2013年11月4日月曜日

第六章 マリラの決心(4)

"I'll try to do and be anything you want me, if you'll only keep me," said Anne, returning meekly to her ottoman.
 
「もし引き取ってくださるなら、やってみるわ。そしてなんでもあなた望むとおりにするわ」。 アンはそういうと、おとなしく オットマンに戻っていった。
 
When they arrived back at Green Gables that evening Matthew met them in the lane. Marilla from afar had noted him prowling along it and guessed his motive. She was prepared for the relief she read in his face when he saw that she had at least brought back Anne back with her. But she said nothing, to him, relative to the affair, until they were both out in the yard behind the barn milking the cows. Then she briefly told him Anne's history and the result of the interview with Mrs. Spencer.
 
その晩、二人がグリーンゲーブルズに戻ってくると、マシューがあぜ道で出迎えた。 マリラは遠くから、彼がうろうろしているのに気づいていた。そして魂胆を考えてみた。彼女が アンを少なくとも連れ帰ったのを知ったときの彼の表情を見て、彼女も ほっとした。アンはマリラと戻ってきたのだ。 でも彼女は今回の問題について、彼には何もいわなかった。乳絞りをする納屋の裏の庭を後にするまでは。それから彼女はアンの半生と、 スペンサー夫人との話し合いの結果について手短に語った。
 
from afar遠くから prowlうろつく、ぶらぶらする
 
"I wouldn't give a dog I liked to that Blewett woman," said Matthew with unusual vim.
 
「誰がブレウェットのような女に渡したりするものですか」。いつもとは違う口調でマシューに訴えた。
 
vim力、気力、活気
 
"I don't fancy her style myself," admitted Marilla, "but it's that or keeping her ourselves, Matthew. And since you seem to want her, I suppose I'm willing—or have to be. I've been thinking over the idea until I've got kind of used to it. It seems a sort of duty. I've never brought up a child, especially a girl, and I dare say I'll make a terrible mess of it. But I'll do my best. So far as I'm concerned, Matthew, she may stay."
Matthew's shy face was a glow of delight.
 
「あんな子の話しぶりは好きになれないわ」。マリラは認めた。「でもマシュー、あの子を引き取ることにしたのさ。 あなたもあの子を望んでみるみたいだからね。それで、 わたしもその気になった。いや、そうせざるを得なくなったのさ。そんな気持ちになるまで、 ずっと考え続けたのよ。これはある種の義務みたいなものさ。子どもを育てたことはないけどね。 とくに女の子だからね。おそろしいくらいに面倒だろうね。でもできるだけやってみるさ。マシュー、ずっと考えてきたけど、 あの子をここで育てようじゃないか」
マシューの内気な顔に喜びの光がさした。
 
 mess面倒、困惑
 
"Well now, I reckoned you'd come to see it in that light, Marilla," he said. "She's such an interesting little thing."
 
「いやなに。マリラ、おまえはそう思うと思っていたよ」。マシューはいった。「あの子 はとっても愉快でちっちゃな女の子さ」
 
"It'd be more to the point if you could say she was a useful little thing," retorted Marilla, "but I'll make it my business to see she's trained to be that. And mind, Matthew, you're not to go interfering with my methods. Perhaps an old maid doesn't know much about bringing up a child, but I guess she knows more than an old bachelor. So you just leave me to manage her. When I fail it'll be time enough to put your oar in."
 
「あんたがそういうなら、あの子は役に立つちっちゃな女の子でもあるわ」。マリラはそう言い返した。「 でもあの子のしつけは、わたしの役目よ。それからマシュー、 あんたはわたしのやり方に口出ししないで。たぶん、オールド メードには子育ては分からないかもしれない。 でも年老いた独身男よりは分かっているつもりよ。 だからあの子のしつけ方は、わたしにまかせておいて。わたしにできなければ、あんたが世話を焼く番よ 」
 
 retort言い返す old maidオールドミス bachelor未婚男性、独身男性 put one's oar in干渉する、世話を焼く
 
"There, there, Marilla, you can have your own way," said Matthew reassuringly. "Only be as good and kind to her as you can without spoiling her. I kind of think she's one of the sort you can do anything with if you only get her to love you."
 
「それはそれは、マリラ、おまえのやり方でやるがいいさ」。 マシューは元気付けるようにいった。「 甘やかすことなく、できるだけよく、親切にしてやっておくれ。 あの子がおまえを好くようになれば、あの子のためになんでもできるようになるさ」
 
reassuringly安心させるように、元気付けるように
 
Marilla sniffed, to express her contempt for Matthew's opinions concerning anything feminine, and walked off to the dairy with the pails.
 
婦人にたいするマシューの意見に反対するように、マリラは鼻であしらった。そして桶を持って搾乳場へと歩いていった。
 
sniff鼻であしらう dairy搾乳場 pail手おけ、バケツ
 
"I won't tell her tonight that she can stay," she reflected, as she strained the milk into the creamers. "She'd be so excited that she wouldn't sleep a wink. Marilla Cuthbert, you're fairly in for it. Did you ever suppose you'd see the day when you'd be adopting an orphan girl? It's surprising enough; but not so surprising as that Matthew should be at the bottom of it, him that always seemed to have such a mortal dread of little girls. Anyhow, we've decided on the experiment and goodness only knows what will come of it."
 
「今夜は、あの子がここにいられるとはいわないつもりさ」。 彼女はクリーマーに牛乳を搾りいれながら思った。「 あの子は瞬きもせず眠れないほど興奮するだろうから。マリラ・ カスバート、まんまとその気になったようだね。孤児の 女の子を引き取る日が来るなんて考えたことがあったかい?本当に 驚くことだよ。でもマシューがその原因になったというのに比べれば、それほど驚くことじゃない。マシューはいつも小さな女の子を心底怖がっていたんだから。とにかくわたしたちはこの実験をやろうと決めたんだ。その命運は神ののみぞ知るだよ」
 
 reflectあらわす、示す creamerクリーマー fairlyまんまと at the bottom of原因で、黒幕で
美容成分65%のクリームと浸透6倍のブースターローション【500円】

0 件のコメント:

コメントを投稿