2013年11月7日木曜日

第七章 アンの祈りの言葉(3)

"Gracious heavenly Father, I thank Thee for the White
   Way of Delight and the Lake of Shining Waters and Bonny
   and the Snow Queen. I'm really extremely grateful for
   them. And that's all the blessings I can think of just
   now to thank Thee for. As for the things I want,
   they're so numerous that it would take a great deal of
   time to name them all so I will only mention the two
   most important. Please let me stay at Green Gables;
   and please let me be good-looking when I grow up.
   I remain,
                    "Yours respectfully,
                       Anne Shirley.
 
「慈しみ深き、天にましますわれらが父よ。 喜びの白い道や 輝く水の湖、そしてボニーとスノークイーンを与えてくださりありがとうございます。わたしは本当に、とっても感謝しています。以上が、たったいま考えつくことのできる、神様に感謝する祝福の言葉のすべてです。 わたしの願いに関しまして、全部をあげるととんでもない時間がかかってしまいます。ですから、一番大切な二つだけ述べることにいたします。どうかグリーンゲーブルズにいさせてください。そして大きくなったら美人になりますように
わたしは祈り続けます」
敬白
アン・シャーリー
 
Yours respectfully敬白
"There, did I do all right?" she asked eagerly, getting up. "I could have made it much more flowery if I'd had a little more time to think it over."
 
「どう、ちゃんとできたかしら?」。立ち上がると、少女は熱心にたずねた。「もう少し 考える時間があれば、もっと華やかにできるのだけど」
 
flowery華やかに
 
Poor Marilla was only preserved from complete collapse by remembering that it was not irreverence, but simply spiritual ignorance on the part of Anne that was responsible for this extraordinary petition. She tucked the child up in bed, mentally vowing that she should be taught a prayer the very next day, and was leaving the room with the light when Anne called her back.
 
マリラはあわれにも、倒れそうになるのをおしとどめるので精一杯だった。それは不遜な態度のためではなく、風変わりなお祈りをしたアンの心無さのせいだった。マリラはアンをベッドに押し込んだ。すぐ次の日には、この子にお祈りの仕方を教えなければと心のうちで誓った。アンに 呼びとめられたが、 ろうそくだけを置いて部屋を後にしようとした。
 
collapse倒れる、崩れる、虚脱する irreverence不敬、不遜 extraordinary異常な、風変わりな、とっぴな petition祈願 tuck押し込む vow誓う
 
"I've just thought of it now. I should have said, 'Amen' in place of 'yours respectfully,' shouldn't I?—the way the ministers do. I'd forgotten it, but I felt a prayer should be finished off in some way, so I put in the other. Do you suppose it will make any difference?"
 
「ちょうどそのことを考えていたところなの。『敬白』のかわりに『 アーメン』とするべきだったかしら?牧師さまがなさるように。忘れていたの。でも何とかしてお祈りをしめくくらなきゃと思ったの。それで、ほかの言葉にしたの 。そんなに変かしら?」
 
in some way何とかして、何らかの方法で
 
"I—I don't suppose it will," said Marilla. "Go to sleep now like a good child. Good night."
"I can only say good night tonight with a clear conscience," said Anne, cuddling luxuriously down among her pillows.
 
「そ、そんなに変じゃないわ」。マリラはそう答えた。「お利口さんになったみたいに寝るのよ。 おやすみ」
「目がさえて、今夜はグッドナイトとしかいえないわ」。ふくよかに枕に顔を挟まれて、 アンはいった。
 
cuddle抱きしめる
 
Marilla retreated to the kitchen, set the candle firmly on the table, and glared at Matthew.
 
マリラは台所に戻ると、ろうそくをテーブルにきつくすえつけた。そしてマシューをにらんだ 。
 
retreat後退する、戻る glareにらみつける
 
"Matthew Cuthbert, it's about time somebody adopted that child and taught her something. She's next door to a perfect heathen. Will you believe that she never said a prayer in her life till tonight? I'll send her to the manse tomorrow and borrow the Peep of the Day series, that's what I'll do. And she shall go to Sunday-school just as soon as I can get some suitable clothes made for her. I foresee that I shall have my hands full. Well, well, we can't get through this world without our share of trouble. I've had a pretty easy life of it so far, but my time has come at last and I suppose I'll just have to make the best of it."
 
「マシュー・カスバート、あの子を引き取ったのなら、いろいろと教える時がきたのよ。あの子は本当の無宗教者の一歩手前よ。 今晩までお祈りをしたことがなかったなんてあんた信じられる?明日はあの子を牧師館に連れて行くわ。明け方からね。それが今すべきことよ。それからあの子に ふさわしい服をこさえてやったら、すぐにでも日曜学校にやらなければ。たぶん、 それで手一杯になると思うわ。まあ、まあ、なんの困りごともなしに、この世のなかを渡っていくことはできないのだし。 これまでは本当に気楽な生活を送ってきたのだわ。でもわたしにもついに出番がやってきたのよ。そして、 力を尽くさないといけないのよ」
 
heathen不信心、異教徒 manse牧師館 peep of day朝ぼらけ

0 件のコメント:

コメントを投稿