2013年11月4日月曜日

CHAPTER VI. Marilla Makes Up Her Mind(1) マリラの決心(1)

Get there they did, however, in due season. Mrs. Spencer lived in a big yellow house at White Sands Cove, and she came to the door with surprise and welcome mingled on her benevolent face.
 
それにしても、二人はちょうどよいころあいについたものだ。 スペンサー夫人はホワイトサンズ湾の大きな黄色い家に暮らしていた 。夫人は驚いて玄関に出てきたが、優しさの入り混じった表情で出迎えた。
 
mingled入り混じる benevolent優しい、情け深い
 
"Dear, dear," she exclaimed, "you're the last folks I was looking for today, but I'm real glad to see you. You'll put your horse in? And how are you, Anne?"
 
「あらまあ 」。夫人は語気を強めていった。「あなたがたが今日の最後のお客様になったけど、お会いできて本当にうれしいわ。 馬小屋につないでいらして。そしてアン、元気だったかい」
 
exclaim 強い語調でいう look for招く、求める
 
"I'm as well as can be expected, thank you," said Anne smilelessly. A blight seemed to have descended on her.
"I suppose we'll stay a little while to rest the mare," said Marilla, "but I promised Matthew I'd be home early. The fact is, Mrs. Spencer, there's been a queer mistake somewhere, and I've come over to see where it is. We send word, Matthew and I, for you to bring us a boy from the asylum. We told your brother Robert to tell you we wanted a boy ten or eleven years old."
 
「ご覧の通り元気です。 ありがとう」。アンはにこりともせずいった。少女に光がさしたように見えた。
「雌 馬を休ませるためにも、しばらくここにいさせてもらおうかね」。マリラはいった。「 でもマシューには早く戻るって約束したからね。スペンサーさん、とにかく 実際問題、妙な間違いがあったようですわね。どこで間違いが起きたのか、確かめにきたというわけです。 聞きにきたの。マシューとわたしでお便りをしました。 孤児院から男の子を引き取りたいと。あなたの お兄さまのロバートに、十歳か十一歳の男の子をあなたにお願いするようお伝えしたはずです」
 
descend下る、降りる、見舞う queer妙な、風変わりな
 
"Marilla Cuthbert, you don't say so!" said Mrs. Spencer in distress. "Why, Robert sent word down by his daughter Nancy and she said you wanted a girl—didn't she Flora Jane?" appealing to her daughter who had come out to the steps.
 
「 マリラ・カスバート、そうはおっしゃらなかったわ」。 スペンサーさんは困ったようにいった。「どうしてなの。 ロバートは娘のナンシーから手紙を受け取ったのよ。女の子を欲しがっているって。そうよね、 フローラ・ジェーン」。夫人は 玄関にでてきた娘に問いただした。
 
distress苦悩、苦痛、難儀
 
"She certainly did, Miss Cuthbert," corroborated Flora Jane earnestly.
"I'm dreadful sorry," said Mrs. Spencer. "It's too bad; but it certainly wasn't my fault, you see, Miss Cuthbert. I did the best I could and I thought I was following your instructions. Nancy is a terrible flighty thing. I've often had to scold her well for her heedlessness."
 
「 カスバートさん、たしかにそういったわ」。フローラ・ジェーンはきっぱりと断言した。
「 本当に申し訳ないわ」。スペンサー夫人はいった。「本当に 悪いことになったわ。でもわたしのせいじゃなりませんわ。おわかりでしょう、カスバートさん。わたしはできるかぎり手を尽くしましたの。 あなたの指示に従ったつもりよ。 ナンシーはどうしようもなく軽はずみなことをするから。あの子の考えの足りないのを、よくしかっとかなきゃいけないわね」
 
corroborate強める、確証する flightyとっぴな、軽はずみな、気まぐれな  heedlessness軽率、思慮が足りない
 
"It was our own fault," said Marilla resignedly. "We should have come to you ourselves and not left an important message to be passed along by word of mouth in that fashion. Anyhow, the mistake has been made and the only thing to do is to set it right. Can we send the child back to the asylum? I suppose they'll take her back, won't they?"
 
「これはわたしの過ちですわ」。マリラはきっぱりといった。「わたし たち自身でお願いにあがるべきでしたわ。こんなふうに、大切な言伝てを口伝えにするべきではなかったわ。 とにかく間違いがおきてしまった。いまは、これを正しい道に戻さないと。 この子を孤児院に送り返すことができますか。孤児院もこの子を連れ戻そうとすると思いますの」
 
pass along情報を伝達する  word of mouth口伝えの
 
"I suppose so," said Mrs. Spencer thoughtfully, "but I don't think it will be necessary to send her back. Mrs. Peter Blewett was up here yesterday, and she was saying to me how much she wished she'd sent by me for a little girl to help her. Mrs. Peter has a large family, you know, and she finds it hard to get help. Anne will be the very girl for you. I call it positively providential."
 
「わたしもそう思いますわ」。スペンサーさんは慎重にいった。「 でも送り返す必要があるかしら。ピーター・ ブレウェット夫人が昨日ここにいらして、 お手伝いの少女がどれほどほしいかといっていましたの。ご存知のように、 ピーターさんは大家族で、お手伝いを見つけるのは大変だとお考えなの。アンはぴったりの女の子ですわ。神の思し召しといって差し支えないわ 」
 
providential神の、神意による、幸運な
 
Marilla did not look as if she thought Providence had much to do with the matter. Here was an unexpectedly good chance to get this unwelcome orphan off her hands, and she did not even feel grateful for it.
 
マリラは、この問題に神の思し召しがふさわしいと感じているようには見えなかった。この望まれない子を手放す絶好のときがきたのだった。マリラはそのことをありがたがりすらしなかった。
 
She knew Mrs. Peter Blewett only by sight as a small, shrewish-faced woman without an ounce of superfluous flesh on her bones. But she had heard of her. "A terrible worker and driver," Mrs. Peter was said to be; and discharged servant girls told fearsome tales of her temper and stinginess, and her family of pert, quarrelsome children. Marilla felt a qualm of conscience at the thought of handing Anne over to her tender mercies.
"Well, I'll go in and we'll talk the matter over," she said.
 
ピーター・ ブレウェット夫人のことについては、マリラは見かけたことがあるだけだった。小柄で、意地の悪そうな顔で、骨にはわずかな余分な肉もついてなさそうだった。でも、夫人のことは聞いたことがあった。少し見たことがあるだけだった。 「おそろしく働き者の牛追い」。 ピーター夫人はそういわれているのだ。そして お手伝いの少女たちを責めるのを、短気でけちと、おそろしげに伝わってきていた。さらに家族には、なまいきで騒々しい子どもたちがいるのだ。で厳しいとこぼした。 子供たちも口うるさい。 アンを不安定な運命にさらすことに、良心の咎めを感じた。
「わたしが間に入って、話すことにしましょう」。マリラはいった。
 
shrewishがみがみいう、意地の悪い  an ounce ofわずか superfluous余分の、余計な flesh肉 driver牛追い、馬方 stinginess出し惜しみ、物惜しみ pertなまいきな quarrel騒々しい qualm良心のとがめ、不安  tender微妙な、扱いにくい、こわれやすい、華奢な

0 件のコメント:

コメントを投稿