2013年11月7日木曜日

第七章 アンの祈りの言葉(2)

"You'd find it easier to be bad than good if you had red hair," said Anne reproachfully. "People who haven't red hair don't know what trouble is. Mrs. Thomas told me that God made my hair red ON PURPOSE, and I've never cared about Him since. And anyhow I'd always be too tired at night to bother saying prayers. People who have to look after twins can't be expected to say their prayers. Now, do you honestly think they can?"
Marilla decided that Anne's religious training must be begun at once. Plainly there was no time to be lost.
"You must say your prayers while you are under my roof, Anne."
 
「 もし赤い髪の毛だったら、悪い子だってすぐ分かるでしょう」。アンはとがめるようにいった。「紙の赤くない人は、何が困難かなんて知らないのよ。 トーマスさんは、神様はお考えがあって、お前の髪の毛を赤にしたんだっていったわ。 それから神様のことなんて気にもしなくなったわ。それで とにかく、夜にお祈りを捧げるのが嫌になったの。 双子の面倒を見なければいけないのに、お祈りなんて望むのはおかしいわ。 正直いって、そんなことできると思うの?」
マリラはアンに信仰を教えむのが、先決だと悟った。 無駄にする時間は、はっきりいってなかった。
「アン、こ の家の屋根の下にいる間はお祈りの言葉をいうのよ」
 
reproachfullyとがめるように
 
"Why, of course, if you want me to," assented Anne cheerfully. "I'd do anything to oblige you. But you'll have to tell me what to say for this once. After I get into bed I'll imagine out a real nice prayer to say always. I believe that it will be quite interesting, now that I come to think of it."
 
「どうして。あなたが望むなら当然のことよ」。アンは明るく肯いてみせた。「あなたのいうことなら何だって聞くわ。でも、なんていったらいいのか、もう一回教えてくれなきゃだめよ。ベッドに入った後で、いつも唱える本当に素敵なお祈りを考えてみるわ。そのほうが、本当に面白いと思うの。さあ、考えてみるわ」
 
assent同意する oblige聞き入れる
 
"You must kneel down," said Marilla in embarrassment.
Anne knelt at Marilla's knee and looked up gravely.
 
「ひざまづくんだよ」。マリラは困ったようにいった。
アンはマリラのひざの前にひざまづき、おごそかに見上げた。
 
kneelひざまずく gravely深刻で重大に
 
"Why must people kneel down to pray? If I really wanted to pray I'll tell you what I'd do. I'd go out into a great big field all alone or into the deep, deep, woods, and I'd look up into the sky—up—up—up—into that lovely blue sky that looks as if there was no end to its blueness. And then I'd just FEEL a prayer. Well, I'm ready. What am I to say?"
 
「 どうしてお祈りするときは膝まづかなきゃいけないの?わたしが本当にしたいお祈りが、どんなふうだか教えてあげる。 一人きりで広大な原っぱに出るか、深い深い森の中へいくわ。 そして素敵な青空のずっとずっとずっと上を見上げるの。まるで果てしないの ない青空を。それから心の中でお祈りをするの。これで準備完了。わたしは なんていうでしょう?」
 
Marilla felt more embarrassed than ever. She had intended to teach Anne the childish classic, "Now I lay me down to sleep." But she had, as I have told you, the glimmerings of a sense of humor—which is simply another name for a sense of fitness of things; and it suddenly occurred to her that that simple little prayer, sacred to white-robed childhood lisping at motherly knees, was entirely unsuited to this freckled witch of a girl who knew and cared nothing bout God's love, since she had never had it translated to her through the medium of human love.
 
マリラはさらに困り果ててしまった。 アンに子ども向けの基本から教えるつもりだったのだ。「さあ、もう寝させてよ」。読者の皆さんにお伝えしたとおり、この少女にはユーモアがかすかに現れていた。別の言葉で言い換えれば、ただ単純に適応力ともいう。そして突如、いつくしみ深い膝のもとに、白衣の子どもらしい発音の、簡単な小さなお祈りをしてみせたのだった。それは神の愛について知ることも、気にしたこともなかった、そばかすのある小さな魔女にはなんとも不似合いだった。それは神の愛を人の愛にまでかみくだいて考えたことがなかったからであった。
 
glimmeringかすかな光、かすかな現れ lisping幼児性発音 motherly慈しみ深い freckledそばかすのある witch魔法使い、魅力的な女性 medium手段、媒体
 
"You're old enough to pray for yourself, Anne," she said finally. "Just thank God for your blessings and ask Him humbly for the things you want."
 
「アン、あんたは 自分でお祈りできる年ごろよ」。マリラはついにいった。「 あなたの祝福のため神に感謝しなさい。そしてかしこき主におまえの望みを聞きなさい」
 
blessing祈り、祝福 humbly謙遜して、恐れ入って
 
"Well, I'll do my best," promised Anne, burying her face in Marilla's lap. "Gracious heavenly Father—that's the way the ministers say it in church, so I suppose it's all right in private prayer, isn't it?" she interjected, lifting her head for a moment.
 
「ええ、力を尽くしてやってみるわ」。 アンはマリラの頬に顔をよせて約束した。「 天にまします恵み深き父よ。 教会の牧師さまはこんなふうにおっしゃったの。だから、家で お祈りするときもこれでいいわよね?」。少女はしばらく顔を上げていたが、そう口をはさんだ。
 
minister牧師 interject言葉をさしはさむ

0 件のコメント:

コメントを投稿