2013年11月25日月曜日

第九章 レーチェル夫人、恐怖で青ざめる(4)

 

On the way upstairs she pondered uneasily as to what she ought to do. She felt no little dismay over the scene that had just been enacted. How unfortunate that Anne should have displayed such temper before Mrs. Rachel Lynde, of all people! Then Marilla suddenly became aware of an uncomfortable and rebuking consciousness that she felt more humiliation over this than sorrow over the discovery of such a serious defect in Anne's disposition. And how was she to punish her? The amiable suggestion of the birch switch—to the efficiency of which all of Mrs. Rachel's own children could have borne smarting testimony—did not appeal to Marilla. She did not believe she could whip a child. No, some other method of punishment must be found to bring Anne to a proper realization of the enormity of her offense.
 
階段をあがりながら、マリラにはどうすればいいのか思いも付かなかった。ついさっきまで繰り広げられていた出来事にうろたえていたわけではなかった。アンにとって問題なのは、あれほどのかんしゃくをおこした相手がレーチェル・ リンド夫人だったことだ。ほかの人ならまだしも!そしてマリラは居心地の悪い、自責の念にかられていた。アンの性格についてあれほど深刻な問題がわかったというのに、悲しいよりも恥ずかしく感じたのだ。そして、どのような罰を与えればいいのか。レーチェル夫人が親切からすすめた、痛ましいむちも、彼女の子どもたちには効き目があったのかもしれないが、マリラの心には響かなかった。マリラには子どもをむちで打つなんて信じられないことだった。いや、あんな途方もなく無礼な振る舞いをアンに気づかせるのに、もっとほかの罰があるはずだ。
 
ponder熟考する、思案する dismayろうばい、うろたえ enact制定する、演じる rebuke非難する  humiliation恥
disposition性質、傾向、気質 amiable好意的な smartingうずき、痛み whipむち打つ enormity非道な行為 offense違反、無礼
 
Marilla found Anne face downward on her bed, crying bitterly, quite oblivious of muddy boots on a clean counterpane.
"Anne," she said not ungently.
 
アンがベッドに顔をうずめているのにマリラは気づいた。悲しそうに泣いている。何も考えられずに、泥だらけの靴のままベッドに上がっていた。
「アン」。マリラの声はいつものようにきつくなかった。
 
oblivious忘れて、没頭して muddy boots泥だらけの靴 counterpaneベッドカバー
 
No answer.
"Anne," with greater severity, "get off that bed this minute and listen to what I have to say to you."
 
返事がない。
「アン」。今度は少しきつい口調だった。「ベッドからすぐ降りなさい。そしてわたしのいうことを聞くのよ」
 
Anne squirmed off the bed and sat rigidly on a chair beside it, her face swollen and tear-stained and her eyes fixed stubbornly on the floor.
 
アンはもがきながらベッドから出て、そばのいすにじっと腰かけた。顔ははれて涙の跡が残っていた。視線はただ床の上に向けられていた。
 
squirmもがく stubbornly頑固に、かたく
 
"This is a nice way for you to behave. Anne! Aren't you ashamed of yourself?"
"She hadn't any right to call me ugly and redheaded," retorted Anne, evasive and defiant.
 
「アン、お行儀がよいこと!恥ずかしくなったのかい?」
「私のことをみにくいとか、赤毛だなんていう資格はないのよ」。アンは言い返した。目をそらしながら、反抗的に。
 
evasiveいいぬけの、ごかましの、あいまいな、ずるそうな defiant反抗的な、挑戦的な、傲慢な
 
"You hadn't any right to fly into such a fury and talk the way you did to her, Anne. I was ashamed of you—thoroughly ashamed of you. I wanted you to behave nicely to Mrs. Lynde, and instead of that you have disgraced me. I'm sure I don't know why you should lose your temper like that just because Mrs. Lynde said you were red-haired and homely. You say it yourself often enough."
 
「アン、あんただってあんなふうに怒ったり、口をきいたりする資格はないわ。恥ずかしいわ。まったく恥ずかしいったらありゃしない。リンドさんにはもっとお行儀よくしてほしかったのに。それなのにわたしに恥をかかせたのよ。あんなふうにかんしゃくを起こすなんて、まったくわからないわ。いくらリンドさんが赤毛だとか、不器量だとかいったってね。あんただってよくいうじゃない」
 
fury憤激、激怒、興奮状態 disgrace恥をかく often enoughよくあること、しょっちゅう
 
"Oh, but there's such a difference between saying a thing yourself and hearing other people say it," wailed Anne. "You may know a thing is so, but you can't help hoping other people don't quite think it is. I suppose you think I have an awful temper, but I couldn't help it. When she said those things something just rose right up in me and choked me. I HAD to fly out at her."
 
「あら、でも自分でいうのと、他人がいうのを聞くのでは大違いだわ」。アンは不満そうにいった。「あなたはそう思うのかもしれない。でもあなただって他人にそんなふうに思われたくないはずだわ。私がとんでもないかんしゃくもちだと思ったかもしれないわね。でもどうしようもなかったの。わたしの気持ちを逆撫でしたり、むっとさせられたら。食って掛からずにいられなかったわ」
 
wail泣き叫ぶ、不平をこぼす chokeむせさせる、窒息させる、息を詰まらせる fly out食って掛かる
 
"Well, you made a fine exhibition of yourself I must say. Mrs. Lynde will have a nice story to tell about you everywhere—and she'll tell it, too. It was a dreadful thing for you to lose your temper like that, Anne."
 
「まあ、これであんたもいい笑い者だわ。リンド夫人はあんたのことを、そこかしこで面白おかしくいいふらすだろうね。そのことを報告しにくるに違いないよ。アン、あんなふうにかっとなって、いいことなんて一つもないんだ」
 
make an exhibition笑い者になる
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown e点ネット塾

0 件のコメント:

コメントを投稿