2013年11月13日水曜日

第八章 アンを育るようになって(4)

Anne tipped the vase of apple blossoms near enough to bestow a soft kiss on a pink-cupped bud, and then studied diligently for some moments longer.
 
アンはピンクのつぼみに軽く口づけできるほど、リンゴの花の花瓶を傾けた。それからしばらくの間、懸命に覚えようとした。
 
tip傾ける、ひっくり返す bestow傾ける、ささげる cup手をカップのような形にする、おおう、支える diligently一生懸命に、精を出して
 
"Marilla," she demanded presently, "do you think that I shall ever have a bosom friend in Avonlea?"
"A—a what kind of friend?"
 
「 マリラ」。やがてアンは尋ねた。「アボンリーで親友ができるかしら」
「どんな友達だい?」
 
presentlyまもなく、やがて a bosom friend親友
 
"A bosom friend—an intimate friend, you know—a really kindred spirit to whom I can confide my inmost soul. I've dreamed of meeting her all my life. I never really supposed I would, but so many of my loveliest dreams have come true all at once that perhaps this one will, too. Do you think it's possible?"
 
「親友よ。心の友よ。わかるでしょう。心の底から打ち明け話ができる、本当に優しい気持ちを持っているような。られるような。生きているうちに そんな子に会えるのを夢見ているの。もちろん、そんな子に会えるか分からないけど。 でも私が願ってやまなかった夢が一度にたくさん現実になったのだから、今度もきっとかなうわ。そうなると 思わない?」
 
intimate親密な、心の奥底からの confide信用する、秘密を打ち明ける inmost心の奥の、深く秘めた
 
"Diana Barry lives over at Orchard Slope and she's about your age. She's a very nice little girl, and perhaps she will be a playmate for you when she comes home. She's visiting her aunt over at Carmody just now. You'll have to be careful how you behave yourself, though. Mrs. Barry is a very particular woman. She won't let Diana play with any little girl who isn't nice and good."
 
「果樹園の坂の上に、おまえと同じ年頃のダイアナ・バリーという女の子が住んでいるんだよ。本当にかわいらしい 女の子さ。ここにきてくれれば、 たぶんおまえの遊び相手になってくれるだろうね。 あの子はいま、カーモディのおばさんを訪ねていっているのさ。 でもお行儀には気をつけなきゃいけないよ。 バリーさんはちょっと変わった人だからね。きちんとした、 いい子でなければ、どんな女の子だってダイアナと遊ばせやしないんだよ」
 
Anne looked at Marilla through the apple blossoms, her eyes aglow with interest.
"What is Diana like? Her hair isn't red, is it? Oh, I hope not. It's bad enough to have red hair myself, but I positively couldn't endure it in a bosom friend."
 
アンはリンゴの花の間からマリラを見つめた。その 瞳は好奇心で輝いていた。
「ダイアナってどんな子なの。 髪の毛は赤くないわよね?そうじゃないといいわ。赤毛はわたしだけで十分よ。親友がそれではかわいそうだわ 」
 
"Diana is a very pretty little girl. She has black eyes and hair and rosy cheeks. And she is good and smart, which is better than being pretty."
 
「 ダイアナはとても可愛らしい子だよ。 瞳と髪はつやかかな黒、唇はバラのようさ。ただかわいらしいというよりは、それにいい子で頭もいいのさ 」
 
Marilla was as fond of morals as the Duchess in Wonderland, and was firmly convinced that one should be tacked on to every remark made to a child who was being brought up.
 
不思議の国のアリスのように、マリラは行儀を大切にしていた。そして子どもをどんなふうに 育てるか、ということに細心の注意を払うべきだと確信していた。
tack付加する、添える
 
But Anne waved the moral inconsequently aside and seized only on the delightful possibilities before it.
 
