2013年11月13日水曜日

CHAPTER VIII. Anne's Bringing-up Is Begun(1)

For reasons best known to herself, Marilla did not tell Anne that she was to stay at Green Gables until the next afternoon. During the forenoon she kept the child busy with various tasks and watched over her with a keen eye while she did them. By noon she had concluded that Anne was smart and obedient, willing to work and quick to learn; her most serious shortcoming seemed to be a tendency to fall into daydreams in the middle of a task and forget all about it until such time as she was sharply recalled to earth by a reprimand or a catastrophe.
 
マリラは自分にいいきかせていたように、翌日の昼まで、アンがグリーンゲーブルズにいられることは知らせないでいた。を次の昼まで黙 っていた。午前中は、少女に忙しく用事をいいつけておいた。その間、鋭い視線で用事を済ますのを見守っていた 。 昼までには、アンが賢くて従順だという結論に達した。 すすんで働くし飲み込みも早い。 ただもっとも残念な欠点は、用事の合間に空想にふけりはじめることだった。マリラがしかったり、怒りを爆発させて、地の果てまで鋭く呼び覚ますまで、それらすべ てを忘れてしまうのだった。
 
well knownもっともよく知られた、周知の  forenoon午前、昼前 reprimand叱責 catastrophe大惨事、不幸、破滅
 
When Anne had finished washing the dinner dishes she suddenly confronted Marilla with the air and expression of one desperately determined to learn the worst. Her thin little body trembled from head to foot; her face flushed and her eyes dilated until they were almost black; she clasped her hands tightly and said in an imploring voice:
 
アンは夕食の食器を洗い終わると、突然、マリラと向かい合った。そしてどうしようもない最悪の事態を悟ったことを示すのだった。少女 のやせた小さな体は、頭からつま先までわなわなと震えた。 顔は紅潮し、ほとんど黒目になってしまうまで瞳孔が開いていた。涙でぬれて目は暗く曇っていた。 手をしっかり握り締めて、哀願するような声でいうのだった。
 
ion粒子 dilate広がる、ふくらむ imploring嘆願の、哀願するような
 
"Oh, please, Miss Cuthbert, won't you tell me if you are going to send me away or not? I've tried to be patient all the morning, but I really feel that I cannot bear not knowing any longer. It's a dreadful feeling. Please tell me."
 
「ああ、どうかカスバートさん。 私を送り返すかどうかなどといわないでね。 今朝はずっと気持ちを抑えようとしていたの。でも、これ以上のことを 何も知らされないのは本当に耐えられないわ。おろしい気持ちよ。どうか教えてください」
 
"You haven't scalded the dishcloth in clean hot water as I told you to do," said Marilla immovably. "Just go and do it before you ask any more questions, Anne."
 
「まだいいつけたように、ふきんをきれいなお湯ですすいでないわね」 。マリラは身動きもせずにいった。「アン、口答えする前に、いっておやりなさい」
 
scald湯ですすぐ、熱湯消毒する immovably動くことができない
 
Anne went and attended to the dishcloth. Then she returned to Marilla and fastened imploring eyes of the latter's face. "Well," said Marilla, unable to find any excuse for deferring her explanation longer, "I suppose I might as well tell you. Matthew and I have decided to keep you—that is, if you will try to be a good little girl and show yourself grateful. Why, child, whatever is the matter?"
 
アンは向こうにいって、ふきんのことに集中した。 それからマリラのところに戻ってくると、訴えるような瞳を閉じた。「そうね」。 とマリラはいった。これ以上、 説明をひきのばす言い訳は見つからなかった。「ついでだから教えてあげましょう。 マシューと私はおまえを引き取ることに決めたわ。そういうことよ。 もしいい子にして、ありがたく思ってくれるのならね。どう、おちびさん。どうかしたの?」
attend精を出す、専心する  defer延期する、延ばす might as wellついでだから
 
"I'm crying," said Anne in a tone of bewilderment. "I can't think why. I'm glad as glad can be. Oh, GLAD doesn't seem the right word at all. I was glad about the White Way and the cherry blossoms—but this! Oh, it's something more than glad. I'm so happy. I'll try to be so good. It will be uphill work, I expect, for Mrs. Thomas often told me I was desperately wicked. However, I'll do my very best. But can you tell me why I'm crying?"
 
「泣いているのよ」。アンはうろたえたようにいった。「どうしてだか分からないわ。これ以上ないほどうれしいのに。 ああ、うれしい、という言葉はちっともふさわしくないわ。白い道と桜の花のことがうれしかったのよ。でも、これよ! うれしい以上のなにかだわ。とっても幸せよ。本当にいい子にするわ。きっと困難な道だと思うわ。 トーマスさんはよく、わたしは本当に悪い子だっていったから。それでも、やるだけやってみる。でも どうしてわたしが泣いているかおわかりかしら?」
 
bewilderment当惑、うろたえ uphill骨の折れる、困難な
 
"I suppose it's because you're all excited and worked up," said Marilla disapprovingly. "Sit down on that chair and try to calm yourself. I'm afraid you both cry and laugh far too easily. Yes, you can stay here and we will try to do right by you. You must go to school; but it's only a fortnight till vacation so it isn't worth while for you to start before it opens again in September."
 
「おまえが興奮しすぎているのと、よく働いたからだろうね」。マリラはとがめるようにいった。「 いすにかけて、それから静かになさい。おまえ はすぐに泣いたり笑ったりするから心配だよ。そうよ。おまえを ここに置いてあげるよ。ちゃんとしてあげられるかどうかはおまえ次第だからね。おまえは 学校にいかなきゃいけないよ。 でも夏休みまでもう2週間しかないから、9月に学校が再開する前に通学を始めるのはよくないね」
 
disapprovingly非難して fortnight2週間
 
"What am I to call you?" asked Anne. "Shall I always say Miss Cuthbert? Can I call you Aunt Marilla?"
"No; you'll call me just plain Marilla. I'm not used to being called Miss Cuthbert and it would make me nervous."
 
「わたし、あなたのことをなんて呼べばいいかしら」。アンはそう尋ねた。「いつでもカスバートさんと呼べばいいかしら? マリラおばさんと呼んでもいいの?」
「だめよ。 ただマリラと呼べばいいわ。 カスバートさんと呼ばれてはむずかゆいし、いらいらするからね」

0 件のコメント:

コメントを投稿