2013年11月13日水曜日

第八章 アンを育てるようになって(3)

Anne promptly departed for the sitting-room across the hall; she failed to return; after waiting ten minutes Marilla laid down her knitting and marched after her with a grim expression. She found Anne standing motionless before a picture hanging on the wall between the two windows, with her eyes astar with dreams. The white and green light strained through apple trees and clustering vines outside fell over the rapt little figure with a half-unearthly radiance.
 
アンは玄関を通り抜けて、急いで居間に向かった。だがアンは十分たっても戻ってこなかった。マリラは編み物をやめて、険しい表情で少女の後についていった。アンが夢見心地で二つの窓の間にかけられた絵の前でじっと立ち止まっているのが、マリラの目に入った。白と緑の光が外のリンゴの木やつるの房の間から差していた。この世のものと思えぬような、うっとりするような光だった。
 
clustering房 rapt心を奪われた、うっとりした radiance発光、輝き
 
"Anne, whatever are you thinking of?" demanded Marilla sharply.
Anne came back to earth with a start.
 
「アン、いったい何を考えているんだい?」。マリラは鋭く聞いた。
アンはびっくとしてわれに返った。
 
 with a startびくっとして
 
"That," she said, pointing to the picture—a rather vivid chromo entitled, "Christ Blessing Little Children"—"and I was just imagining I was one of them—that I was the little girl in the blue dress, standing off by herself in the corner as if she didn't belong to anybody, like me. She looks lonely and sad, don't you think? I guess she hadn't any father or mother of her own. But she wanted to be blessed, too, so she just crept shyly up on the outside of the crowd, hoping nobody would notice her—except Him. I'm sure I know just how she felt. Her heart must have beat and her hands must have got cold, like mine did when I asked you if I could stay. She was afraid He mightn't notice her. But it's likely He did, don't you think? I've been trying to imagine it all out—her edging a little nearer all the time until she was quite close to Him; and then He would look at her and put His hand on her hair and oh, such a thrill of joy as would run over her! But I wish the artist hadn't painted Him so sorrowful looking. All His pictures are like that, if you've noticed. But I don't believe He could really have looked so sad or the children would have been afraid of Him."
 
「あれよ」。アンは少し目立つ色彩のその絵を指差した。「 子供たちを祝福するキリスト」という絵だった。「わたしもあの 子たちの一人だったらな、と考えていたの。 あの青い服を着た小さな女の子。わたしのように身よりもなく、 隅っこに一人でぽつんとしているの。あの子は 淋しそうで悲しそうじゃない?あの子には お父さんもお母さんもいないんでしょうね。 でも祝福されたかったのね。それで輪 から離れて、恥ずかしそうにそっと近寄るだけなのね。 誰にも気づかれないようにと願いながら。主以外の人にはね。あ の子がどんな気持ちなのか手に取るように分かるの。 心臓はどきどきして手はどんどん冷たくなったに違いないわ。 ここにいられるか聞いたときの私のように。 あの子は主がお気づきにならないんじゃないかと心配なんだわ。でも主はお気づきになるわ。そう思うでしょう?わたしはずっとそんなことを考え続けていたの。主にもっと近づけるまで、その子はずっと半身でにじり寄っていったのだわ。そのとき主はその子をご覧になって、手を頭の上に乗せたの。ああ、そして、喜びに満ちたドキドキした気持ちが、その子の体を駆け抜けたのだわ!でも、絵描きさんには主をあんなに恐そうに描いてほしくなかったな。気づかないかもしれないけど、主の絵ってみんなあんなふうよ。でもわたしは主が本当に悲しげにみえるなんて、子どもたちから恐れられるなんて信じられないわ」
  
chromo色 creptこっそり近寄る all out全力で、すっかり edge斜めにじりじりと進む
 
"Anne," said Marilla, wondering why she had not broken into this speech long before, "you shouldn't talk that way. It's irreverent—positively irreverent."
Anne's eyes marveled.
 
「アン」。マリラはこの話をなぜもっと早くしまいにしなかったのかと後悔した。 「そんなふうにいうものじゃありません。神様を馬鹿にしてるわ。まったく馬鹿にしてる」
アンは目を丸くした。
 
irreverent不敬な、不遜な
 
"Why, I felt just as reverent as could be. I'm sure I didn't mean to be irreverent."
"Well I don't suppose you did—but it doesn't sound right to talk so familiarly about such things. And another thing, Anne, when I send you after something you're to bring it at once and not fall into mooning and imagining before pictures. Remember that. Take that card and come right to the kitchen. Now, sit down in the corner and learn that prayer off by heart."
 
「どうして。馬鹿になんてしていないと思ったのに。 もちろん馬鹿にするつもりなんてなかったわ」
「まあ、おまえがわざとそうしたとは思わないよ。 でも、そんなになれなれしい話はよくないわ。アン、それからほかにもいうことがあるわ。すぐに持ってきてといったのよ。絵の前でぼんやりしたり、考え事をしたりしちゃだめじゃないの。思い出しておくれ。そのカードを台所にすぐ持ってきてちょうだい。さあ、そこに 座って、お祈りをそらでいえるようにするんだよ」
 
reverent敬虔な、うやうやしい moonぼんやりする、夢中になって
 
Anne set the card up against the jugful of apple blossoms she had brought in to decorate the dinner-table—Marilla had eyed that decoration askance, but had said nothing—propped her chin on her hands, and fell to studying it intently for several silent minutes.
 
アンはリンゴの花をいけた花瓶にカードをたてた。それはアンが食卓を飾ろうと持ってきたものだった。 マリラはその飾りを横目で見たが、無言だった。 あごを両手に乗せて、数分間の沈黙のうちに熱心に覚えようとした。
 
jugful水差し askance斜めに、横目に prop支える、立てかける intently張り詰めた、しきりに、熱心に
 
"I like this," she announced at length. "It's beautiful. I've heard it before—I heard the superintendent of the asylum Sunday school say it over once. But I didn't like it then. He had such a cracked voice and he prayed it so mournfully. I really felt sure he thought praying was a disagreeable duty. This isn't poetry, but it makes me feel just the same way poetry does. 'Our Father who art in heaven hallowed be Thy name.' That is just like a line of music. Oh, I'm so glad you thought of making me learn this, Miss—Marilla."
 
「気に入ったわ」。アンはようやく口を開いた。「美しい言葉ね。これまでにも聞いたことがあるわ。 孤児院の日曜学校の校長先生がいっていたの。その頃は好きになれなかった。かすれた 声で、とても悲しげだったから。きっと、 お祈りをいやいやしているのだと本当に思ったの。 詩ではないけど、詩を読んでいるみたいだったわ。『 天にまします、聖なるわれらが父よ』。本当に曲の一節みたいね。ああ、 覚えさせてくれて本当にありがとう。ミスマリラ」
 
at lengthついに、ようやく、長々と  superintendent管理人、局長 crackedうわずった、かすれた mournfully悲しげに hallowed神聖な
 
"Well, learn it and hold your tongue," said Marilla shortly.
 
「まあ、早く覚えて、見なくてもいえるようにするんだね」。マリラがいったのはそれだけだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