ところがアンは知らず知らずのうちに、行儀をどこかに置き忘れてきたようだった。そして 喜びを見つけることばかり考えていた。
 
wave aside脇にどかせる
 
"Oh, I'm so glad she's pretty. Next to being beautiful oneself—and that's impossible in my case—it would be best to have a beautiful bosom friend. When I lived with Mrs. Thomas she had a bookcase in her sitting room with glass doors. There weren't any books in it; Mrs. Thomas kept her best china and her preserves there—when she had any preserves to keep. One of the doors was broken. Mr. Thomas smashed it one night when he was slightly intoxicated. But the other was whole and I used to pretend that my reflection in it was another little girl who lived in it. I called her Katie Maurice, and we were very intimate. I used to talk to her by the hour, especially on Sunday, and tell her everything. Katie was the comfort and consolation of my life. We used to pretend that the bookcase was enchanted and that if I only knew the spell I could open the door and step right into the room where Katie Maurice lived, instead of into Mrs. Thomas' shelves of preserves and china. And then Katie Maurice would have taken me by the hand and led me out into a wonderful place, all flowers and sunshine and fairies, and we would have lived there happy for ever after. When I went to live with Mrs. Hammond it just broke my heart to leave Katie Maurice. She felt it dreadfully, too, I know she did, for she was crying when she kissed me good-bye through the bookcase door. There was no bookcase at Mrs. Hammond's. But just up the river a little way from the house there was a long green little valley, and the loveliest echo lived there. It echoed back every word you said, even if you didn't talk a bit loud. So I imagined that it was a little girl called Violetta and we were great friends and I loved her almost as well as I loved Katie Maurice—not quite, but almost, you know. The night before I went to the asylum I said good-bye to Violetta, and oh, her good-bye came back to me in such sad, sad tones. I had become so attached to her that I hadn't the heart to imagine a bosom friend at the asylum, even if there had been any scope for imagination there."
 
「可愛らしい子なのね。とってもうれしいわ。きっと美人になるでしょうね。私はなれないけど。きれいな親友なんて最高ね。トーマスさんと暮らしていたころのことだけど、居間にガラス扉のついた本棚が あったの。でも本はなかったわ。トーマスさんはお気に入りの陶器とジャムをしまっていたの。扉の一つは壊れていたわ。ある晩、トーマスの旦那さんがしたたかに酔って、割ってしまったの。でも片方はなんともなかったから、そこに映るのを、まったく別の少女が中に暮らしているように想像して楽しんでいたわ。わたしはその子をケーティー・モーリスと呼んでいたの。私たちはとても仲良しだった。時間を決めて話し合ったわ。とくに日曜日は。彼女は何でも話してくれた。ケーティーは温かくて、わたしの生活の慰めだったわ。わたしたちは本棚に魔法をかけたようにして遊んだの。トーマスさんが陶器とジャムを保管した棚ではなくて、ケーティー・モーリスのお部屋に入っていけるおまじないをわたしだけが知っていたの。するとケーティー・ モーリスがわたしの手をとって、素敵な場所に連れていってくれたの。花と太陽と妖精でいっぱいなの。それからずっとそこで幸せに暮らしたのよ。わたしがハモンドさんと暮らすことになって、ケーティー・モーリスを残していかなきゃいけなかったのは本当につらかった。あの子も悲しんでた。本棚のガラスごしに口づけして、さよならをいったとき、あの子は泣いていたから。ハモンドさんのところには本棚がなかった。でもその家から川をのぼっていくと、長くて緑に囲まれた小さな谷があったの。可愛らしいこだまが宿っているの。どんな言葉でもこだまになって響いてくるわ。聞こえないくらいの小声でもね。それでわたしは、そこにはバイオレッタという小さな女の子が住んでいるのだと思うようになったの。わたしたちは本当の友達になったわ。ケーティー・モーリスと同じくらいすきだった。でもそれ以上じゃなくて、ほとんど同じくらいによ。分かるでしょう。孤児院にいく前の晩、バイオレッタにさよならをいったわ。彼女のさよならは、とてもとても悲しい声でかえってきたの。彼女に首ったけだったから、孤児院では仲良しの友達のことなんて考えもしなかった。たとえ、空想の扉があったとしてもね」
 
preserves果物の砂糖漬け、ジャム intoxicated酔った by the hour時間決めで consolation慰め enchant魔法をかける、魅する ever afterその後ずっと

0 件のコメント:

コメントを投稿