2013年11月13日水曜日

第八章 アンを育てるようになって(5)

"I think it's just as well there wasn't," said Marilla drily. "I don't approve of such goings-on. You seem to half believe your own imaginations. It will be well for you to have a real live friend to put such nonsense out of your head. But don't let Mrs. Barry hear you talking about your Katie Maurices and your Violettas or she'll think you tell stories."
 
「そんなものは、 ここにもないわ」。マリラの返事は冷淡だった。「 そんな振る舞いは認められないわ。おまえ は半分、空想の世界に生きているみたいだね。そんな絵空事は頭の中から追い出してしまって、生身 の友達ができたほうがずっといいわ。その ケーティー・ モーリスやバイオレッタのことは、バリーさんには聞かせないことよ。さもなければ、ほら吹きだと思われるよ 」
 
dryly無味乾燥に、冷淡に goings-on行為、振る舞い
 
"Oh, I won't. I couldn't talk of them to everybody—their memories are too sacred for that. But I thought I'd like to have you know about them. Oh, look, here's a big bee just tumbled out of an apple blossom. Just think what a lovely place to live—in an apple blossom! Fancy going to sleep in it when the wind was rocking it. If I wasn't a human girl I think I'd like to be a bee and live among the flowers."
 
「あら、そんなことしないわ。あの子たちのことは誰にもいわない。 この思い出はあまりに大切なんですもの。 でもあなたには教えたかったの。あら、見て。 リンゴの花からちょうど大きなミツバチが出てきたわ。 リンゴの花の中なんて、素敵なところに住めてうらやましいわね! 風に打たれても、花の中で眠れるなんて考えてごらんなさい。 もしわたしが人の子じゃなかったら、 ミツバチになって花の中で暮らしたいわ」
 
tumble out転がり出る fancy考えてもごらん
 
"Yesterday you wanted to be a sea gull," sniffed Marilla. "I think you are very fickle minded. I told you to learn that prayer and not talk. But it seems impossible for you to stop talking if you've got anybody that will listen to you. So go up to your room and learn it."
 
「昨日は貝にでもなりたいようだったけど」。マリラは鼻で笑った。「おまえ は本当に気まぐれだね。お祈りを覚えなさい、おしゃべりはやめなさい、っていったはずだよ。もし話しの聞き役ができてしまったら、もうおまえのおしゃべりを止めるのは無理だろうね。ほら、早く部屋へいって覚えるのよ」
 
sniff鼻であしらう fickle変わりやすい、気まぐれな、移り気な
 
"Oh, I know it pretty nearly all now—all but just the last line."
"Well, never mind, do as I tell you. Go to your room and finish learning it well, and stay there until I call you down to help me get tea."
 
「あら、もうかなり分かるようになったわ。最後の一行以外はね」
「もう、そんなことはいいわ。わたしがいったようにやるのよ。 さあ部屋にいって、覚え終わるのよ。 お茶の手伝いを頼むまで、じっとしてるんだよ」
 
"Can I take the apple blossoms with me for company?" pleaded Anne.
"No; you don't want your room cluttered up with flowers. You should have left them on the tree in the first place."
 
「慰めにリンゴの花を持っていってもいいかしら」。アンは頼み込んだ。
「だめよ。部屋を花で散らかすようなことをするんじゃないの。木からとらなければよかったのに」
 
for company寂しいときの相手に、お付き合いに clutter取り散らかす
 
"I did feel a little that way, too," said Anne. "I kind of felt I shouldn't shorten their lovely lives by picking them—I wouldn't want to be picked if I were an apple blossom. But the temptation was IRRESISTIBLE. What do you do when you meet with an irresistible temptation?"
 
「ちょっと、 そんなことも考えてみたのだけど」。アンは続けた。「 花をつんで、いとおしい命を奪うようなことをするんじゃなかったわね。もしわたし がリンゴの花だったら、つんでほしくなかったと思うわ。 でもどうしてもしたかったの。もしどうにも我慢できなくなったとき、あなたならどうする?」
 
irresistible我慢できない、抵抗できない
 
"Anne, did you hear me tell you to go to your room?"
Anne sighed, retreated to the east gable, and sat down in a chair by the window.
 
