2013年11月7日木曜日

CHAPTER VII. Anne Says Her Prayers(1)

When Marilla took Anne up to bed that night she said stiffly:
"Now, Anne, I noticed last night that you threw your clothes all about the floor when you took them off. That is a very untidy habit, and I can't allow it at all. As soon as you take off any article of clothing fold it neatly and place it on the chair. I haven't any use at all for little girls who aren't neat."
 
マリラはその晩、アンをベッドに寝かせると、かしこまっていった。
「ねえ、 アン、ゆうべはあんたに 服を脱いだらすべて床に放り投げるって注意したね。 それはだらしのない習慣だよ。いけないことだよ。そんなの、まったくほうっておけないわ。 服を一着でも脱いだら、丁寧にたたむのよ。そしていすの上に置くの。 そんなだらしない女の子はいらないわ」
stiffly堅い様子で untidyだらしのない article一個、一品
 
"I was so harrowed up in my mind last night that I didn't think about my clothes at all," said Anne. "I'll fold them nicely tonight. They always made us do that at the asylum. Half the time, though, I'd forget, I'd be in such a hurry to get into bed nice and quiet and imagine things."
 
「ゆうべは服のことなんて考えられないほど、心がとっても苦しかったの」。アンはいった。「 今晩はちゃんとたたんでおくわ。孤児院ではいつも、ちゃんとさせられていたのに。でも、いつもほとんど、 忘れちゃうの。いい子に、静かにして、すぐに眠りにつくの。そして考え事をするの」
 
harrow精神的に苦しめる half the timeほとんどいつも
 
"You'll have to remember a little better if you stay here," admonished Marilla. "There, that looks something like. Say your prayers now and get into bed."
 
「ここで暮らすのなら、もう少し覚えておくれ」。マリラは注意した。「ほら、また忘れているみたいね。さあ、 お祈りの言葉をいって、それから眠るのよ」
 
admonish注意する、忠告する
 
"I never say any prayers," announced Anne.
Marilla looked horrified astonishment.
 
「お祈りの言葉なんていったことないわ」。アンは堂々といった。
マリラは恐れおののくように驚いた。
 
horrified恐怖に襲われる
 
"Why, Anne, what do you mean? Were you never taught to say your prayers? God always wants little girls to say their prayers. Don't you know who God is, Anne?"
 
「 どうしてなのアン、どういうことなの? お祈りの言葉を教わったことがないのかい? 神様はいつでも、小さな女の子のお祈りをお望みなんだよ。アン、 神様がどんなお方だか知っているね?」
 
"'God is a spirit, infinite, eternal and unchangeable, in His being, wisdom, power, holiness, justice, goodness, and truth,'" responded Anne promptly and glibly.
Marilla looked rather relieved.
 
「神様は気高く、無限、永遠、そして不変。神様の本質は知恵、力、神聖、正しさ、優しさ、真実」。アンはすばやく、もっともらしく答えてみせた。
マリラは少しほっとしたようだった。
 
being本質 glibly表面的なもっともらしさ
 
"So you do know something then, thank goodness! You're not quite a heathen. Where did you learn that?"
"Oh, at the asylum Sunday-school. They made us learn the whole catechism. I liked it pretty well. There's something splendid about some of the words. 'Infinite, eternal and unchangeable.' Isn't that grand? It has such a roll to it—just like a big organ playing. You couldn't quite call it poetry, I suppose, but it sounds a lot like it, doesn't it?"
 
「あんたも少しはわかるのね、 神様感謝いたします!まったく信心がないわけじゃないのね。いったいどこで習ったんだい?」
「ああ、 孤児院の日曜学校よ。そこではすべての問答を習わされるの。本当に好きだったの。美しい言葉もあるから。『無限、永遠そして不変』 。壮大な言葉ね。 大きなオルガンをひくのと同じくらい大切なことよ。あなただって詩のように読み上げることはできなかったでしょう。でも、そんなふうに聞こえない?」
 
heathen不信心の  catechism教理問答
 
"We're not talking about poetry, Anne—we are talking about saying your prayers. Don't you know it's a terrible wicked thing not to say your prayers every night? I'm afraid you are a very bad little girl."
 
「アン、 詩のことをいっているんじゃないのよ。お祈りのことをいっているの。 毎晩お祈りをいわないなんて、恐ろしくて、いけないことだって分からないのかい?とっても悪い女の子 にならないか心配だよ」

0 件のコメント:

コメントを投稿