2013年11月25日月曜日

CHAPTER IX. Mrs. Rachel Lynde Is Properly Horrified(1)

Anne had been a fortnight at Green Gables before Mrs. Lynde arrived to inspect her. Mrs. Rachel, to do her justice, was not to blame for this. A severe and unseasonable attack of grippe had confined that good lady to her house ever since the occasion of her last visit to Green Gables. Mrs. Rachel was not often sick and had a well-defined contempt for people who were; but grippe, she asserted, was like no other illness on earth and could only be interpreted as one of the special visitations of Providence. As soon as her doctor allowed her to put her foot out-of-doors she hurried up to Green Gables, bursting with curiosity to see Matthew and Marilla's orphan, concerning whom all sorts of stories and suppositions had gone abroad in Avonlea.

リンド夫人がアンのことを調べにやってきたのは、グリーンゲーブルズで 過ごし始めてから2週間後のことだった。公平にいって、このことでレーチェル夫人を責められない。さんはこのことで何も責めはしなかった。ひどい症状の、季節はずれのインフルエンザにかかって、 この礼儀正しい婦人は、グリーンゲーブルズを最後に訪れてから当分の間、自宅に閉じこめられてしまった。 レーチェルさんはあまり病気にかかることもなく、体の弱い人をはっきりと軽蔑していた。でも彼女のいうところでは、インフルエンザはこの世の病気とはまったく別なのだ。だから彼女を左右するのはただ神の導きだけだった。 医師が外出の許可をだすやいなや、彼女はグリーンゲーブルズに急いだ。 マシューとマリラが引き取った孤児をこの目で見たいという好奇心が抑えきれなかった。噂話はアボンリー中に広まっていた。

fortnight2週間 to do one's justice公平にいえば unseasonable折の悪い、時候はずれの grippeインフルエンザ confine閉じ込める、とどめる  well-defined明確な contempt軽蔑 providence神、摂理

Anne had made good use of every waking moment of that fortnight. Already she was acquainted with every tree and shrub about the place. She had discovered that a lane opened out below the apple orchard and ran up through a belt of woodland; and she had explored it to its furthest end in all its delicious vagaries of brook and bridge, fir coppice and wild cherry arch, corners thick with fern, and branching byways of maple and mountain ash.

アンはこの2週間、起きている時間を無駄にすることがなかった。アン はあらゆる木々や低木の場所まですっかり詳しくなった。アン はリンゴ園の下に、あぜ道が広がっているのを知った。そして森の一帯を駆けた。もっとも遠い端っこまで探検し、思いがけず小川や橋、モミの木の林、シダの茂み、そしてカエデやナナカマドの広がったわき道に出くわすこともあった。

make good use of無駄にしない shrub低木、潅木 vagary気まぐれ coppice下生え、雑木林 thick茂った、密集した fernシダ bywayわき道 mountain ashナナカマド

She had made friends with the spring down in the hollow—that wonderful deep, clear icy-cold spring; it was set about with smooth red sandstones and rimmed in by great palm-like clumps of water fern; and beyond it was a log bridge over the brook.

彼女は窪地にある泉と友達になった。すばらしく深く、透き通って、氷のように 冷たい泉だった。周辺は滑らかなかの砂岩で、手のひらのように大きい水の中に茂るシダで囲まれていた。その向こうには、 小川にかかる丸木橋があった。

clumpやぶ water fern水中に生息するシダ植物

That bridge led Anne's dancing feet up over a wooded hill beyond, where perpetual twilight reigned under the straight, thick-growing firs and spruces; the only flowers there were myriads of delicate "June bells," those shyest and sweetest of woodland blooms, and a few pale, aerial starflowers, like the spirits of last year's blossoms. Gossamers glimmered like threads of silver among the trees and the fir boughs and tassels seemed to utter friendly speech.

橋に導かれて、アンは踊るような足取りで木々に覆われた丘へ向かった。絶え間ない光が、まっすぐに茂ったモミやトウヒの下にさしていた。ただ一つ咲いているのは、細やかな無数の「ジューンベル」だけだった。人目を忍ぶような、きれいな森林の花と、薄い色のスターフラワーは、去年の花の名残のようだった。くもの巣が木々の間に銀の糸のようにちらちら光っていた。そしてモミの枝や房が親しげに話し出しそうだった。

perpetual絶え間ない、永続する reignいきわたる、支配する spruceトウヒ myriad無数の gossamerくもの巣 glimmerちらちら光る  tassel飾り房 utter発する

All these raptured voyages of exploration were made in the odd half hours which she was allowed for play, and Anne talked Matthew and Marilla half-deaf over her discoveries. Not that Matthew complained, to be sure; he listened to it all with a wordless smile of enjoyment on his face; Marilla permitted the "chatter" until she found herself becoming too interested in it, whereupon she always promptly quenched Anne by a curt command to hold her tongue.

我を忘れるほどの冒険の航海は、すべてお遊びを許されたたった半時間の出来事だった。アンはマシューとマリラに話したが、マリラはアンの発見についてほとんど聞く耳をもたなかった。もちろん マシューは文句もいわずに、楽しそうな笑みを浮かべながら無言で話を聞いていた 。マリラはその話に興味がわくまではと思って「おしゃべり」を黙って聞いていた。 いつもなら、ぶっきらぼうに即座に口を慎むようにしかるのに。

rapture我を忘れる、有頂天になる odd妙な、風変わりな、はんぱな、奇数の quench抑制する、鎮める  curtぶっきらぼうな、そっけない、簡略な

Anne was out in the orchard when Mrs. Rachel came, wandering at her own sweet will through the lush, tremulous grasses splashed with ruddy evening sunshine; so that good lady had an excellent chance to talk her illness fully over, describing every ache and pulse beat with such evident enjoyment that Marilla thought even grippe must bring its compensations. When details were exhausted Mrs. Rachel introduced the real reason of her call.

レーチェル夫人がやってきたころ、アンは外の果樹園にいた。心地よい気分で、夕日に赤く染まる青々と揺れる草の中をぶらついていた。 無数の草が昼の光とともに輝いていた。 この素敵な婦人にとっては、病気について相談する絶好の機会だった。あらゆる痛みや脈拍について、本当にうれしそうに話すのだった。はアンの癖について十分に話し合う機会に恵 まれた。 マリラはインフルエンザですら、これほどつらいのかと思わずにいられなかった。胸のうちを明 かした。細かい 話を一通りしたところで、レーチェル夫人は来訪 の本当の目的を話し始めた。

lushみずみずしい、青々とした tremulous震える、揺れる ruddy赤い grippeインフルエンザ 24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

0 件のコメント:

コメントを投稿