「部屋へ行けといったのが聞こえないのかい、アン」
アンはため息をついて、イーストゲーブルの部屋に戻った。それから窓際のいすに腰掛けた。
 
"There—I know this prayer. I learned that last sentence coming upstairs. Now I'm going to imagine things into this room so that they'll always stay imagined. The floor is covered with a white velvet carpet with pink roses all over it and there are pink silk curtains at the windows. The walls are hung with gold and silver brocade tapestry. The furniture is mahogany. I never saw any mahogany, but it does sound SO luxurious. This is a couch all heaped with gorgeous silken cushions, pink and blue and crimson and gold, and I am reclining gracefully on it. I can see my reflection in that splendid big mirror hanging on the wall. I am tall and regal, clad in a gown of trailing white lace, with a pearl cross on my breast and pearls in my hair. My hair is of midnight darkness and my skin is a clear ivory pallor. My name is the Lady Cordelia Fitzgerald. No, it isn't—I can't make THAT seem real."
 
「よし、お祈りはわかったわ。 二階へ上がる間に最後の言葉を覚えてしまったわ。さあ、この部屋で空想にふけるとしましょうか。すべてが空想の世界のままでいられるように。 床にはピンクのバラがちりばめられた白いビロードの絨毯。窓にはシルクのカーテンがか かっているわ。壁には金と銀の錦のタペストリーがかけられているの。 家具はマホガニーよ。マホガニーなんて見たことないけど、とっても 高級そうね。ピンクや青そして深紅、金色の 豪華なシルクのクッションが山積みになったソファもあるわ。そしてわたしは優雅にもたれるの。 壁にかけられたきれいで大きな鏡で、自分の姿を映すことだってできるわ。わたしは白いレースのガウンをまとって、背が高くて、堂々としているの。胸には パールの十字架、髪飾りもパールよ。 髪の毛は暗闇のように黒く、肌は輝くアイボリー。 私の名前はコーデリア・フィッツジェラルド婦人。いや違うわ。とても 現実になるなんて思えないもの」
 
brocade錦織の heap山盛りにする regal堂々とした clad着た、おおわれた
 
She danced up to the little looking-glass and peered into it. Her pointed freckled face and solemn gray eyes peered back at her.
 
アンは鏡の前で飛び上がって、自分の姿を映し出してみた。あごのとがった、そばかすのある顔と、まじめそうなグレーの瞳がそこにあった。
 
looking-glass鏡  peer into透かす pointedとがった solemnまじめくさった、もったいぶった
 
"You're only Anne of Green Gables," she said earnestly, "and I see you, just as you are looking now, whenever I try to imagine I'm the Lady Cordelia. But it's a million times nicer to be Anne of Green Gables than Anne of nowhere in particular, isn't it?"
 
「 あなたはただのグリーンゲーブルズのアンよ」。アンは包み隠さずいうのだった。「そしてわかっているの。あなたは、今ここに映し出されている人以外の何者でもないわ。いくら自分が コーデリアだって想像してみたところでね。でも どこにでもいるアンよりも、グリーンゲーブルズのアンのほうが百万倍 素敵じゃないの」
 
She bent forward, kissed her reflection affectionately, and betook herself to the open window.
"Dear Snow Queen, good afternoon. And good afternoon dear birches down in the hollow. And good afternoon, dear gray house up on the hill. I wonder if Diana is to be my bosom friend. I hope she will, and I shall love her very much. But I must never quite forget Katie Maurice and Violetta. They would feel so hurt if I did and I'd hate to hurt anybody's feelings, even a little bookcase girl's or a little echo girl's. I must be careful to remember them and send them a kiss every day."
 
アンは首をかがめると、鏡に映った自分の姿に優しく口づけをした。そして開いた窓へと歩み寄った。
「親愛なる 雪の女王さま、ごきげんよう。そしてくぼ地に垂れ下がっているカバノキよ、ごきげんよう。それから、丘の上のグレーのおうち、 ごきげんよう。ダイアナが親友になってくれたらどんなにかいいのに。ダイアナが仲良くしてくれたらいいな。そしたら、そのこのことをとっても好きになるわ。 でもケーティ・ モーリスとバイオレッタのことはけして忘れちゃいけないの。 そんなことしたらあの子たちはとても傷つくわ。二人がただの本棚の中の女の子で、小さなやまびこだとしても。二人のことを 忘れないようにしなきゃ。そして毎日キスを送るの」
 
betakeへ行く
 
Anne blew a couple of airy kisses from her fingertips past the cherry blossoms and then, with her chin in her hands, drifted luxuriously out on a sea of daydreams.
 
アンは桜の花に向かって、指先から何度もキスを投げた。手の上にあごを乗せたままで。すると、夢の世界の海へ華やかに散っていくのだった。
 
fingertips指先

0 件のコメント:

コメントを投稿