2013年11月4日月曜日

第六章 マリラの決心(3)

Marilla looked at Anne and softened at sight of the child's pale face with its look of mute misery—the misery of a helpless little creature who finds itself once more caught in the trap from which it had escaped. Marilla felt an uncomfortable conviction that, if she denied the appeal of that look, it would haunt her to her dying day. More-over, she did not fancy Mrs. Blewett. To hand a sensitive, "highstrung" child over to such a woman! No, she could not take the responsibility of doing that!
 
マリラはアンのほうを見た。この小さな女の子は、みじめにも一度逃れたわなに再びつかまってしまった。押し黙って、みじめな少女の青白い表情に気持ちがほぐれた。 マリラは居心地の悪い確信を覚えた。少女の示す表情を無視してしまえば、この少女の死んだ日として脳裏を離れなくなるだろう。 さらにブレウェット夫人を好きにはなれなかったのだ。さんにいい印象を持っていない。傷つきやすく、「神経質な」少女を、 あんな女に渡すなんて!。いや、この 女にそんな資格などないのだ!
 
softenほぐれる、やわらぐ mute無言の miseryみじめさ conviction確信、信念 haunt絶えずつきまとう、脳裏を離れない fancy好む、愛する highstrung緊張している、鋭敏な、神経質な
 
"Well, I don't know," she said slowly. "I didn't say that Matthew and I had absolutely decided that we wouldn't keep her. In fact I may say that Matthew is disposed to keep her. I just came over to find out how the mistake had occurred. I think I'd better take her home again and talk it over with Matthew. I feel that I oughtn't to decide on anything without consulting him. If we make up our mind not to keep her we'll bring or send her over to you tomorrow night. If we don't you may know that she is going to stay with us. Will that suit you, Mrs. Blewett?"
 
「ああ、分からないわ」。マリラ はゆっくりといった。「 マシューとわたしが、何があってもこの子を引き取らないなんていってませんわ。 事実、マシューはこの子を引き取りたがっているの。 間違いがなぜ起きたのか確かめるためにきただけですわ。 この子をもう一度連れて帰って、マシューと話し合うのがよろしいんじゃないかしら。マシューと 話し合わずに決めるのはよくないから。 もし引き取らないと決まったら、 明日の夜にでもあなたのもとに連れて行くか、送り届けましょう。この子はわたしたちと暮らすことになるということがお分かりかしら。 ブレウェットさん、それでよろしいですか?」
 
disposeしたい気にさせる
 
"I suppose it'll have to," said Mrs. Blewett ungraciously.
 
「そうせざるをえないわね」。ブレウェット夫人は感謝もせずいった。
 
During Marilla's speech a sunrise had been dawning on Anne's face. First the look of despair faded out; then came a faint flush of hope; her eyes grew deep and bright as morning stars. The child was quite transfigured; and, a moment later, when Mrs. Spencer and Mrs. Blewett went out in quest of a recipe the latter had come to borrow she sprang up and flew across the room to Marilla.
 
マリラが話す間、 アンの顔に日がさした。まず、失望した様子が消え去った。 それからほのかな希望の色がさした。ようだった。少女 の瞳は明け方の星のように深く輝いていた。この 少女はすっかり見違えた。そのすぐ後に、 スペンサー夫人とブレウェット夫人が、ブレウェット夫人が借りにきたレシピを探して出ていくと、少女はマリラのほうに飛び跳ねながら、部屋を横切っていった。
 
faintほのかな transfigured姿を変える in quest of求めて
 
"Oh, Miss Cuthbert, did you really say that perhaps you would let me stay at Green Gables?" she said, in a breathless whisper, as if speaking aloud might shatter the glorious possibility. "Did you really say it? Or did I only imagine that you did?"
 
「ああ、カスバートさん、もしかしたら わたしをグリーンゲーブルズにいさせてくれるとおっしゃたの?」。少女はいった。 息もつけないほどのささやき声で。まるで大声で話すと、 輝かしい未来が閉ざされるとでもいわんばかりに。「本当におっしゃったの?そう考えていいのかしら 」
 
"I think you'd better learn to control that imagination of yours, Anne, if you can't distinguish between what is real and what isn't," said Marilla crossly. "Yes, you did hear me say just that and no more. It isn't decided yet and perhaps we will conclude to let Mrs. Blewett take you after all. She certainly needs you much more than I do."
 
「空想は慎んだほうがいいわ、アン。もし、 現実とそうじゃないことの区別がつかないのならね」。マリラは意地悪くいった。 「そう、おまえが聞いたとおりよ。それ以上のことはないわ。まだ決まったわけじゃないけど、結局のところ、 ブレウェットさんからあなたを引き取るということになりそうだわ。 あの人にとっては、あなたのことがわたしよりかは必要だろうからね」
 
crossly不機嫌に、意地悪く
 
"I'd rather go back to the asylum than go to live with her," said Anne passionately. "She looks exactly like a—like a gimlet."
 
「あの人と一緒に暮らすくらいなら孤児院に戻ったほうがましよ」。 アンは必死に訴えた。「あの人はきりみたいに見えるんだもの」
 
gimletきり
 
Marilla smothered a smile under the conviction that Anne must be reproved for such a speech.
"A little girl like you should be ashamed of talking so about a lady and a stranger," she said severely. "Go back and sit down quietly and hold your tongue and behave as a good girl should."
 
アンのそんな口のきき方はしからなければいけない。マリラの顔から笑みが消えた。
「婦人と、初めてあった人に対して、あんたみたいな小さな子はそんなことをいうものじゃないわ」。マリラ は厳しくいった。「戻って静かに座ってなさい。それから口を慎んで、 いい子になさい」
 
smother抑える、かみ殺す reprove叱責する、とがめる

0 件のコメント:

コメントを投稿