2013年11月25日月曜日

第九章 レーチェル夫人、恐怖で青ざめる(5)

"Just imagine how you would feel if somebody told you to your face that you were skinny and ugly," pleaded Anne tearfully.
 
「 やせっぽちでみにくいなんて面と向かっていわれたら、どんなふうに感じるか考えてみなさいよ」。 アンは涙ながらに訴えた。
 
An old remembrance suddenly rose up before Marilla. She had been a very small child when she had heard one aunt say of her to another, "What a pity she is such a dark, homely little thing." Marilla was every day of fifty before the sting had gone out of that memory.
 
マリラは突然、ある古い記憶を思い出した。まだ小さな幼子だったころ、 おばさんが他人にこういうのを聞いたのだった。「 なんて肌の浅黒い、不器量なおちびさんなんだろ」。マリラはこの心のとげが消えることなく、ついに五十になってしまった。
 
remembrance記憶
 
"I don't say that I think Mrs. Lynde was exactly right in saying what she did to you, Anne," she admitted in a softer tone. "Rachel is too outspoken. But that is no excuse for such behavior on your part. She was a stranger and an elderly person and my visitor—all three very good reasons why you should have been respectful to her. You were rude and saucy and"—Marilla had a saving inspiration of punishment—"you must go to her and tell her you are very sorry for your bad temper and ask her to forgive you."
 
「いいかいアン。 あんたにいったことについてリンドさんの肩を持つわけじゃないのよ」。マリラ は優しい口調で慰めた。「 レーチェルったら本当におしゃべりなのよ。 でもあんたの態度には弁解の余地がないわ。あの人はあんたとは初対面でずっと年上なんだし、そして お客さんとしてきたんだよ。 この三つの理由だけでもあんたは、レーチェルにきとんとした態度をとらなきゃいけないの。あん たは行儀が悪くて、生意気だったわ」。マリラはお仕置きはしないつもりだった。 「あんたはいって、 かんしゃくをおこしてすいませんでしたって謝ってらっしゃい。そして許してもらえるようにお願いするの 」
 
saucy生意気な、無作法な
 
"I can never do that," said Anne determinedly and darkly. "You can punish me in any way you like, Marilla. You can shut me up in a dark, damp dungeon inhabited by snakes and toads and feed me only on bread and water and I shall not complain. But I cannot ask Mrs. Lynde to forgive me."
 
「わたしは絶対そんなことしないからね」。 アンはきっぱりと、低い声でいった。「マリラ、 あなたの気の済むようにお仕置きすればいいわ。ヘビ やカエルがいるようなじめじめした牢屋に閉じこめたっていいわ。食べるものは パンと水だけでも文句はいわない。 でもリンドさんには謝れなんていわないで」
 
dampじめじめした
 
"We're not in the habit of shutting people up in dark damp dungeons," said Marilla drily, "especially as they're rather scarce in Avonlea. But apologize to Mrs. Lynde you must and shall and you'll stay here in your room until you can tell me you're willing to do it."
 
「暗くてじめじめした 牢屋にとじめるなんてまねは、このうちではしないわ」。 マリラはぶっきらぼうにいった。「アボンリーでそんなこと聞いたことない。 でもリンドさんには絶対に謝らなきゃだめよ。その気になるまで、 部屋でじっとしてるのね」
 
scarceまれな
 
"I shall have to stay here forever then," said Anne mournfully, "because I can't tell Mrs. Lynde I'm sorry I said those things to her. How can I? I'm NOT sorry. I'm sorry I've vexed you; but I'm GLAD I told her just what I did. It was a great satisfaction. I can't say I'm sorry when I'm not, can I? I can't even IMAGINE I'm sorry."
"Perhaps your imagination will be in better working order by the morning," said Marilla, rising to depart. "You'll have the night to think over your conduct in and come to a better frame of mind. You said you would try to be a very good girl if we kept you at Green Gables, but I must say it hasn't seemed very much like it this evening."
 
「じゃ、 ずっと部屋にいろっていうの」。アンの口調は悲しげだった。「だって リンドさんに、あんなことをいってすいませんでした、なんていえっこないもの。どうしたらいえるの? 困らせてごめんね。でもあの人に、思いのたけをぶつけることができて本当によかったわ。本当に思い残すことはないわ 。自分が悪くもないのに謝るなんてできっこないわ、そうでしょう?すいませんでした、っていえるなんて思いもつかないわ 」
「あんたの想像力も朝よりはましになってることだろうね」。 そういうとマリラは立ち上がった。「 一晩、自分のしたことについて考えてみなさい。そうすれば心持ちもかわるだろうからね 。 もしグリーンゲーブルズにいられるなら、 いい子になるって、おまえはいったじゃないか。でも 夕べの出来事は、その約束とは大違いだったようだね」
 
vex悩ます conduct行い frame気分
 
Leaving this Parthian shaft to rankle in Anne's stormy bosom, Marilla descended to the kitchen, grievously troubled in mind and vexed in soul. She was as angry with herself as with Anne, because, whenever she recalled Mrs. Rachel's dumbfounded countenance her lips twitched with amusement and she felt a most reprehensible desire to laugh.
 
アンのささくれ立った心に、マリラの言葉が突き刺さった。 マリラは台所に戻っていった。ひどく心をかき乱され、悩まされていた。マリラもまるで アンのように、自分をしかりたい気持ちになるのだった。口をとがらせた レーチェル夫人のまごついた表情をおかしみとともに思い出すたび、不謹慎にも笑ってしまいたくなるからだった。
 
parthian shaft捨て台詞  rankle心に食い込む、わだかまる grievouslyひどく dumbfoundびっくりする、まごつかせる countenance顔つき、表情 reprehensibleふらちな
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

0 件のコメント:

コメントを投稿