2013年11月25日月曜日

第九章 レーチェル夫人、恐怖で青ざめる(3)

Anne, bursting into tears, rushed to the hall door, slammed it until the tins on the porch wall outside rattled in sympathy, and fled through the hall and up the stairs like a whirlwind. A subdued slam above told that the door of the east gable had been shut with equal vehemence.
 
アンは目に涙を浮かべ、居間のドアへと急いだ。玄関のブリキの壁もアンに同調してがたがた音を鳴らすまもなく、ドアがバタンと閉められた。アンは居間に駆け込むと、つむじ風のように階段を上った。二階から小さく、バタンと音がした。怒りさめやらぬまま、イーストゲーブルのドアも閉じられたのだ。
 
slamバタンと閉める tinスズ、ブリキ rattleがたがた鳴る  whirlwindつむじ風 subdued控えめな、静かな、柔らかな vehemence猛烈さ
 
"Well, I don't envy you your job bringing THAT up, Marilla," said Mrs. Rachel with unspeakable solemnity.
Marilla opened her lips to say she knew not what of apology or deprecation. What she did say was a surprise to herself then and ever afterwards.
 
「まあマリラ、あれを育てるだなんて、ちっとも羨ましくないわ」。レーチェル夫人は苦々しそうにいった。
マリラは口を開こうとしたが、どう謝ればいいか、抗議すればいいか、言葉が見つからなかった。その瞬間も、そしてこれからいつまでも、いえるのはあっけにとられたことだけだった。
 
solemnityまじめさ、厳粛さ deprecation非難、抗議 ever afterwardsいつまでも
 
"You shouldn't have twitted her about her looks, Rachel."
"Marilla Cuthbert, you don't mean to say that you are upholding her in such a terrible display of temper as we've just seen?" demanded Mrs. Rachel indignantly.
 
「レーチェル、 あの子の見た目を悪くいわなきゃよかったのに」
「マリラ・ カスバート、 あんなにかっかしたというのに、あの子の肩を持つつもりじゃないわよね? 」。レーチェル夫人は憮然としていた。
 
indignantly憤然として
 
"No," said Marilla slowly, "I'm not trying to excuse her. She's been very naughty and I'll have to give her a talking to about it. But we must make allowances for her. She's never been taught what is right. And you WERE too hard on her, Rachel."
 
「そうじゃないわ」。マリラはゆっくり答えた。「弁解しないわ。あの子は本当におてんばなのよ。そのことをよくいってきかさないといけないわ。でもだからって、許されるもんじゃない。あの子はなにをしていいのか、教えられてこなかったの。でも レーチェル、 あんたがつらくあたり過ぎたのよ」
 
naughtyいたずら好きな、わんぱくな、いうことを聞かない
 
Marilla could not help tacking on that last sentence, although she was again surprised at herself for doing it. Mrs. Rachel got up with an air of offended dignity.
 
マリラは最後にくわえる言葉がなかった。 あんな振る舞いをするなんて、今もあっけにとられていたのだ。そんなことを言ったことに驚いていた。 レーチェル夫人は不機嫌そうに立ち上がった。
 
 tack onくわえる offended機嫌を悪くした
 
"Well, I see that I'll have to be very careful what I say after this, Marilla, since the fine feelings of orphans, brought from goodness knows where, have to be considered before anything else. Oh, no, I'm not vexed—don't worry yourself. I'm too sorry for you to leave any room for anger in my mind. You'll have your own troubles with that child. But if you'll take my advice—which I suppose you won't do, although I've brought up ten children and buried two—you'll do that 'talking to' you mention with a fair-sized birch switch. I should think THAT would be the most effective language for that kind of a child. Her temper matches her hair I guess. Well, good evening, Marilla. I hope you'll come down to see me often as usual. But you can't expect me to visit here again in a hurry, if I'm liable to be flown at and insulted in such a fashion. It's something new in MY experience."
 
「まあマリラ、これからは口に気をつけなきゃいけないわね。それは重々分かったわ。だって子どもの機嫌なんて気まぐれなもんだから。なにはともあれ、それを気にとめなきゃね。あらやだ。わたしゃちっとも気を悪くなんてしないから。気 にしなさんな。あんたに申し訳なくて、もう 怒ってられないわ。 あんたもあの子には手がかかるだろうね。 でもわたしのいうことを聞けば-といってもあんたは聞かないでしょうけど。それでもわたしは 十人の子を育てたんだから。あんたは大きな枝のむちでいって聞かすようになるだろうね。 あの手の子には、それが一番効き目があるんだよ。 あの子の短気は髪の毛の色によくお似合いだよ。まあ、 ごきげんよう、マリラ。いつでも話しにきておくれ。 でも当分は、あの子の顔を見るのは願い下げだよ。あんなふうに食って掛かられて、ぶしつけなことをされるんじゃね。わたしの人生で一度もなかったことだよ」
 
goodness knows whereどこからともなく vexいらだたせる、悩ます switchむち liable toしやすくて、しがちで、しそうで
 
Whereat Mrs. Rachel swept out and away—if a fat woman who always waddled COULD be said to sweep away—and Marilla with a very solemn face betook herself to the east gable.
 
レーチェル夫人が立ち去るやいなや-よたよたと歩く太っちょの婦人が立ち去るというのも妙なものだが。 マリラは重々しい表情でイーストゲーブルに向かった。
whereatそこで、~するとすぐに waddleよたよた歩く
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

0 件のコメント:

コメントを投稿