色みたいじゃないか。おちびさん、こっちにおいでっていったでしょ」
 
without fear or favor公明正大に homely不器量な、じみな
 
Anne "came there," but not exactly as Mrs. Rachel expected. With one bound she crossed the kitchen floor and stood before Mrs. Rachel, her face scarlet with anger, her lips quivering, and her whole slender form trembling from head to foot.
 
アンは「近づいた」。でもレーチェルの思い通りにはならなかった。一足飛びに台所を横切ると、レーチェル夫人 の目の前に立った。アン の顔は怒りで真っ赤になっていた。口元はゆがみ、きゃしゃな 体はつま先から頭までわなわな震えていた。
 
with one bound一足飛びに quiver震える
 
"I hate you," she cried in a choked voice, stamping her foot on the floor. "I hate you—I hate you—I hate you—" a louder stamp with each assertion of hatred. "How dare you call me skinny and ugly? How dare you say I'm freckled and redheaded? You are a rude, impolite, unfeeling woman!"
 
「あなたなんか嫌いよ」。アンは声を詰まらせて、足を踏み鳴らしながら叫んだ。「あなたなんか嫌い、嫌い、嫌いよ」。嫌いというたびに足を踏み鳴らす音はますます 大きくなった。「どうして、がりがりで醜いなんていえるの?どうしてそばかすがあって、 赤い髪の毛だなんていえるの?あなたは失礼で、行儀のよくない、感じの悪い人ね」
 
choked詰まった、うんざりした rude失礼な
 
"Anne!" exclaimed Marilla in consternation.
 
「アン!」。マリラはびっくり仰天した。
 
in consternationびっくり仰天して
 
But Anne continued to face Mrs. Rachel undauntedly, head up, eyes blazing, hands clenched, passionate indignation exhaling from her like an atmosphere.
 
それでもアンはびくともせず、レーチェル夫人を見つめ続けた。顔を見上げて、目はめらめら燃えて、全身 から沸き立つような怒りが空気のように発せられているようだった。
 
undauntedlyびくとも blazing燃えている、まばゆい clenchedしっかり閉じた indignation憤り
 
"How dare you say such things about me?" she repeated vehemently. "How would you like to have such things said about you? How would you like to be told that you are fat and clumsy and probably hadn't a spark of imagination in you? I don't care if I do hurt your feelings by saying so! I hope I hurt them. You have hurt mine worse than they were ever hurt before even by Mrs. Thomas' intoxicated husband. And I'll NEVER forgive you for it, never, never!"
 
「どうしてわたしのことをそんなふうにいえるの?」。アン は興奮して繰り返した。「あなたもそんなふうにいわれたいの?太ってて不恰好だなんていわれたらどう思うの?たぶん、あなたはそんなことに想像が及ばないんでしょう?わたしがいったことで、あなたの気分を損ねてもわたしのしったことじゃないわ!もっと気分が悪くなればいいのよ。 それであなたが傷ついても構わないわ。飲んだくれの トーマスさんの旦那さんですら、あなたほどわたしを傷つけるようなことはいわなかったわ。あなたを絶対許さない。絶対に、絶対にね! 」
 
vehemently猛烈に、激しく clumsyぶかっこうな intoxicated酔った
 
Stamp! Stamp!
 
踏み鳴らす大きな足音!足音!
 
"Did anybody ever see such a temper!" exclaimed the horrified Mrs. Rachel.
"Anne go to your room and stay there until I come up," said Marilla, recovering her powers of speech with difficulty.
 
「こんな荒くれみたことないわ!」。レーチェル夫人は真っ青になってさけんだ。
「アン、部屋にいってなさい。わたしがいくまでいるのよ」。マリラはどうにかして言葉を継いだ。
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

0 件のコメント:

コメントを投稿